モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

夫婦宣教師

Senior Missionaries

Tomoyoshi and Kyoko Nakamura

 

戻る

 

 

富山生まれの夫婦宣教師、中村友義兄弟と中村喬子姉妹は1984129日にバプテスマを受けました。二人はソルトレクで今年いっぱいで5年間の宣教師の奉仕を終わる予定です。2005年1月6日で始まり、2009年12月25日で終わります。

責任

Family & Church History伝道部で、日本全国の国立、公立図書館の古い記録(島津家文書など)100年ほど前に日本から海外への移民記録を入力。 

シニア宣教師になろうかと考えている夫婦にのお勧め

夫婦がさらに仲良くなれますよ。夫婦で共に元気で長生きできます。 

奉仕についての思い出

東京神殿宣教師4年のおかげでそのあとのソルトレクでの家族歴史宣教師でソルトレク神殿にたびたび参入できました。(一周間に一回ぐらいです。) 

その他

20003月ごろから、スノーシューズをはいて冬山登山を5. 6回初めてしました。

200812月にはアルタスキー場で、ソルトレクのパウダーのスキを楽しみました。

 

編集追加

中村兄弟アメリカのカウボイの帽子が好きになって、素敵なハット被ったの写真は右にあります。

 

Brief Translation:

Elder Tomoyoshi and Sister Kyoko Nakamura will have served almost 5 years at the Family History Mission when they are released at the end of 2009. The Nakamuras operated a liquor store in Toyama when they were converted in 1984. They previously served as Tokyo Temple missionaries. They currently go to the Salt Lake Temple almost weekly. Their current mission assignment is to input Japanese emigration records for use in future research.

Their words of encouragement to future missionary couples are: "Couples will become even closer to each other and live long lives with energy and good health."

Brother Nakamura loves his cowboy hat as indicated in this picture above.