モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

引用

 

 

 

 

戻る

 

敵がひとつに集められるときにあっては,「善い道をふ」むことが何よりも大切です。(モロナイ64)「様々な(おしえ)の風」(エペソ414)を含むあらしにあっても,正しい思いと行ないは安全と幸福をもたらします。そのようなあらしの中でも聖霊の助けによって,私たちは明白な真理だけでなく,無意味な事柄をも見分けることができるのです。

正しい思いと行ないは福音の力強く正しい種々の原則をバランスよく守るよう導いてくれます。福音の教義を守る身体にあっては,正義と慈悲という手足は「それぞれの部分〔が〕分に応じて働」くために「しっかりと組み合わされ結び合わされ」ていますが,そのほかの原則もみな同じです。(エペソ416)福音の原則には調和が必要です。一つ一つバラバラに切り離してしまうと,人々はそれぞれ勝手な解釈を下し,実行するようになります。

愛は,第7の戒めによって抑制されなければ,肉欲になってしまうでしょう。両親を敬うという尊い戒めは,第1の戒めに照らしてみなければ,神よりもむしろ間違った両親に無条件に従うことにもなりかねません。私たちは神に属するものとカイザルに属するものを注意深く区別する必要があります。(マタイ2221参照)「聖霊に感動しては(おり)に臨みて激しく人を責む」(教義と聖約12143)と言われているように,忍耐にもバランスが必要になります。「機に臨みて」というのは,「遅れずに」とか「折よく」という意味です。霊的にバランスの取れた人は,ゆっくりと花の香りをかぎ,いちじくの木の葉を見て,「夏の近い」ことがわかります。(マタイ2432)

このように,イエス・キリストの完全な福音は個々の部分的な原則やプログラムより偉大なものです。

今日の困難な時代にあっても,「義……を(もっ)て武装した」(Iニ一ファイ1414)会員たちにできることはたくさんあります。世の中には不法がはびころうとも(マタイ2412参照),家庭の中は愛で満たすことができます。地上から平和が取り去られようとも(

義と聖約135参照),私たちは心に平安を保つことができます。

ほかの人が第7の戒めを破り,あざけろうとも,私たちは守ることができます。多くの人が味わっている苦悩があまりに大きく思われようとも,私たちは個人的に慈善奉仕をすることができます。

愛の心を持って真理を語るために舌を用い,偽証をするために用いないようにすることができます。(エペソ415;出エジプト20:16参照)「あらゆるもの皆立騒(たちさわ)」ぐ世の中にあっても,私たちはしっかりと「聖地に立」つことができます。(教義と聖約8891;4532)

私たちが差し出す友情の手を拒否する人があっても,私たちは「垂れたる(かいな)(教義と聖約815)を持ち上げようと助けることができます。ほかの人々が鉄の棒から手を離し,「大きな広々とした建物」(Iニ一ファイ826-28)から私たちをあざ笑って眺めるようになっても,私たちは鉄の棒につかまっていることができます。

ニ一ファイと同じように,私たちは身の回りで起きている事柄の意味をいつもわかるとは限りませんが,それでもなお神が私たちを愛していらっしゃることを知っているのです。(Iニ一ファイ1117参照) 敵する者は皆一つに集められたり十二使徒定員会会員ニ一ル・A・マックスウェル聖徒の道199307月号-78

With the enemy combined, it is so vital to keep “in the right way.” (Moro. 6:4.) Orthodoxy in thought and behavior brings safety and felicity as the storms come, including “every wind of doctrine.” (See Eph. 4:14.) Happily, amid such winds the Holy Ghost not only helps us to recognize plain truth but also plain nonsense!

Orthodoxy ensures balance between the gospel’s powerful and correct principles. In the body of gospel doctrine, not only are justice and mercy “fitly joined together [for] effectual working,” but so is everything else! (Eph. 4:16.) But the gospel’s principles do require synchronization. When pulled apart from each other or isolated, men’s interpretations and implementations of these doctrines may be wild.

Love, if not checked by the seventh commandment, could become carnal. The fifth commandment’s laudable emphasis upon honoring parents, unless checked by the first commandment, could result in unconditional loyalty to errant parents rather than to God.

Care is even needed in our renderings between God and Caesar. (See Matt. 22:21.) Even patience is balanced by “reproving betimes with sharpness, when moved upon by the Holy Ghost,” betimes meaning early or soon. (D&C 121:43.) Spiritual poise also includes both taking time to smell the flowers and noticing the leaves on the fig tree to see if “summer is nigh.” (Matt. 24:32.)

Thus, the fulness of the gospel of Jesus Christ is greater than any of its parts and larger than any of its programs or principles!

Even during these difficult times, members “armed with righteousness” can do so many things. (1 Ne. 14:14.) We can have love at home, even though the love of many waxes cold in the world. (See Matt. 24:12.) We can have inner peace even though peace has been taken from the earth. (See D&C 1:35.)

We can keep the seventh commandment even though others break it and mock it. We can render individualized, humanitarian service even though the mass of human suffering seems so overwhelming.

We can use our tongues to speak the truth in love, while refusing to use them to bear false witness. (See Eph. 4:15Ex. 20:16.) We can stand fast “in holy places” even though in the world “all things shall be in commotion.” (D&C 45:32D&C 88:91.)

We can reach for “hands which hang down,” even if some refuse our proffered hands of friendship. (D&C 81:5.) We can hold to the iron rod even if others slip away and a few end up mocking us from “the great and spacious building.” (1 Ne. 8:26–28.)

Like Nephi, we may not always know the meaning of things happening to us or around us. Nevertheless, like Nephi, we can still know that God loves us! (See 1 Ne. 11:17.) “Behold, the Enemy Is Combined” (D&C 38:12), Neal A. Maxwell, Of the Quorum of the Twelve Apostles, April 1993 General Conference