モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

引用

 

 

 

 

戻る

 

「イエス・キリストの贖罪を通して得られる希望」十二使徒定員会会員ニール・A・マックスウエル、聖徒の道199810月号-66よりの抜粋

「生ける望み」という形ではありませんが,葬儀の席にも希望は物言わずたたずんでいます。わたしたちが流す涙は,絶望のためではありません。むしろ,つらい別れが呼び起こした高尚な感謝の涙です。この別れの涙は,間もなく,輝かしい希望の涙に変わるのです。

真の希望は,人前での一時的な狂信的行為でなく,人目につかないクリスチャンとしての奉仕を促します。ファインリー・ピーター・ダンはいたずらっぼく言いました。「狂信家とは,もし主が知っておられれば行われるであろうと自分で思うことを,自分で行う人である。」(quoted in The Third-And Possibly The Best Things Anybody Ever Said, comp. by Robert Byrne. [1986]no. 549

確かに,全知全能の神が定められた時を待ち切れない人は,自分が最善の方法を知っていると言っているようなものです。おかしなことに,腕時計をしている人聞が,宇宙の時と暦を管理しておられる主に勧告しようとするのです。 

神はわたしたちに,御自身や御子のようになってみもとに帰るように願っておられます。そこでその成長の過程で欠かせないのが,わたしたちの弱さを明らかにすることです。したがって,もし永遠の希望を抱いていれば,わたしたちは従順になるでしょう。主の助けによって,弱さを強さに変えることができるからです(エテル1227参照) 

しかし,自分の弱さを指摘されるのは,たやすいことではありません。生活の中で繰り返しそれが現れてくるからです。しかし,これは「キリストのもとに」来るための一段階であり,もし苦痛を感じれば,それは神の幸福の計画の欠かすことのできない部分なのです。また,ヘンリー・B・アイリング長老は,賢明にもこう述べています。「もし指示よりも称賛を望むなら,両方とも得られないでしょう。」("To Choose and Keep a Mentor.” Address Delivered at the 1993 Annual University Conference at Brigham Young University [1993]42) 

Excerpt from Hope through the Atonement of Jesus Christ, NEAL A. MAXWELL Of the Quorum of the Twelve Apostles、 October 1998 General Conference

Though otherwise a “lively” attribute, hope stands quietly with us at funerals. Our tears are just as wet, but not because of despair. Rather, they are tears of heightened appreciation evoked by poignant separation. Those tears of separation change, ere long, becoming tears of glorious anticipation.

Real hope inspires quiet Christian service, not flashy public fanaticism. Finley Peter Dunne impishly observed, “A fanatic is a man who does what he thinks the Lord would do if He knew the facts” (quoted in The Third—and Possibly the Best—637 Best Things Anybody Ever Said, comp. Robert Byrne [1986], no. 549). 

Indeed, when we are unduly impatient with an omniscient God’s timing, we really are suggesting that we know what is best. Strange, isn’t it—we who wear wristwatches seek to counsel Him who oversees cosmic clocks and calendars.

Because God wants us to come home after having become more like Him and His Son, part of this developmental process, of necessity, consists of showing unto us our weaknesses. Hence, if we have ultimate hope we will be submissive, because, with His help, those weaknesses can even become strengths (see Ether 12:27).

It is not an easy thing, however, to be shown one’s weaknesses, as these are regularly demonstrated by life’s circumstances. Nevertheless, this is part of coming unto Christ, and it is a vital, if painful, part of God’s plan of happiness. Besides, as Elder Henry B. Eyring has wisely observed, “If you want praise more than instruction, you may get neither” (“To Choose and Keep a Mentor,” Addresses Delivered at the 1993 Annual University Conference, Brigham Young University [1993], 42).