モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

引用

 

 

 

 

戻る

 

悔い改めを勧めることは愛情表現の一つです。救い主は「(おしえ)()べはじめて言われた,『悔い改めよ,天国は近づいた。』」(マタイ417)それは愛のメッセージであって,資格を得て,主とともに,「この世において永遠の命の言葉を享受し,来るべき世において永遠の命……を享受する」よう万人に呼びかけるものでした(モーセ659)。変わるよう人に勧めないとしたら,あるいは自分に悔い改めを要求しないとしたら,互いと自分自身に対して負う基本的な義務を怠っています。

子供が罪を犯すのを黙認する親,罪に甘い友達,おじけづいている教会の指導者は,援助できる相手の福祉と幸福よりも実は自分のことを優先させているのです。確かに,悔い改めの呼びかけは相手にとって受け入れがたく,不快であり,時には憤りさえ感じさせることもありますが,御霊(みたま)の導きのままに行うかぎり,実は純粋な思いやりに基づく行為なのです(教義と聖約1214344参照)。「悔い改めという神の賜物」、D・トッド・クリストファーソン長老十二使徒定員会、201110月総大会

“…The invitation to repent is an expression of love. When the Savior ‘began to preach, and to say, Repent: for the kingdom of heaven is at hand’ (Matthew 4:17), it was a message of love, inviting all who would to qualify to join Him ‘and enjoy the words of eternal life in this world, and eternal life [itself] in the world to come’(Moses 6:59). If we do not invite others to change or if we do not demand repentance of ourselves, we fail in a fundamental duty we owe to one another and to ourselves.

A permissive parent, an indulgent friend, a fearful Church leader are in reality more concerned about themselves than the welfare and happiness of those they could help. Yes, the call to repentance is at times regarded as intolerant or offensive and may even be resented, but guided by the Spirit, it is in reality an act of genuine caring (see D&C 121:43–44).”The Gift of Repentance,” D. Todd Christofferson, Ensign, Nov. 2011