モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

引用

 

 

 

 

戻る

 

Excerpt from Your Journey of Giving, By Elder Robert C. Gay, Of the Seventy, Ensign September 2014, 58エンサイン20149月号、58のロバート・C・ゲイ長老七十人の記事からの抜粋

お互いの愛のため

わたしがハーバード大学の卒業ローブを身にまとって通路を行進した日に演壇に座っていたのはマザー·テレサでした。彼女は立ち上がり,これまでハーバード大学で行われた演説の中で最も記憶に残る演説をし,その中で奉仕を行って悔い改めるよう心から呼びかけました。彼女は,わたしたち卒業生が世界へ出て行くうえで「イエスとともに出て行き,イエスのために働き,貧しい人々の間でイエスに仕える」ように望んでいると述べました。

彼女はまた,ハーバード大学のためにカルカッタを離れるほんの数日前に会った夫婦について,次の物語を分かち合ってくれました。

「ある若い男性と若い女性が大金を持って我が家にやって来ました。わたしは彼らが貧しい人々を養うためにお金を寄付してくれたと知っていたので、彼らにそのお金をどこで手に入れたのか尋ねました。すると極めて不思議な答えが返ってきました。『わたしたちは結婚する前に,結婚式の服を買わず,結婚披露宴も行わないで,貧しい人々を養うためにあなたにお金を渡そうと決めました。』わたしは二人にもう一つ質問しました。『でもなぜですか?なぜそうしたんですか?』結婚式の服を買わず,披露宴を行わないことは,インドにおいて名誉を汚す事でした。けれども二人はわたしにとてもすばらしい答えをくれたのです。『わたしたちは互いへの愛のために,何か特別なものをプレゼントし合いたいと思いました。その何か特別なものとは,大きな犠牲というすばらしいものでした。』」

だれにでも与えるものがあることを,世界の真の聖人がわたしたち卒業生に思い起こさせてくれました。その日の聴衆の数少ない幸福な境遇にある人だけでなく,世界の最も貧しい地域に住む所有物があまりない人々でさえ,少なくともほかの人のために犠牲を払って純粋な愛を示すことができるのです。マザー·テレサは,新しい服や食事や人生の節目となる行事のような単純なものを犠牲にすることによって人生を変えることができるとわたしたちに教えてくれました。

それにより,わたしはだれにでも与えるものがあることが分かりました。皆さんもそれについてすでに理解していることを望んでいます。神はわたしたちが自分自身をささげ,神から授かっている賜物と祝福を分かち合うことにおいて勇敢に行動することを求めておられます。わたしたちの救い主のため,また救い主に代わって,皆さんが高めてきた才能とスキルを携えて出て行き,すばらしい影響力となってください。

 “Out of Love for Each Other”

Seated on the podium the day I marched down the aisle in my Harvard graduation robe was Mother Teresa. She rose and delivered one of the most memorable speeches ever given at Harvard—a profound call to service and repentance. She expressed the hope that we graduates, “in going into the world, [would] go with Jesus, [would] work for Jesus, and [would] serve him in the distressing guise of the poor.”

She also shared the following story of a couple she had met just a few days before leaving Calcutta for Harvard:

“A young man and a young woman came to our house with a big amount of money. I asked them, ‘Where did you get this money?’ because I knew that they gave their money to feed the poor. … They gave me the most strange answer: ‘Before our wedding we decided not to buy wedding clothes, not to have a wedding feast, but to give you the money to feed the poor.’ Then I asked them one more question: ‘But why, why did you do that?’ That is a scandal in India, not to have a wedding feast and special clothes. And they gave me this most beautiful answer: ‘Out of love for each other, we wanted to give each other something special, and that special something was that big sacrifice, the wonderful something.’”

Here was one of the world’s genuine saints reminding us graduates that everyone—not just some fortunate few in the audience that day but even those in the poorest regions of the world with little to their names—has something to give, if nothing more than sacrifice and pure love for others. Mother Teresa taught us that sacrificing something as simple as new clothing or a meal or a cultural rite of passage could change a life.

I knew then, as I hope you know now, that everyone has something to give. God asks that we act courageously in giving of ourselves and sharing the gifts and blessings He has given us. Take the talents and skills you have developed and go out and be a positive force for and on behalf of our Savior.