モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

貴重なメッセージ

 

 

戻る

 

姉妹のきずなわたしたちは何と互いを必要としていることでしょう, ボニー・L・オスカーソン, 中央若い女性会長, 20144月総大会

わたしたち女性は,特に厳しい目で自分を見ることがあります。人と自分を比べると,自分は不十分だと感じたり,人に腹を立てたりします。以前,パトリシア・T・ホランド姉妹は次のように述べています。「つまり,わたしたちはクリスチャンと名乗りながら互いをあるいは自分を厳しい目で裁き続けることはできません。」3ホランド姉妹はさらに,わたしたちが思いやりと姉妹同士のきずなを手放すに値するようなものは何もないと語っています。ただ肩の力を抜いて,神から受け継いだ個々の違いを喜ぶ必要があります。全ての姉妹が自分の特別な才能や賜物を使ってそれぞれの方法で王国で奉仕したいと望んでいることをよく理解しなければなりません。そうすれば,姉妹同士のきずなや交わりを喜ぶことができ,仕え始めることができるのです。

実際のところ,わたしたちは実に互いを必要としています。女性は生まれつき,友情や心の支え,仲間を求めます。互いから学ぶことがたくさんあるのに,自ら壁を作って,人生で最大の祝福となり得る関係を築けなくしてしまうことがよくあります。例えば,少し年配のわたしたちは,初等協会の皆さんが持っているものを必要としています。キリストのように奉仕し,愛することについて,皆さんからたくさんのことを学べます。

最近,サラという名前の女の子について,すてきな話を聞きました。サラの母親は同じワードのブレンダという女性を助ける機会がありました。ブレンダは多発性硬化症を患っていました。サラは母親と一緒にブレンダの手伝いに行くのが大好きでした。ブレンダがしばしば痛みで苦しむので,サラはブレンダの手にローションを塗り,指や腕をマッサージしました。その後,サラはブレンダの腕を優しく頭の上に伸ばして筋肉を動かす方法を覚えました。母親がブレンダの他の用事を済ませている間に,ブレンダの髪をとかし,おしゃべりをしました。サラは人に奉仕する大切さと喜びを学び,子供であっても誰かの人生に大きな違いをもたらすことができることを知りました。

Sisterhood: Oh, How We Need Each Other, By Bonnie L. Oscarson, Young Women General President, April 2014 General Conference

We as women can be particularly hard on ourselves. When we compare ourselves to one another, we will always feel inadequate or resentful of others. Sister Patricia T. Holland once said, “The point is, we simply cannot call ourselves Christian and continue to judge one another—or ourselves—so harshly.”3 She goes on to say that there is nothing that is worth us losing our compassion and sisterhood over. We just need to relax and rejoice in our divine differences. We need to realize that we all desire to serve in the kingdom, using our unique talents and gifts in our own ways. Then we can enjoy our sisterhood and our associations and begin to serve.

The fact of the matter is, we really and truly need each other. Women naturally seek friendship, support, and companionship. We have so much to learn from one another, and we often let self-imposed barriers keep us from enjoying associations which could be among the greatest blessings in our lives. For example, we women who are a little older need what you Primary-age girls have to offer. We can learn much from you about Christlike service and love.

I recently heard a wonderful story about a little girl named Sarah, whose mother had the opportunity to help another woman in her ward named Brenda, who had multiple sclerosis. Sarah loved to go with her mother to help Brenda. She would put lotion on Brenda’s hands and massage her fingers and arms because she was often in pain. Sarah then learned to gently stretch Brenda’s arms over her head to exercise her muscles. Sarah brushed Brenda’s hair and visited with her while her mother took care of her other needs. Sarah learned the importance and joy of serving another person and came to understand that even a child can make a big difference in someone’s life.