モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

貴重なメッセージ

主の愛に永遠に抱かれて

 

戻る

「神に従う女性」七十人第一定員会会長ニール・A・マックスウェル聖徒の道197810月号12

あらゆる時代に神に従う素晴らしい女性たちがいて,神権者と並んで正義の感化を人々に及ぼしている 

兄弟姉妹,私たちは男性と女性の役割,ならびに母親と神権者の役割がそれぞれ分担されている理由をあまり理解することなく過ごしている。これらの役割は前世において神によって定められたものである。私たちは,男性が神権を持ち,指導に当たっていることから,神に従順な男性ばかりに目を向ける傾向がある。しかし,現代を含めあらゆる時代,あらゆる神権時代に,神に従う素晴らしい女性たちがいて,神権者と並んで正義の感化を人々に及ぼしているという事実を忘れてはならない。人の偉大さは,新聞や聖典に記されたその人についての記事の多少によってはかられるものではない。神に従う女性たちの物語は,ドラマの中の語られぬドラマである。 

私たち男性は,妻と母,姉妹,娘,同僚,友人が神に従う女性であることを知っている。神に従う女性は私たち男性を従順にし,教え,励ましてくれる。私たち男性は女性の皆さんに愛と尊敬の気持ちを抱いている。それは,義が役割でどうこうされるものではなく,善が性別でとやかく言われるものではないからである。王国のみ業を果たすのに男女はお互いになくてはならない存在であり,またお互いをうらやむことをしない。役割が逆になったり,役割を放棄したりしては,男性も女性も荒廃を招くだけである。 

世界の基が据えられる以前に予任された男性がいたように,ある務めを果たすよう定められた女性もいる。それは偶然ではなく,神のご計画によったのである。イエスの母になるよう定められたマリヤがその好例である。少年予言者ジョセフ・スミスは偉大な父親だけでなく,この神権時代全体に影響を残すルーシー・マックという立派な母親に恵まれた。 

また,愛情あふれた誠実な人間関係を語る時,ダビデとヨナタンよりも,ルツとナオミの関係が話題に上るのではないだろうか。神が女性にこの上ない関心を寄せておられることを考えると,未亡人に対する私たちの責任が強調されるのも何ら不思議ではない。 

やもめの2レプタの話は,私たちに什分の一の精神を教えてくれる。腹をすかせた息子を持つ飢えた貧しい未亡人がエライジャに油と粉を与えた話は,人に分け与える方法について教訓を与えてくれる。また,エジプト女性の天与の母性愛は,モーセをあしの中から救い出した。この出来事は,歴史の一部をなすと共に,その赤子が重荷ではなく祝福となるさまを見せてくれたのである。 

エリサベツの胎に宿った子供はマリヤを認めて喜びおどったが,この出来事以上にふたりの母親に明るい希望を与えたものがほかにあったであろうか。(ルカ141参照

「遠くの方から見ている女たちも多くいた」(マタイ2755)とカルバリの十字架の光景が記されているが,この光景は女性固有の英知をよく物語ってはいないだろうか。彼女たちの立ち尽くす姿は祈りであり,いつまでもとどまる姿は願いである。 

また,キリストの復活後,墓を最初に訪れたのはだれであったか。ふたりの女性である。 

復活された救い主に最初にまみえた人はだれであったか。マグダラのマリヤである。神に従うこの女性たちは,多くの人々があきらめた後でも,女性特有の霊的な感受性をもって長く希望を抱き続けたのであった。 

善良な女性の純粋な愛は,人の歓心を買うような仰々しいものではない。善良な女性たちは人が誤まるのを喜ばず,また座る暇もないほど忙しく奉仕に明け暮れる。彼女たちは,マリヤのように他の人ならばつまずくような苦難に遭っても,信頼をもってその出来事を思い巡らす。神は女性を深く信頼しておられるので,御自分の霊の子たちの養育を女性に任せられるのである。 

現代の神の王国で,扶助協会を通じ,女性たちに愛の奉仕がゆだねられているのも偶然ではない。男性の奉仕がかなり意識的であるのに比べて,女性の奉仕は天性のものであるように思われる場合が多い。敵対者がシオンの娘たちを放っておかないのは,彼女たちがただならぬ存在であるからにほかならない。 

姉妹たち,私たちは皆さんを尊敬している。皆さんが赤ちゃんの初めての笑みを見て喜ぶ時,入学して最初の日の様子を一心に聞く時,そこに無私の姿があり,皆さんはそこに幸福を見いだすことができるのである。女性は,「達成」という言葉の前にがむしゃらに「自分の」という言葉を付けることの危険を男性よりも早く悟る。皆さんは,きょうの世界が過ぎ去るのに動揺もせず,すすり泣く子供を優しくなだめる。両腕に未来をしっかり抱きしめていることを知っているからである。 

姉妹たちは自分に差し迫った問題がある時にも,人々を慰め励ます。それは十字架上のイエスが示された寛大さに似ている。苦悩の中の思いやりはまさに神性の一部である。 

私は神の独り子がカルバリで,「私の体は私のものだ」と主張なさらなかったことを天父に感謝する。また,神聖な胎を墓場に変えることを拒否して堕胎に反対する,現代の女性たちを私は賞賛する。 

人類の真実の歴史がすべて明らかにされる時,脚光を浴びるのは砲火の響きであろうか,それとも子守歌の調べであろうか。軍人の停戦条約であろうか,それとも家庭や地域社会で女性たちが作り出す平和であろうか。議会の出来事よりも,ゆりかごや台所の出来事に一層の抑止力があることを知るであろう。 

時の流れが大ピラミッドを砂と化す時にも,永遠の家族はなお存在し続ける。それは,星の光栄の時間を越えて形成された日の光栄の制度だからである。神に従う女性はそれを知っている。 

神に従う男性が姉妹の皆さんの有する特別な役割を支持するのは当然である。なぜなら,社会運動のために家族を見捨てる行為は,洪水の予防を考えずに,泳ぎを教えようとするのに似ているからである。 

私たち男性は,無分別には思いやりをもって,わがままには無欲をもって接する皆さんを愛している。私たちは皆さんの立派な模範に胸を打たれる。私たちが最上の状態にない時に,さながら神のように,私たちの現在の状態のみならず将来の姿を見詰めて愛し,忍耐してくれる皆さんに心から感謝している。 

また,神の最も高貴な娘たちを交えた,目立たないが,しかし汚れない独身女性たちを特に賞賛したい。これらの姉妹たちは自分が神から愛されていることを知っている。たとえ今は最良の務めに就けなくても,自分の歩む道を賢明に選ぶ。また,第二の位で第一の望みをかなえられなくても,彼女たちは依然として世に打ち勝っている。またこれらの姉妹たちは,今結婚生活の祝福に浴さなくても,社会の別の制度で貢献することができる。ある祝福が今は与えられないからといって,他の祝福を拒んだりしない。彼女たちが神に寄せる信頼は,子供のない妻たちのそれと似ている。何も自分の選びによってそのような状態にあるのではない。したがって,やがていつの日か神の正義のうちに,特別な祝福を受けるであろう。 

私は神権者の兄弟たちと共に,自分の永遠の伴侶に対して尽きることのない感謝を捧げたい。私たちは伴侶なしでは目指す場所に行けず,また目的を達成できないことを知っている。祈る時,私たちは一緒にひざまずき,聖なる神殿の聖壇でも共にぬかずく。イエス自ら門番となられる最後の門に近づく時,私たちは忠実であるならば,ふたりでそこを通るであろう。 

きょう,予言者は,夫婦の一致について話された。使徒の召しの重さに耐えきれなくなり,自分はふさわしくないのではないかという思いにとらわれ苦しむ彼を見て,キンボール姉妹が髪を優しくなでながら,「あなたにはできますわ。あなたにはできますとも」と励ましたと予言者は語られた。予言者はその務めを立派に果たしたが,その陰に姉妹の力があったのである。 

兄弟の皆さん,すべての予言者たちが妻にどのように接し,女性をどのように敬ったかをよく知って,私たちも同じようにしようではないか。 

最後に忘れないでいただきたい。私たちが天の家庭にもどる時期については,「高き世」で統治しておられる御二方の一致した承認があるということを。その天の家庭で,私たちは肉体の「目がまだ見」たことのない美しいものを目にし,肉体の「耳がまだ聞」いたことのないこよなき調べを耳にすることだろう。そのようなこの上ない名誉の帰宅が,天の御母の同意なしに果たして,可能であろうか。 

また,その天の家に帰るのに道はふたつはない。ただひとつ真っすぐな狭い道だけである。そして,涙ながらに歩むその道の終点では,その涙は一瞬のうちに「喜びの涙」と変わるであろう。このことをイエス・キリストのみ名により証する。アーメン。

The Women of God Neal A. Maxwell, Of the Presidency of the Seventy, April 1978 General Conference

We know so little, brothers and sisters, about the reasons for the division of duties between womanhood and manhood as well as between motherhood and priesthood. These were divinely determined in another time and another place. We are accustomed to focusing on the men of God because theirs is the priesthood and leadership line. But paralleling that authority line is a stream of righteous influence reflecting the remarkable women of God who have existed in all ages and dispensations, including our own. Greatness is not measured by coverage in column inches, either in newspapers or in the scriptures. The story of the women of God, therefore, is, for now, an untold drama within a drama.

We men know the women of God as wives, mothers, sisters, daughters, associates, and friends. You seem to tame us and to gentle us, and, yes, to teach us and to inspire us. For you, we have admiration as well as affection, because righteousness is not a matter of role, nor goodness a matter of gender. In the work of the Kingdom, men and women are not without each other, but do not envy each other, lest by reversals and renunciations of role we make a wasteland of both womanhood and manhood.

Just as certain men were foreordained from before the foundations of the world, so were certain women appointed to certain tasks. Divine design—not chance—brought Mary forward to be the mother of Jesus. The boy prophet, Joseph Smith, was blessed not only with a great father but also with a superb mother, Lucy Mack, who influenced a whole dispensation.

When we would measure loving loyalty in a human relationship, do we not speak of Ruth and Naomi even more than David and Jonathan? And no wonder God with His perfect regard for women is so insistent about our obligations to widows.

A widow with her mite taught us how to tithe. An impoverished and starving widow with her hungry son taught us how to share, as she gave her meal and oil to Elijah. The divine maternal instincts of an Egyptian woman retrieved Moses from the bullrushes, thereby shaping history and demonstrating how a baby is a blessing—not a burden.

What greater conversation of anticipation has there been than that of Elisabeth and Mary when also the babe in Elisabeth leaped in recognition of Mary? (Luke 1:41).

Does it not tell us much about the intrinsic intelligence of women to read of the crucifixion scene at Calvary, “And many women were there beholding afar off.” (Matt. 27:55.) Their presence was a prayer; their lingering was like a litany.

And who came first to the empty tomb of the risen Christ? Two women.

Who was the first mortal to see the resurrected Savior? Mary of Magdala. Special spiritual sensitivity keeps the women of God hoping long after many others have ceased.

The charity of good women is such that their “love makes no parade”; they are not glad “when others go wrong”; they are too busy serving to sit statusfully about, waiting to be offended. Like Mary, they ponder trustingly those puzzlements that disable others. God trusts women so much that He lets them bear and care for His spirit children.

In our modern kingdom, it is no accident that women were, through the Relief Society, assigned compassionate service. So often the service of women seems instinctive, while that of some men seems more labored. It is precisely because the daughters of Zion are so uncommon that the adversary will not leave them alone.

We salute you, sisters, for the joy that is yours as you rejoice in a baby’s first smile and as you listen with eager ear to a child’s first day at school which bespeaks a special selflessness. Women, more quickly than others, will understand the possible dangers when the word self is militantly placed before other words like fulfillment. You rock a sobbing child without wondering if today’s world is passing you by, because you know you hold tomorrow tightly in your arms.

So often our sisters comfort others when their own needs are greater than those being comforted. That quality is like the generosity of Jesus on the cross. Empathy during agony is a portion of divinity!

I thank the Father that His Only Begotten Son did not say in defiant protest at Calvary, “My body is my own!” I stand in admiration of women today who resist the fashion of abortion, by refusing to make the sacred womb a tomb!

When the real history of mankind is fully disclosed, will it feature the echoes of gunfire or the shaping sound of lullabies? The great armistices made by military men or the peacemaking of women in homes and in neighborhoods? Will what happened in cradles and kitchens prove to be more controlling than what happened in congresses? When the surf of the centuries has made the great pyramids so much sand, the everlasting family will still be standing, because it is a celestial institution, formed outside telestial time. The women of God know this.

No wonder the men of God support and sustain you sisters in your unique roles, for the act of deserting home in order to shape society is like thoughtlessly removing crucial fingers from an imperiled dike in order to teach people to swim.

We men love you for meeting inconsiderateness with consideration and selfishness with selflessness. We are touched by the eloquence of your example. We are deeply grateful for your enduring us as men when we are not at our best because—like God—you love us not only for what we are, but for what we have the power to become.

We have special admiration for the unsung but unsullied single women among whom are some of the noblest daughters of God. These sisters know that God loves them, individually and distinctly. They make wise career choices even though they cannot now have the most choice career. Though in their second estate they do not have their first desire, they still overcome the world. These sisters who cannot now enrich the institution of their own marriage so often enrich other institutions in society. They do not withhold their blessings simply because some blessings are now withheld from them. Their trust in God is like that of the wives who are childless, but not by choice, but who in the justice of God will receive special blessings one day.

I, along with my brethren of the priesthood, express undying gratitude to our eternal partners. We know that we can go no place that matters without you, nor would we have it otherwise. When we kneel to pray, we kneel together. When we kneel at the altar of the holy temple, we kneel together. When we approach the final gate where Jesus Himself is the gatekeeper, we will, if faithful, pass through that gate together.

The prophet who sits with us today could tell us of such togetherness, when at the time of his overwhelming apostolic calling he was consoled by his Camilla, who met his anguished, sobbing sense of inadequacy and, running her fingers through his hair, said, “You can do it, you can do it.” He surely has done it, but with her at his side.

Notice, brethren, how all the prophets treat their wives and honor women, and let us do likewise!

Finally, remember: When we return to our real home, it will be with the “mutual approbation” of those who reign in the “royal courts on high.” There we will find beauty such as mortal “eye hath not seen”; we will hear sounds of surpassing music which mortal “ear hath not heard.” Could such a regal homecoming be possible without the anticipatory arrangements of a Heavenly Mother?

Meanwhile, there are no separate paths back to that heavenly home. Just one straight and narrow way, at the end of which, though we arrive trailing tears, we shall at once be “drenched in joy.” I so testify in the name of Jesus Christ. Amen.

Official Web site of The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints
© 2014 Intellectual Reserve, Inc. All Rights Reserved