モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

貴重なメッセージ

モンソン大管長のストーリー1

幼子の信仰からの抜粋

 

戻る

 

(編集のメーモ: 32年前にこのストーリを初めて聞いた時の気持ちをまだ覚えています。)
 

十二使徒評議員会会員トーマス・S・モンソン,聖徒の道19762月号,45

私はあなた位の少年であった頃,私にも日曜学校の教師がいた。彼女はよく聖書から,世の救い主,贖い主であるイエスの話を読んでくれた。ある日彼女は,手を按いて祈ってもらおうと小さな子供たちがイエスの前に連れてこられたことについて教えてくれた。イエスの弟子たちは子供を連れてきた人々を叱った。「それを見てイエスは憤り,彼らに言われた,『幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である。』」(マルコ10:14 

その教えは,以来ずっと私の胸から離れない。つい数ヶ月前も,私はその意味を再認識し,その力にあずかった。私の教師は主であった。そのときの経験をお話したいと思う。 

ソルトレーク・シティーのはるか遠く,ルイジアナ州シュリブポートから130キロほどの所に,ジャック・メスビン家族が住んでいる。彼らは末日聖徒イエス・キリスト教会の会員である。つい最近まで愛らしい娘さんがいて,家中を明るくしていた。その名前をクリスタルという。しかし彼女はわずか10歳でこの世の生涯を閉じたのだった。 

クリスタルは家のまわりの広々とした農場を駆けまわるのが好きだった。乗馬が得意で,4Hクラブの成績もすぐれ,その地方や州の博覧会で賞をもらっていた。彼女の将来はまさにバラ色で,毎日は楽しかった。ところがそんなときに,足に異様なはれ物が見つかったのである。ニューオーリンズの専門医は診察の結果,がん腫という診断を下した。足を切断しなければならなかった。 

彼女は手術によって回復し,いつも陽気に,不平を言わず毎日を過ごしていた。しかしそれから,医師たちは,がんが小さな肺に転移しているのを発見した。メスビン家の人たちは,それでもあきらめず,クリスタルが教会幹部から祝福を受けることができるように,ソルトレーク・シティーへの飛行機の旅を計画した。メスビン家は教会幹部にひとりの知り合いもなかったので,クリスタルに全教会幹部の写真を見せて選ばせたのが,偶然にも私であったという。 

クリスタルはソルトレーク・シティーまで来ることができなかった。病状が悪化したせいである。死は近づいていた。しかし彼女の信仰はぐらつかなかった。彼女は両親にこう言った。「ステーキ部大会はまだ?教会幹部はいらっしゃる?きっとモンソン兄弟よ。私が行けないから主はきっとモンソン兄弟を私の所に送って下さるはずよ」と。 

その間にソルトレーク・シティーでは,シュリブポートでの出来事はまるで知らないまま,珍しいことが起きていた。ルイジアナ州シュリブポートでステーキ部大会が行なわれる週に,私はテキサス州のエルパソへ行く責任を受けていた。ところが,エズラ・タフト・ベンソン長老の事務所へ呼び出しがあった。エルパソのステーキ部の分割はすでにほかの兄弟が準備しているので,私にほかのところへ行くようにというのである。もちろん異論はなかった。私はどこでもよかった。ベンソン長老はこう言った。「モンソン兄弟,ルイジアナのシュリブポートステーキ部へ行ってほしいと思うんですが。」私はその責任を引き受けた。やがてその日が来て,私はシュリブポートに行った。

土曜日の午後は集会が幾つもあった。ステーキ部長会との会合、神権指導者たちとの集会、祝福師との面接、ステーキ部の指導者会。ステーキ部長のチャールズ・F・ケーブル兄弟か少々遠慮がちに、がんを病んでいる10歳の少女を祝福する時間かあるだろうかと、罫に尋ねた。少女の名前はクリスタル・メスビンだった。私は、できれば祝福したいと答え、彼女は大会に来るだろうか、それともシュリブポートの病院にいるのだろうかと尋ねた。スケジュールか詰まっているのは重々承知していた。するとケーブルステーキ・部長は消え入るような小声で、クリスタルは家から外に出られないのですと返事した。シュリブポートから実に130キロの場所である

私はその晩と翌朝の集会予定と、帰りの飛行便も調べてみた。時間は全くなかった。するとそのとき、別の方法か頭に浮かんだ。大会の公の祈りでその子のために祈れないものかと。主は必ずわかって下さるはずだ。そいうことにして、私たちは予定の集会をそのまま続けた。 

そのことがメスビン家に伝えられ、了解はしたものの、みんないささか失望した。主は自分たちの祈りを聞いて下さらなかったのか。主はモンソン兄弟をシュリブポートまで遣わして下さったではないか。家族はもう一度祈った。最後の願いを聞いて下さい、大事なクリスタルの願いを聞きとどけて下さいと。 

メスビン家の人たちかひざまずいて祈ったちょうどそのとき、ステーキ部センターの時計は745分を指していた。指導者会は霊的だった。私はメモを区分けして説教壇に立つ用意をしていた。すると、私の霊に語りかける声か聞こえてきた。その言葉は短かく、日頃聞き慣れたこの言葉だった。「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい。 止めてはならない。神の国はこのような者の国である。」(マルコ10:14)メモを見る目がかすみ、私の心は祝福を求めているいたいけな少女のことでいっぱいになった。 

私は決断した。集会予定を変更した。集会よりも人の方がもっと大切である。私はジェームズ・セラ監督に,メスビン家に連絡を取ってきて下さいとお願いした。 

メスビン家の人たちが祈り終えて立ち上がったところで,電話のベルが鳴り,翌日曜日,主の日の朝,私たちが断食と祈りの精神をもってクリスタルの病床にかけつけるという知らせが伝えられたのである。 

私はあの早朝の,メスビン家が家庭と呼んでいる彼らの天国への道中を,決して忘れることができない。私はこれまで,聖なる宮居を含めて清い場所にたびたび入ってきた。しかし,主の存在をあのときのメスビン家におけるほど強烈に感じたことは,いまだかつてない。大きなベットにひっそりと横たわったクリスタルは,本当に小さく見えた。部屋は明るく楽しげで,東の窓から寝室いっぱいに射し込んでくる日光は,私たちの心に満ちていた主の愛と同じにまばゆかった。 

家族はクリスタルの枕もとを囲んだ。もう起き上がることもできず,話もできないほどに弱っている幼い子の顔を私は上からのぞき込んだ。病気は進み,すでに彼女は目も見えなかった。私はみたまの強い力を感じて,ひざまずき,彼女のかぼそい手を取って,ただこう言った。「クリスタル,来たよ。」彼女は口を開いてつぶやいた。「モンソン兄弟,いらっしゃるってわかってました。」私は部屋を見わたした。立っている人はいなかった。みんながひざまずいていた。祝福を施すと,クリスタルの顔にかすかな笑みが浮かんだ。彼女の「ありがとう」というささやきを最後にして,私たちはひとりずつ静かに部屋を出た。 

それから4日後の木曜日,シュリブポートの教会員がメスビン家の人々と信仰をひとつにし,クリスタルのためにやさしく愛の深い天父に特別な祈りを捧げる中で,クリスタル・メスビンの清らかな霊は,病にむしばまれた体を離れて神のパラダイスに入った。

Excerpt from The Faith of a Child, Thomas S. Monson, October 1975 General Conference

When I was a boy your age, I too had a teacher in Sunday School. From the Bible she would read to us of Jesus, the Redeemer and Savior of the world. One day she taught us how the little children were brought unto him, that he should put his hands on them and pray. His disciples rebuked those that brought the children. “But when Jesus saw it, he was much displeased, and said unto them, Suffer the little children to come unto me, and forbid them not: for of such is the kingdom of God.” (Mark 10:14.)

That lesson has never left me. Indeed, just a few months ago I relearned its meaning and partook of its power. My teacher was the Lord. May I share with you this experience.

Far away from Salt Lake City, and some eighty miles from Shreveport, Louisiana, lives the Jack Methvin family. Mother, dad, and the boys are members of The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints. Until just recently there was a lovely daughter who, by her presence, graced that home. Her name was Christal. She was but ten years old when death ended her earthly sojourn.

Christal liked to run and play on the spacious ranch where her family lives. She could ride horses skillfully and excelled in 4-H work, winning awards in the local and state fairs. Her future was bright, and life was wonderful. Then there was discovered on her leg an unusual lump. The specialists in New Orleans completed their diagnosis and rendered their verdict: carcinoma. The leg must be removed.

She recovered well from the surgery, lived as buoyantly as ever and never complained. Then the doctors discovered that the cancer had spread to her tiny lungs. The Methvin family did not despair, but rather planned a flight to Salt Lake City. Christal could receive a blessing from one of the General Authorities. The Methvins knew none of the Brethren personally, so opening before Christal a picture of all the General Authorities, a chance selection was made. By sheer coincidence, my name was selected.

Christal never made the flight to Salt Lake City. Her condition deteriorated. The end drew nigh. But her faith did not waver. To her parents, she said, “Isn’t stake conference approaching? Isn’t a General Authority assigned? And why not Brother Monson? If I can’t go to him, the Lord can send him to me.”

Meanwhile in Salt Lake City, with no knowledge of the events transpiring in Shreveport, a most unusual situation developed. For the weekend of the Shreveport Louisiana Stake Conference, I had been assigned to El Paso, Texas. President Ezra Taft Benson called me to his office and explained that one of the other Brethren had done some preparatory work regarding the stake division in El Paso. He asked if I would mind were another to be assigned to El Paso and I assigned elsewhere. Of course there was no problem—anywhere would be fine with me. Then President Benson said, “Brother Monson, I feel impressed to have you visit the Shreveport Louisiana Stake.” The assignment was accepted. The day came. I arrived in Shreveport.

That Saturday afternoon was filled with meetings—one with the stake presidency, one with priesthood leaders, one with the patriarch, then yet another with the general leadership of the stake. Rather apologetically, Stake President Charles F. Cagle asked if my schedule would permit me time to provide a blessing to a ten-year-old girl afflicted with cancer. Her name: Christal Methvin. I responded that, if possible, I would do so, and then inquired if she would be at the conference, or was she in a Shreveport hospital? Knowing the time was tightly scheduled, President Cage almost whispered that Christal was confined to her home—more than eighty miles from Shreveport!

I examined the schedule of meetings for that evening and the next morning—even my return flight. There simply was no available time. An alternative suggestion came to mind. Could we not remember the little one in our public prayers at conference? Surely the Lord would understand. On this basis, we proceeded with the scheduled meetings.

When the word was communicated to the Methvin family, there was understanding but a trace of disappointment as well. Hadn’t the Lord heard their prayers? Hadn’t he provided that Brother Monson would come to Shreveport? Again the family prayed, asking for a final favor—that their precious Christal would realize her desire.

At the very moment the Methvin family knelt in prayer, the clock in the stake center showed the time to be 7:45. The leadership meeting had been inspirational. I was sorting my notes, preparing to step to the pulpit, when I heard a voice speak to my spirit. The message was brief, the words familiar: “Suffer the little children to come unto me, and forbid them not: for of such is the kingdom of God.” (Mark 10:14.) My notes became a blur. My thoughts turned to a tiny girl in need of a blessing. The decision was made. The meeting schedule was altered. After all, people are more important than meetings. I turned to Bishop James Serra and asked that he leave the meeting and advise the Methvins.

The Methvin family had just arisen from their knees when the telephone rang and the message was relayed that early Sunday morning—the Lord’s day—in a spirit of fasting and prayer, we would journey to Christal’s bedside.

I shall ever remember and never forget that early-morning journey to a heaven the Methvin family calls home. I have been in hallowed places—even holy houses—but never have I felt more strongly the presence of the Lord than in the Methvin home. Christal looked so tiny lying peacefully on such a large bed. The room was bright and cheerful. The sunshine from the east window filled the bedroom with light as the Lord filled our hearts with love.

The family surrounded Christal’s bedside. I gazed down at a child who was too ill to rise—almost too weak to speak. Her illness had now rendered her sightless. So strong was the spirit that I fell to my knees, took her frail hand in mine, and said simply, “Christal, I am here.” She parted her lips and whispered, “Brother Monson, I just knew you would come.” I looked around the room. No one was standing. Each was on bended knee. A blessing was given. A faint smile crossed Christal’s face. Her whispered “thank you” provided an appropriate benediction. Quietly, each filed from the room.

Four days later, on Thursday, as Church members in Shreveport joined their faith with the Methvin family and Christal’s name was remembered in a special prayer to a kind and loving Heavenly Father, the pure spirit of Christal Methvin left its disease-ravaged body and entered the paradise of God.