モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

貴重なメッセージ

Precious Messages

 

戻る

 

わたしたちの時代における,「奉仕の召し」に伴う困難と祝福の一例をお話ししたいと思います。あるすばらしい姉妹が近ごろ,親しい友人にこんな話をしました。「聞いてください。わたしは夫が監督という責任に時間と労力を費やすことに不満を感じなくなりました。不思議な巡り合わせですが,わたしたち夫婦で何か特別なことをするために出かけようとしたちょうどそのとき,ワードのある会員に『緊急事態』が発生したのです。

ある日,わたしは夫に不満をぶつけました。その結果,月曜日の夜のほかに週にもう一晩二人きりで過ごすことを,夫は約束したのです。さて初めての『デートの夜』のこと,車に乗って,これから二人きりのタベに出かけようとしたそのときに,電話が鳴ったのです。

『これはあなたを試しているのよ。』夫を見詰めてにっこりしました。電話が鳴り続けます。『覚えてるでしょ,約束。わたしとのデートを忘れないで。電話なんか放っておきなさいよ。』わたしのほほえみもそこまででした。

かわいそうに夫は,わたしと電話の板挟みになってしまいました。わたしにははっきりと分かっていたのです。夫は何よりもわたしを第一に考えてくれていて,その晩二人きりで出かけたいという気持ちは夫も同じように持っていたはずです。でも,夫は電話の音で動けなくなってしまいました。

『少なくとも何の電話かくらい,確かめた方がいい。』夫は悲しそうな目で言いました。『たぶん,どうってことのない電話だよ。』

『でも,電話に出たら,今晩のデートはだめになるわ。』わたしは声を張り上げま

した。『そうよ,そうに決まっている。』

夫はわたしの手を握り締めて『すぐ戻るから』と言うと,家の中に走って行って受話器を取りました。

そして,その後夫はすぐに車に戻っては来ませんでした。またいつものことだと分かっていたので,わたしは車から降りて家に戻り,床に就きました。翌朝夫はわたしにそっと謝りました。わたしも静かに受け入れました。それで終わりでした。

いえ,それで終わりだと思っていたのです。この出来事はその後数週問,しこりとなって残りました。夫を責めていたわけではないのですが,やはりわたしは気落ちしていました。そんな気持ちがまだ残っていたころ,ワードのある姉妹に出会いました。ほとんど話したことのない姉妹でした。とても遠慮がちに『お話ししてもよろしいでしょうか』と尋ねてきたのです。その姉妹は夫以外の男性に心を引かれていたとのことです。その男性なら無味乾燥な生活に生気を与えてくれる,と思ったそうです。彼女の夫は,正社員としての勤めに加えて,大学の授業も目いっぱい受講していました。アパートは息が詰まりそうでした。小さな子どもたちを抱えていたので,そのわがままや騒がしさに参っていたのです。彼女はこう言いました。『どう見ても惨めなこの状況を抜け出してその男性と暮らしたい,という激しい誘惑にわたしは駆られていました。そんな状況でしたから,わたしはもっと幸せになる価値があると感じていたのです。わたしは自分を正当化しようとしました。夫も子どもも,神殿の聖約も教会も捨てて,よその男と一緒に幸せを見つけるのよ,と自分に言い聞かせたのです。』

彼女は話を続けました。『計画は出来上がりました。逃避行の時刻も示し合わせてありました。けれども,まるで最後にひとかけら残っていた健全な判断力が叫んだかのように,良心がわたしに語りかけたのです。監督に電話しなさいと。つまり,あなたのご主人にです。「良心」と申し上げましたが,それは天から直接来た霊的なささやきでした。電話をかけましたが,ほとんどわたしの意志ではありませんでした。呼び出し音が鳴りました。何度も何度も鳴り続けました。その間,わたしは胸の内で実際こう考えていました。「監督が出なかったら,それは計画を実行せよということなんだわ。」呼び出し音は鳴り続けました。しかし,わたしが受話器を置いて破滅への道をまっしぐらに進んで行こうとしたそのとき,突然ご主人の声が聞こえたのです。その声は,まるで稲妻のようにわたしの魂を貫きました。思わず泣きだしてしまったわたしは,こう言いました。「監督,監督さんですか?わたし,困っているんです。助けてください。」ご主人はやって来て助けてくださいました。今わたしが無事でいられるのも,あの電話にご主人が出てくださったおかげです。

振り返ってみると,わたしは疲れていましたし,愚かにも心にすきがありました。でも,夫や子どもたちを心から愛していたのです。夫も子どももレ≦ない人生がどんなに悲惨なものか,想像もつきません。わたしたちの家族が大変なことは以前と変わりません。どこの家庭にも大変な時期はあることを知っています。でも,わたしたちは問題の幾つかを話し合いましたし,うまくやっていけるような気がしてきました。結局すべてはうまくいくものなのです。』そして,その姉妹はこう言いました。『あなたのことはよく存じ上げませんが,ご主人が責任を果たせるよう支えてくださってありがとうございます。あなたも,そしてお子さんたちも,わたしには想像も及ばぬ犠牲を払っていらっしゃることと思います。でも,とりわけつらいときには,あなたのような方々が,わたしのような者を救うために犠牲を払ってくださることにわたしが永遠に感謝していることを,どうか思い出してください。』」

兄弟姉妹の皆さん,わたしは通常,監督その他の指導者たちに期待されていることの中から,扱いやすく,現実的な事柄に重点を置いてお話ししています。そこのところをご理解ください。わたしは,両親,とりわけ母親を,子どもたちをはぐくむ場である家庭から外に出そうと強く求める傾向が,』社会,職場,その他の多くの場面で見られることこそ,現代社会が抱える最も深刻な問題であると強く思っています。それに,妻と子どもたちは,夫であり父親である男性との神聖な,水入らずの時間を持つ権利があるとわたしは確信していますから,10回のうち9回までは,電話には出ないでと夫に言う妻に賛成します。しかし,あのときこの善良な男性が御霊(みたま)のささやきに従ったことに,わたしは感謝しています。この感謝の気持ちは,あの,転落を免れた若い女性に負けないほど強いものです。この男性は「電話のコール」に応じたのです。この場合,文字どおり「奉仕の召し」でした(訳注“ca11”は「電話のコール」の意であるとともに「召し」の意でもある)。「奉仕の召し」ジェフリー・R・ホランド 十二使徒定員会、200210月総大会よりの抜粋

May I share just one contemporary example of both the challenge and blessings that our “calls to serve” can bring. A wonderful sister recently said to a dear friend: “I want to tell you about the moment I ceased resenting my husband’s time and sacrifice as a bishop. It had seemed uncanny how an ‘emergency’ would arise with a ward member just when he and I were about to go out to do something special together.

“One day I poured out my frustration, and my husband agreed we should guarantee, in addition to Monday nights, one additional night a week just for us. Well, the first ‘date night’ came, and we were about to get into the car for an evening together when the telephone rang.

“‘This is a test,’ I smiled at him. The telephone kept ringing. ‘Remember our agreement. Remember our date. Remember me. Let the phone ring.’ In the end I wasn’t smiling.

“My poor husband looked trapped between me and a ringing telephone. I really did know that his highest loyalty was to me, and I knew he wanted that evening as much as I did. But he seemed paralyzed by the sound of that telephone.

“‘I’d better at least check,’ he said with sad eyes. ‘It is probably nothing at all.’

“‘If you do, our date is ruined,’ I cried. ‘I just know it.’

“He squeezed my hand and said, ‘Be right back,’ and he dashed in to pick up the telephone.

“Well, when my husband didn’t return to the car immediately, I knew what was happening. I got out of the car, went into the house, and went to bed. The next morning he spoke a quiet apology, I spoke an even quieter acceptance, and that was the end of it.

“Or so I thought. I found the event still bothering me several weeks later. I wasn’t blaming my husband, but I was disappointed nevertheless. The memory was still fresh when I came upon a woman in the ward I scarcely knew. Very hesitantly, she asked for the opportunity to talk. She then told of becoming infatuated with another man, who seemed to bring excitement into her life of drudgery, she with a husband who worked full-time and carried a full load of classes at the university. Their apartment was confining. She had small children who were often demanding, noisy, and exhausting. She said: ‘I was sorely tempted to leave what I saw as my wretched state and just go with this man. My situation was such that I felt I deserved better than what I had. My rationalization persuaded me to think I could walk away from my husband, my children, my temple covenants, and my Church and find happiness with a stranger.’

“She said: ‘The plan was set; the time for my escape was agreed upon. Yet, as if in a last gasp of sanity, my conscience told me to call your husband, my bishop. I say “conscience,” but I know that was a spiritual prompting directly from heaven. Almost against my will, I called. The telephone rang and rang and rang. Such was the state of my mind that I actually thought, “If the bishop doesn’t answer, that will be a sign I should go through with my plan.” The phone kept ringing, and I was about to hang up and walk straight into destruction when suddenly I heard your husband’s voice. It penetrated my soul like lightning. Suddenly I heard myself sobbing, saying, “Bishop, is that you? I am in trouble. I need help.” Your husband came with help, and I am safe today because he answered that telephone.

“‘I look back and realize I was tired and foolish and vulnerable. I love my husband and my children with all my heart. I can’t imagine the tragedy my life would be without them. These are still demanding times for our family. I know everyone has them. But we have addressed some of these issues, and things are looking brighter. They always do eventually.’ Then she said: ‘I don’t know you well, but I wish to thank you for supporting your husband in his calling. I don’t know what the cost for such service has been to you or to your children, but if on a difficult day there is a particularly personal cost, please know how eternally grateful I will be for the sacrifice people like you make to help rescue people like me.’”

Brothers and sisters, please understand that I am one who preaches emphatically a more manageable, more realistic expectation of what our bishops and other leaders can do. I especially feel that a wide range of civic, professional, and other demands which take parents, including and especially mothers, out of homes where children are being raised is among the most serious problems in contemporary society. And because I am adamant about spouses and children deserving sacred, committed time with a husband and father, nine times out of ten I would have been right alongside that wife telling her husband not to answer that telephone. But I am as grateful in my own way as that young woman was in hers that in this instance this good man followed the prompting of the Spirit and responded to his “call”—in this case, literally—his “call to serve.” Excerpt from Called to Serve, by Jeffrey R. Holland, Of the Quorum of the Twelve Apostles October 2002 General Conference.

Pictures from David Ikegami