モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

今休んでいる会員へ

 

もどる


 

什分(什じゅう分)の一によって,不安が和らぐでしょうか

ナンシー・ケイ・スミス

リアホナ2009年7月、47 

年長の子供たちが学校へ行き,下の子たちが昼寝をしている間に,わたしは台所のテーブルの上に請求書を広げました。そしてわずかな収入でやり繰りするために,知恵と能力を祈り求めながら,毎月の重苦しい作業に取りかかりました。いつものように什分の一の金額を最初に書き込みました。 

妻や母親としてまだ経験の浅かったわたしは,末日聖徒イエス・キリスト教会の会員になったとき,什分の一を納めると決心しました。その決意が揺らいだことは,それまで一度もありませんでした。しかし,毎月の公共料金,住宅ローン,保険代の支払いに充てるお金が足りないことに深く悩んでいました。 

6人の子供を抱える独り親となった今,いつも仕事に追われ,経済的な不安を抱え,押しつぶされそうになることがよくありました。また父親と母親の両方の役割を果たす中で,絶えず決断に迫られていました。慰めや助けを与えてくれる親戚(しんせき)もいませんでした。 

テーブルの前に座り,主に助けと慈悲を願い求めていると,聖霊がわたしの霊の眼を開き,美しく,慰めに満ちた救い主の愛のしるしをはっきりと見せてくださいました。生活上の神聖な優先事項を思い起こすにつれて,生活に必要な出費について新しい見方ができるようになりました。忠実に什分の一を納め,ささげ物をする人々に約束された祝福をわたしが受けることを,天の御父が望んでおられることが分かりました。また什分の一を納めることは,喜びに満ちた愛の行いであることも理解しました。恐れたり心配したりする必要はないのです。 

主の御霊(みたま)に満たされるにつれ,いつしかわたしは(あかし)を述べていました。これまで長い間,確固として,神聖に保ち続けてきた確信についての証です。次のように断言するわたしの声が,台所の静けさを破りました。救い主が与えてくださる生ける水がなくなるくらいなら,むしろ我が家の水道から水が出なくなる方がましです。命のパンにあずかれなくなるくらいなら,むしろ食卓の上に食物がなくなる方がましです。わたしの生活からキリストの光がなくなるくらいなら,むしろ電気のない暗く不便な生活を我慢する方がましです。主の宮に参入する特権を手放すくらいなら,むしろ子供たちとテントの中で暮らす方がましです。 

あれほど深かった悩みは,すぐに解消しました。不安から生じていた弱気は,主への愛によって克服されたのです。天の御父はわたしたちの解放者,保護者,守護者です。わたしたちに必要なものすべてを実際に与えてくださいます。御父の約束は確かであり,変わることがありません。わたしたちに什分の一を納めるよう命じられたのは,御父が天から祝福を惜しみなく与えられるようにするためです。すなわち心の平安,この世の煩いや物質的な心配事からの解放,御父の御名(みな)を信頼する気持ちという祝福を与えるためなのです。 

その日以来,わたしを先に愛してくださった主に対して,またそのような主のために,什分の一を納めることを喜びとしています。不安やためらいを感じることはまったくなくなりました。