モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

日本の文化

 

戻る

 

遠藤周作の沈黙からの抜粋

Excerpt from Endo Shusaku’s Silence 

「彼等が信じていたのは基督教の神ではない。日本人は今日まで」フェレイラは自信を以って断言するように一語一語に力をこめて、はっきりと言った。「神の概念はもなかったし、これからももてないだらおう。」

`They did not believe in the Christian God.' Ferreira spoke clearly and with self-confidence, deliberately emphasizing every word. `The Japanese till this day have never had the concept of God; and they never will.' 

その言葉は動かしがたい岩のような重みで司祭の胸にのしかかってきた。それは彼が子供の時、神は存在すると始めて教えられた時のような重力をもっていた。

These words descended on the priest's heart like the weight of a huge, immovable rock and with something of that power that had been there when as a child he first heard about the existence of God. 

「日本人は人間とは全く隅絶した神を考える能力をもっていない。日本人は人間を超えた存在を考える力ももっていない。」

`The Japanese are not able to think of God completely divorced from man; the Japanese cannot think of an existence that transcends the human.' 

「基督教と教会はすべての国と土地とをこえて真実です。でなければ我々の布教に何の意味があったろう。」

`Christianity and the Church are truths that transcend all countries and territories. If not, what meaning is there in our missionary work?' 

「日本人は人間を美化したり拡張したものを神と呼ぶ。人間と同じ存在を持つものを神と呼ぶ。だがそれは教会の神ではない。」沈黙、遠藤周作、236 

`The Japanese imagine a beautiful, exalted man-and this they call God.They call by the name of God something which has the same kind of existence as man. But that is not the Church's God.' Silence, Shusaku Endo, 149  

現代の神の預言者はこう言うのです。God’s modern-day prophets say the following. 

「神御自身,かつては今のわたしたちのようであられました。そして今は昇栄した御方であって,かなたの天で御座に着いておられます!これは大いなる奥義です。もし今日(こんにち)幕が裂けて,この世界を軌道上に保ち,あらゆる世界と万物を御自身の力によって支えておられる大いなる神が御自身を現されたならば,わたしは申し上げますが,もし今日皆さんが神を目にしたならば,皆さんは神が人に似た形をしておられること,すなわち,体,形,姿がすべて皆さん自身のようであられることを知るでしょう。なぜなら,アダムは神の姿,形に,神にかたどって創造されたのであり,神から教えを受け,人が人と語り,親しく交わるように,神とともに歩き,語り,言葉を交わしたのです。……

……神について知ると,わたしたちは神に近づく方法と,神に尋ねて答えを受ける方法が分かるようになります。神の性質を理解し,神のもとに行く方法を知るとき,神はわたしたちに天の事柄を明らかにし,天についてすべてのことを語りだしてくださいます。わたしたち「神について知ると,わたしたちは神に近づく方法と,神に尋ねて答えを受ける方法が分かるようになります。」が神のもとに行く用意ができたとき,神はいつでもわたしたちのもとに来てくださるのです。」歴代大管長の教え:ジョセフ・スミス,40

“God Himself was once as we are now, and is an exalted man, and sits enthroned in yonder heavens! That is the great secret. If the veil were rent today, and the great God who holds this world in its orbit, and who upholds all worlds and all things by His power, was to make Himself visible,—I say, if you were to see Him today, you would see Him like a man in form—like yourselves in all the person, image, and very form as a man; for Adam was created in the very fashion, image and likeness of God, and received instruction from, and walked, talked and conversed with Him, as one man talks and communes with another. …

“… Having a knowledge of God, we begin to know how to approach Him, and how to ask so as to receive an answer. When we understand the character of God, and know how to come to Him, He begins to unfold the heavens to us, and to tell us all about it. When we are ready to come to Him, He is ready to come to us.”9  Teachings of the Prophet Joseph Smith, page 40

「コンスタンティヌス帝はキリスト教に改宗したとき,神の属性について聖職者の間で

様々な議論があることを知りました。この議論に終止符を打つために,紀元325年,ニカイア(ニケーア)に地位の高い聖職者が集められました。参加者には自由に見解を述べる機会が与えられました。しかし,議論はますます熱を帯びるだけで,一致した定

義に到達することはできませんでした。そのため一つの妥協案が出されることになったのです。これがやがてニカイア(ニケーア)信条として知られるようになったもので,その基本的な概念は,現在の大半のキリスト教徒の信仰に受け継がれています。個人的には,この信条が理解できません。

読むと混乱してしまいます。

この教会に属するわたしたちは,神の属性に関して,人の作ったいかなる主張もよりどころとしていません。わたしはそのことに心から感謝しています。わたしの知っていること」ゴードン・B・ヒンクレー大管長、リアホナ年2007月5号、83 

“When the emperor Constantine was converted to Christianity, he became aware of the divisiveness among the clergy concerning the nature of Deity. In an attempt to overcome this he gathered the eminent divines of the day to Nicaea in the year 325. Each participant was given opportunity to state his views. The argument only grew more heated. When a definition could not be reached, a compromise was made. It came to be known as the Nicene Creed, and its basic elements are recited by most of the Christian faithful.

Personally I cannot understand it. To me the creed is confusing.

How deeply grateful I am that we of this Church do not rely on any man-made statement concerning the nature of Deity.” Gordon B. Hinckley, “The Things of Which I Know,” EnsignMay 2007, 83 

「紀元325年,ローマ皇帝コンスタンティヌスはニカイア(ニケーア)公会議を招集しました。神が「三位一体であられる」とする,当時関心の高まっていた説の真偽などを討議するためでした。牧師や哲学者,高位聖職者たちの間で熱を帯びた議論が繰り広げられ,その結果生み出されたものが後にニカイア(ニケーア)信条として知られるようになります(この信条は,さらに125年の歳月と3回の公会議の後に完成します)4。また,後には「アタナシウス信条」などに形を変えていきました。こうして様々に形を変え,改訂を重ねていったこの信条と,その後数世紀にわたって作られた別の信条が宣言したのは次のようなものでした。「父と子と聖霊は抽象的,絶対的な存在で超越した能力を備えておられる。いかなる場所,いかなる時にも存在し,同じ存在者の異なる表れであり,互いに永遠の存在であり,不可知であり,体も手足も感情もなく,時空を超越しておられる。」これらの信条によると,御三方はのです。これが,よく言われる「三位一体の謎」というものです。異なる御三方であられるにもかかわらず,3人の神ではなく1人の神なのです。そして御三方は皆,理解不可能な存在であり,かつ理解不可能な御一方の神であられるというのです。 

わたしたちは,少なくとも神に対するこのような概念が理解不可能であるという点については,わたしたちを批判する人たちとまったく同感です。このように神の存在について混乱を招くような定義が教会に押しつけられていたのですから,4世紀の修道士が次のように嘆いたのも驚きに当たりません。「悲しいかな。わたしの神が奪われてしまった。……これではだれを礼拝し,だれに祈ればいいのかも分からない。」5 理解不可能なうえに不可知の御方をどのようにして頼り,愛し,礼拝すればよいのでしょう。その御方のようになるために努力するといっても,どのようにすればよいのでしょう。「永遠の命とは,唯一の,まことの神でいますあなたと,また,あなたがつかわされたイエス・キリストとを知ることであります」6 というイエスが天の御父にささげられた祈りはどのように解釈したらよいのでしょうか。」唯一のまことの神と,その神がつかわされたイエス・キリスト十二使徒定員会ジェフリー・R・ホランド長老、 

“In the year a.d. 325 the Roman emperor Constantine convened the Council of Nicaea to address—among other things—the growing issue of God’s alleged “trinity in unity.” What emerged from the heated contentions of churchmen, philosophers, and ecclesiastical dignitaries came to be known (after another 125 years and three more major councils)4 as the Nicene Creed, with later reformulations such as the Athanasian Creed. These various evolutions and iterations of creeds—and others to come over the centuries—declared the Father, Son, and Holy Ghost to be abstract, absolute, transcendent, imminent, consubstantial, coeternal, and unknowable, without body, parts, or passions and dwelling outside space and time. In such creeds all three members are separate persons, but they are a single being, the oft-noted “mystery of the trinity.” They are three distinct persons, yet not three Gods but one. All three persons are incomprehensible, yet it is one God who is incomprehensible.

We agree with our critics on at least that point—that such a formulation for divinity is truly incomprehensible. With such a confusing definition of God being imposed upon the church, little wonder that a fourth-century monk cried out, “Woe is me! They have taken my God away from me, … and I know not whom to adore or to address.”5 How are we to trust, love, worship, to say nothing of strive to be like, One who is incomprehensible and unknowable?” Jeffrey R. Holland, “The Only True God and Jesus Christ Whom He Hath Sent,” Ensign, Nov 2007, 40–42