モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

喜びを分かち合う

Responsibility for the work of salvation

救いのわざの責任

 

戻る

 

John A. Widstoe said: "In our preexistent state, in the day of the Great Council, we made a certain agreement with the Almighty. The Lord proposed a plan, conceived by him. We accepted it. Since the plan is intended for all men, we became parties to the salvation of every person under that plan. We agreed, right then and there, to be not only saviors for ourselves but measurably, saviors of the whole human family. We went into a partnership with the Lord. The working out of the plan became then not merely the Father's work, and the Savior's work, but also our work. The least of us, the humblest, is in partnership with the Almighty in achieving the purpose of the eternal plan of salvation" (in Archibald F. Bennett, Saviors on Mount Zion [1950], 11–12).

ジョン・A・ウイッツオー長老はこう語りました。「前世に於いて、天上の大会議の日に、私たちは全能者とあることを同意しました。主は御自分で考えられた計画を提案され,それを私たちは受け入れました。この計画は全人類に当てはまるものであったために、私たちはこの計画の下にいるすべての人の救いにかかわる ものとなったのです。私たちはその時、その場所で、自分の為だけではなく、すべての人を救う者となることをはっきりと同意しました。それにより私たちは主と共同して働くことになりました。 救いの計画を成し遂げることは天父や救い主だけが行われる御業ではなく、私たちの業にもなったのです。永遠の救いの計画ではその目的を達するために、もっとも小さい者、もっと卑しい者も全能者と共同して働くのです。」