モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

喜びを分かち合う

四字熟語

 

戻る

左のカレンダーを2006年11月1日に竹内俊子姉妹の母から頂きました。頂いてとても面白く読み始めました。

一番最初に非常いいナーと思った四字熟語はこれでした。「言行一致」わたしの解釈は「わたしたちの言うこととすることは合っていなければならない。」

それを考えるとイエス・キリストの言葉を思い出しまた。ルカによる福音書6:46「わたしを主よ、主よ、と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか。」

そしてすぐに「これが正しいのなら、他に正しいものはあるはずと思って続けて勉強しました。

わたしが思うには神様はすべての人を愛しているから、どの国でもの民に真理を知らせようとして来ました。ですから、四字熟語にも諺にも真理は入っていると思います。

他にいいものはあると思って158から下のものを選びました。おそらくあなたも四字熟語に事実はあると考えたことはあるでしょう。どうか手伝ってくださいませんか。わたしは続けて聖典また預言者の言葉から、四字熟語と同じような意味の文書を探します。皆さんの提案と助けと訂正と校正をお願いいたします。フィルモア

正真正銘(しょうしんしょうめい)

全くうそいつわりのない。本物であること

事実無根(じじつむこん)

事実としての根拠がないこと。まったくでたらめなこと

品行方正(ひんこうほうせい)

行いがきちんととしていて正しいこと。

我田引水(がでんいんすい)

自分につごうがよいように考えたり、ものごととを進めたりすること。

画竜点睛(がりょうてんせい)

ものごとを完成させるため、最後の重要な部分を付け加えること。

傍若無人(ぼうじゃくぶじん)

他人にかまわず自分勝手にふるまうこと。

単刀直入(たんとうちょくにゅう)

遠回しの言いかたをしないで、いきなり本題に入ること。

純真無垢(じゅんしんむく)

心にに汚れがなく、清らかなようす。

用意周到(よういしゅうとう)

準備、心掛けが万全なこと。

起死回生(きしかいせい)

見こみのないと思われたものがふたたび力をもり返すこと。

森羅万象(しんらばんしょう)

宇宙間に存在するすべてのもの。

空前絶後(くうぜんぜつご)

以前にもそれに類する物事がなく、将来にもないと思われること。

奇想天外(きそうてんがい)

ふつうでは思いつかない変わった考え方。

事業自得(じぎょうじとく)

自分のした悪行のむくいが自分自身にめぐりくること。

馬耳東風(ばじとうふう)

他人の意見や批評を聞き流して気にとめないこと。

試行錯誤(しこうさくご)

いろいろと試みて、失敗を繰り返しながら目標に近づくこと。

自由自在(じゆうじざい)

思いのままできるようす。

暗中模索(あんちゅうもさく)

手がかりがないので、どうしてようかわからないまま、いろいろ試してみること。

勧善懲悪(かんぜんちょうあく)

善行を進め、悪行を懲らしめること。

時期尚早(じきしょうそう)

あるものことをするのに、まだ早すぎること。

異口同音(いくどうおん)

おおぜいの人が同じことを口をそろえて言う。

2ニーファイ1:21……そして思いを一つにし、心を一つにして決意を固め……

荒唐無稽(こうとうむけい)

言うことに根拠がなく、でたらめなこと

意味深長(いみしんちょう)

ことばや文章・態度などに合蓄のある意味が隠されているようす。

人跡未踏(じんせきみとう)

人間が今までにー度も足を踏み入れたことがないこと。

他事多難(たじたなん)

事件や困難が多くて、苦労が耐えないこと。

教義と聖約122:7….これらのことはすべて,あなたに経験を与え,あなたの益となるであろう。]

絶体絶命(ぜったいぜつめい)

切り抜ける方法がまったく見当たらないほどの窮地に追い込まれた状態のこと。

大胆不敵(だいたんふてき)

度胸があって、敵を敵とも思わないようす。

独立自尊(どくりつじそん)

他人の言行にまどわされず、自分自身に誇りを持って実力で生きること。

盛者必衰(しょうじゃひっすい)

現在勢いが盛んなものでも必ず衰えるときがくるもんだということ。

自給自足(じきゅうじそく)

自分に必要なものをすべて、自分で生産することでまかなうこと。

侃々諤々(かんかんがくがく)

自分の思っていることを遠慮しないで主張すること。

流言飛語(りゅうげんひご)

世間に流れている、根拠のないうわさ。デマ。

喧々囂々(けんけんごうごう)

おおぜいの人が口々に発言して、やかましいようす。

百戦錬磨(ひゃくせんれんま)

多くの経験を積んで、事情に通じていること。

前途有望(ぜんとゆうぼう)

将来に大いに望があるようす。

後生大事(ごしょうだいじ)

ある物を非常にたいせつにすること。

マタイ13:45−46「また天国は、良い真珠を捜している商人のようなものである。高価な真珠一個見いだすと、行って持ち物をみな売りはらい、そしてこれを買うのである。」

完全無欠(かんぜんむけつ)

欠けたところがまったくなく、そろっているよす。

他力本願(たりきほんがん)

自分では努力しないで、もっぱら他人の力をあてにすること。

汗牛充棟(かんぎゅうじゅうとう)
持っている本の数が非常に多いこと。

東奔西走(とうほんせいそう)

ある目的のために、あちこちと忙しく駆け回ること。

頑固一徹(がんこいってつ)

かたくなで、思いこんだことを押し通すこと。

優柔不断(ゆうじゅうふだん)

ぐすぐすして決断力に欠けること。

醇風美俗(じゅんふうびぞく)

すなおで人情に厚く、美しい風俗や習慣のこと。

大所高所(たいしょこうしょ)

細やかなことにとらわれず、全体を見渡す立場のこと。

文人墨客(ぶんじんぼっきゃく)

詩文・書客などの道にたずさわる風流心のある人。

明鏡止水(めいきょうしすい)

何のわだかまりもなく、澄み切った心境のこと。

百家争鳴(ひゃっかそうめい)

多くの学者などが、自由に発言し論争すること。

一喜一憂(いっきいちゆう)

状況がかわるたびに、喜んだり心配したりするようす。

自画自賛(じがじさん)

じぶんでじぶんのことをほめること。

無念無想(むねんむそう)

何も考えず、心の中が澄み切っているようす。

先憂後楽(せんゆうこうらく)

人の上に立つ者は、天下の人々が憂える前に心配し、天下の人々が楽しむべきだということ。

和魂漢才(わこんかんさい)

日本固有の精神と中国から取り入れた学問の両方を身につけること。

手練手管(てれんてくだ)

人を巧みにだまして自分のおもいどうりにする手段のこと。

万古不易(ばんこふえき)

大昔から今まで、変わらないこと。永遠にかわらないこと。

一言居士(いちげんこじ)

何にでも自分の意見を述べないと気のすまない人。

知行合一(ちこうごういつ)

知識と行為が一致しなけえばならないということ。

牛飲馬食(ぎゅういんばしょく)

やたらにたくさん飲み食いすること。

代議名分(だいぎめいぶん)

ある行動をする場合だれでもがもっと認める道理のこと。

欣喜雀躍(きんきじゃくやく)

小躍りして喜ぶこと。

半信半疑(はんしんはんぎ)

半ば信用し、半ば疑いをもつこと。

和光同塵(わこうどうじん)

自分のすぐれた才能を隠し、俗世間の中で暮らしていること。

分骨砕身(ぶんぼねさいしん)

身命を惜しまず努力すること。

談論風発(だんろんふうはつ)

盛んに話し合い、議論を行うこと。

雲散霧消(うんさんむしょう)

物事が跡形もなく消えるようす。

塾慮断行(じゅくりょだんこう)

じゅうぶんに考えたうえで、思いきって実行すること。

平身低頭(へいしんていとう)

相手にものことを頼んだり、許しを乞うたりするために、体を低くかがめて頭を下げること。

モーザヤ4:19「見よ,わたしたちは皆,物乞いではないだろうか。わたしたちは皆,持っているすべてのものについて,すなわち食物も衣服も,金も銀も,そのほか持っているあらゆる富について,同一の御方,すなわち神に依存してはいないだろうか。」

半死半生(はんしはんしょう)

死ぬか生きるかの境目にあること。

ヤコブ6:6「まことに今日、神の声を聞こうとするならば、あなたがたの心をかたくなにしてはならない。なぜあなたがたは死のうとするのか。」

一進一退(いっしんいったい)

進んだり退いたリするようす。

意気揚々(いきようよう)

思うようにものごとが進み、満足して元気にあふれているようす。

一陽来復(いちようらいふく)

悪いことが続いた後、ようやくよいほうに向かうこと。

無我夢中(むがむちゅう)

一つの事にすっかりこころをとらわれて、我を忘れて行動すること。

一部始終(いちぶしじゅう)

ものことの始めから終わりまでのいっさいのこと。

深謀遠慮(しんぼうえんりょ)

遠い将来のことまで深く考えて計画を立てること。

一刻千金(いっこくせんきん)

ほんのわずかな時間が、非常に貴重なこと。

以心伝心(いしんでんしん)

ことばや文字によらないで、お互いに気持ちが通じ合うこと。

教義と聖約50:21−22「それゆえ,真理の御霊によって御言葉を受ける者は,真理の御霊によって宣べられるままにそれを受けるということを,あなたがたが理解して知ることができないのはなぜか。それゆえ,説く者と受ける者が互いに理解し合い,両者ともに教化されて,ともに喜ぶのである。

意気軒昂(いきけんこう)

元気ではりきっているようす。