モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

喜びを分かち合う

定着−1 Retention-1

 

戻る

 

子羊を見いだし,羊を養う、大管長ゴードン・B・ヒンクレー、リアホナ199907月号120 よりの抜粋

先日わたしはとても興味深い手紙を頂きました。1年前に教会に加入したある女性からの手紙です。こう書かれています。

「教会にたどり着くまでの道のりはユニークで,チャレンジに満ちたものでした。この1年間はわたしの人生でいちばん厳しいものでしたが,最も報いの多い1年でもありました。新会員としてわたしには,これからも毎日チャレンジが続くでしよう。」

彼女は教会に加入したとき,ワードの指導者からの助けを感じられなかったと言います。監督は新会員の彼女に対して無関心に思われました。疎外感を抱いた彼女は,伝道部長のところに行ってみました。伝道部長は彼女に様々な良い機会を与えてくれました。

彼女はこう言っています。「教会の人は,新会員となることがどういうことなのか分かっていません。ですから,どのように新会員を助けたらいいかなど分かるはずがありません。」

兄弟姉妹の皆さん,わたしは皆さんがもし新会員の気持ちを理解していないとしたら,それがどのような気持ちなのか想像してみるようにお勧めします。それはたとえようもなく寂しいという気持ちかもしれません。幻滅や恐怖という気持ちかもしれません。この教会に属しているわたしたちは,自分で想像する以上に,この世の人とは掛け離れた存在です。この女性はこう書いています。「わたしたちは,求道者という立場から,教会員という立場に変わったときに,自分がまったく異なる世界,独自の伝統,文化,言葉を持つ世界に足を踏み入れてしまったことに驚きます。わたしたちは,この新しい世界を旅するときに導きを求めることのできる人や場所がないということに気づきます。最初のうち,この旅は興奮に満ちたものであり,失敗しても楽しくさえありますが,次第に欲求不満が募り,ついには怒りへと変わっていくのです。この欲求不満と怒りの段階で,新会員は去って行きます。そして,元いた所へと戻って行きます。そこでは,自分が何者なのか分かりますし,人に貢献し,言葉を交わすこともできるのです。」

Excerpt from Find the Lambs, Feed the Sheep  by Gordon B. Hinckley, President of the Church, May 1999 Ensign

I received the other day a very interesting letter. It was written by a woman who joined the Church a year ago. She writes:

“My journey into the Church was unique and quite challenging. This past year has been the hardest year that I have ever lived in my life. It has also been the most rewarding. As a new member, I continue to be challenged every day.”

She goes on to say that when she joined the Church she did not feel support from the leadership in her ward. Her bishop seemed indifferent to her as a new member. Rebuffed, as she felt, she turned back to her mission president, who opened opportunities for her.

She states that “Church members don’t know what it is like to be a new member of the Church. Therefore, it’s almost impossible for them to know how to support us.”

I challenge you, my brothers and sisters, that if you do not know what it is like, you try to imagine what it is like. It can be terribly lonely. It can be disappointing. It can be frightening. We of this Church are far more different from the world than we are prone to think we are. This woman goes on: “When we as investigators become members of the Church, we are surprised to discover that we have entered into a completely foreign world, a world that has its own traditions, culture, and language. We discover that there is no one person or no one place of reference that we can turn to for guidance in our trip into this new world. At first the trip is exciting, our mistakes even amusing, then it becomes frustrating and eventually, the frustration turns into anger. And it’s at these stages of frustration and anger that we leave. We go back to the world from which we came, where we knew who we were, where we contributed, and where we could speak the language.”