モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

喜びを分かち合う

Sharing the Gospel

 

戻る

歴代大管長の教えジョン・テーラー

8章わたしたちの伝道の務め

福音を宣べ伝えるために伝道に赴く長老たちを見るとき,彼らは人類家族に託された最も偉大な業に携わろうとしているのだとの思いがいつもわいてきます。

ジョン・テーラーの生涯から、ンヨン・テーラー長老は宣教師として合衆国内と海外に赴き,1839年から1857年までの間に数回にわたり専任宣教師として奉仕しかこくた。時にはお金も食べる物もないという過酷な状況にありながらも,偉大な信仰と証を示している。主に信頼を寄せていたテーラー長老のは,主が自分自身と家族を守り,福音を宣べ伝える手段を与えてくださると確信していた。 

そうした主の支えが見て取れる一つの出来事は,テーラー長老がアイオワ州モントローズに家族を残してイギリスでの伝道に旅立った直後のことであった。インディアナ州を旅していたテーラー長老は重い病気にかかり,数週間ホテルでの休息を余儀なくされた。この間テーラー長老はホテルの隣で集会を開き,一部座りながらも福音を教えた。聴衆は困難な状況にあるにもかかわらずテーラー長老が金銭を求めないことに気づき,一人が歩み寄ってこう問いかけた。「テーラーさん,あなたはほかのほとんどの説教者と違います。御自分の状況や金銭について一切お話をされない。でも,病気でこちらにとどまっておられるようですから,医者代やホテル代などだいぶ物入りでしょう。友人たちとこうしたことを話しまして,ぜひお助けしたいということになりました。」 

テーラー長老はこの申し出を感謝して受け入れ,やがて費用をすべて支払って旅を続けることができた。この経験についてテーラー長老はこう語っている。「わたしは地上のいかなる王よりも主に信の頼を寄せたいと思います。」2主へのこの信頼と,福音を人々に宣べ伝える業への献身により,ジョン・テーラーはわたしたちに伝道活動をどうなすべきかを示してくれた。

ジョン・テーラーの教え

伝道活動は全人類に命と不死不滅に関する知識を提供する

わたしたちはある特定の目的のためにここにいます。この世はある特定の目的をもって組織されました。……福音はそれぞれの時代にあってある特定の目的をもって授けられてきました。そして異なった民の間で啓示され,伝えられています。わたしたちもその一般原則の中に存在します。主はかつてイスラエルの民を導かれたように,ニーファイの民をエルサレムの地から導き出されたように,あるいはほかの地へ行った10の部族やその他の人々を導かれたように,わたしたちを導かれます。このように,主はわたしたちを導いてくださっていますが,最初に行われたのは……福音を授けてくださったことでした。福音はまずジョセフ・スミスに啓示されました。そしてジョセフは全能者からの権能により,また諸天に存在する聖め いなる神権を通して授けられた命により,またほかの人に神権を授けることを可能にする権能により,神権を人々に授けていきました。授けられた人もまたほかの人々に授けていきました。こうしてわたしたちが住むいろいろな国に福音が伝えられてきたのです。 

これらの人々が福音を宣言するために出て行くときは,イエスが言われたように,「〔彼ら〕自身の考え」を行うのではなく,「〔彼ら〕をつかわされたかたの,み(むね)を」行うために出て行きました〔ヨハネ530参照〕。また,正しい原則を紹介することにより地上にあって聖なる神権を受けている人々を支援することを目的としていました。このように,彼らは国々の間に出て行き,何千,何万,何百万あかしという人々が彼らの証を聞いてきました。しかしこの業は,過去の時代にそうであったように,末日の時代も同じです。イエスは言われました。「命にいたる門は狭く,その道は細い。そして,それを見いだす者が少ない。……滅びにいたる門は大きく,その道は広い。そして,そこからはいって行く者が多い。」〔マタイ7:13-14参照〕これはあらゆる時代において,あらゆる民の間で,また福音が宣べ伝えられるあらゆる地,あらゆるときにおいてそうなのです。3

神は命と不死不滅に光を与えるために福音を回復されました。福音の知識がなければ命と不死不滅の知識はありません。なぜなら人は,授けられた知識をもってしかこれらの原則を理解できないからみすがたです。……諸天が開かれ,天の御父と御子が御姿を現してジョセフに福音の原則を啓示きれたとき,また聖なる神権が回復されて地上に神の王国である教会が確立されたとき,この時代の人々には人が受けられる祝福の中で最大の祝福が授けられました。彼らがそれを理解できれば,それが,神が人間にお授けになれる最も偉大な祝福であることが分かるのです。4

伝道活動を通して主の業に貢献するのはわたしたちの義務である

過去の時代にそうであったように,主はこの時代においても,主みこころ の御心を行い,戒めを守り,主の助言に耳を傾け,その命令を守る民を御自身のもとに集めたいと思っておられます。……ほかの時代 みことば同様この時代においても主は,主が選ばれた者を通して御言葉をお伝えになります。主は御自身の言葉を伝える者を選び,民の間に遣わされます。そして,イスラエルの長老たちが旅に出るとき,主は啓示の中でこう言われました。「行きなさい。わたしの天使たちはあなたがたに先立って行き,わたしの御霊はあなたがたとともに行くであろう。」〔教義と聖約8488参照〕そして彼らは旅に出ました。神はその言葉を守られました。当時,皆さんの多くは遠く離れた国々で命の言葉を聞きました。そしてその言葉を耳にしたとき,それを理解しました。まさにイエスの言葉にこうあります。「わたしの羊はわたしの声に聞き,わたしだと分かり,わたしについて来る。ほかの人には,ついて行かない。その人の声を知らないからである。」〔ヨハネ10:5,27参照〕皆さんは神の御霊を伴う真理の声を聞きました。それが皆さんの心の琴線に触れ,皆さんはそれに従ったのです。……

では,わたしたちが助けるために集まったのであれば,何をすればいいのでしょう。わたしたち自身の利益を求めるのでしょうか。いいえ。富を蓄えるのでしょうか。いいえ。この世の生活にあって快適なものを所有してそれに浸るのでしょうか。いいえ。そうではなく,神の御心を行い,自分自身と才能と能力と知性と影響力を可能なかぎり神のためにささげ,それによってエホバの計画を成就し,地上に平安と義を確立するのです。わたしたちの理解では,これがわたしたちの地上にいる目的です。自分の個人的な事柄に思いをはせるのではなく,神とその王国にとって益となることを行うのです。わたしたちは皆,神の偉大な末日の業に関心を抱いており,その業においてともに働く者であるべきです。5

わたしは正しい権能により長老に聖任され,この福音を宣べ伝えるために旅に出ましたoほかの長老たちもわたしと同じように文明 おもむの発達した国々に赴き,同じ教義を教え,同じ約束を授けてきました。中にはあまり学問がなく,高い教育を受けていない人たちもいました。しかし,わたしたちの長老はユニークな人々です。宣教師の中には商人もいれば代議士,鍛冶屋,れんが職人,しっくい職人,農夫,あるいは場合によっては専門的な仕事を持たない人もいます。しかし,そのすべてが同じ影響力と御霊を受けて,光と命と救いの福音を宣べ伝える宣教師として出て行くのです。彼らは永遠の命の宝を手に入れた人であり,それをほかの人々に伝える能力を備えた人です。そして,同じ約束を授けるのです。

この午後にわたしの話を聞く皆さんは,ほかの何千という人々と同様,これらの原則を聞いてきました。そしてそれらの約束を提示されてきました。福音に従うと,この同じ御霊を受け,わたしが今宣言していることが真実であることの証人となるのです。そして,福音に従うことに伴う御霊と神の力により,皆さんは福音を否定することはありません。ここに集まっている皆さんは福音を否定しないでしょう。神の律法に従い,神の戒めを守り,罪の赦しのためにバプテスマを受け,頭に手を置かれて聖霊を受けたとき,皆さんは福音を受け入れたのです。皆さんは神の前における生ける証人なのです。これはこの世には理解し得ない奥義です。……わたしたちは永遠の命についての原則を得て,永遠という目標に向かって努力しています。そして,神のシオンの建設のために働いています。そこでは義が教えられ,人々は守られ,肌の色や心情,国家を問わず,あらゆる人に自由が宣べ伝えられます。6

わたしたちの義務はすべての人に福音を宣べ伝えることです。……わたしたちはこれを人々の反対を押しのけながら行っています。わたしたちはこれを神の名により行います。……もしも人々が神よりも悪魔を愛するのであれば,そうすることで困難と悲しみ,災難,戦争,流血を自分たちの身に招くことでしょう。なぜなら,国は国に,民族は民族に対して敵対して立ち上がり,もろもろの御座が覆され,帝国は四方の風に散らされ,地上の至る所で強国がく、やがて主が来て国々に裁きを下されるからです。そしてわたしたちは,自分たちが何をしているかを知る必要があります。同時に,自分たちが偽善者ではなく神の聖徒であって,正直さと誠実さにおいて完壁であり,召しを尊んで大いなるものとし,神を敬う者であることを主張するのです。

これこそが,神がわたしたちに期待しておられることです。それから,神殿を建てることです○次は?神殿で奉仕することです。地上の国々に福音を送り届けましょう。そして民を集めましよう。次は何でしょうOもっと多くの神殿を建てることです○次は何でしよう。神殿で奉仕することです。7

宣教師は神の力と権能により永遠の真理を教える

わたしたちの福音の拡大の仕方はこの世が求める道とは異なりまのす。これらの人々の多くは,……この世の基準からすれば福音を宣べ伝える器としてはふさわしくない人です。しかし,この世の人々との大きな違いは,わたしたちはイスラエルの神の名により,神の力と知恵と英知の支えを受けて,神が告げてくださった永遠の真理の原則を宣言しているということです。それに対して世の人々は,大学で学んだことを宣言するだけなのです。

わたしたちの長老たちは弱点を抱えながら伝道に出ます。……〔彼らが〕伝道に出るときは,普通の人が受ける教育以上のものは受けていません。しかし,彼らが教えるのは言葉ではなく原則です。神の律法について知識を持った聴衆を前にすると,自分の思いを説しゅうちしん明しようとすることに非常な恐れや差恥心を抱くことがあるかもしれません。しかし,伝道に出て世界中の聴衆を前にすると,主なる神の御霊がともにいてくださいますし,主が支えて「彼らの反対者のだれもが抗弁も否定もできないような」知恵を授けてくださいましもくす〔ルカ21:15参照〕。これこそが主を信頼して出て行く主の僕に与えられた約束なのです。8

これらの若人はわたしたちと同じです。命と光と英知の御霊を受たまものけ,聖霊の賜物を授かった人々です。大いなるエホバの使いとして,の地上の国々に主の御心を宣べ伝えるために選ばれ,任命され,聖任されました。自分の名前や力ではなく,イスラエルの神の名と強さと力をもって出て行くのです。これが彼らの立場です。彼らが神に頼り,召しを尊んで大いなるものとし,真理の原則に従い,あらゆる種類の誘惑や堕落を断ち切るならば,神の力は彼らにあり,神は彼らの口を開き,この世の知者や学者を辱めさせてくださるでしょう。そして,自分と聞く人々の両方を驚かせるようなことを話すことでしょう。

これらの兄弟たちに申し上げたい。熱心に準備して使命を果たしてください。世について思い煩う必要はありません。お金のことは気にしなくてけつこうです。神にすがり,信仰に生き,召しを尊んで大いなるものとし,神の前に謙遜であってください。隠れたところで主を呼び求めてください。そうすれば,神は道を備えてくださるでしょう。9

効果的な宣教師となるには霊的な備えが必要である

しかしながら,わたしが伝道に出る人々に申し上げたいのは,聖書とモルモン書教義と聖約の書,そしてほかの標準聖典のすべてを研究すべきだということです。そうすれば,わたしたちの宗教の原則に精通することができます。わたしはまた,まだ伝道に出ないものの将来いつの日か出ることになる若人の皆さんに申し上げたいと思います。これらのことは皆さんが今考えるよりももっと重要です。わたしたちは真理によって築かれ,強められなければなりません。神の王国である教会の原則や教義,儀式に精通しておくべきです。

わたしたちは教義と聖約の害の中で,研究と信仰により隠れた宝を求めるように知恵を求めなさいと言われています。また,わたしたちが住む国,それにほかの国々の歴史や法律について知るように求められています〔教義と聖約88:78-80,118参照〕仕事をしたり,峡谷に行ったり,農場で働いたり,劇場に行ったりしているとき,若人はあまりこのようなことは考えないでしょう。しかし,伝道の業に携わるように召されたとき,多くの人はそれまで受けてきた福音の教えにもう少し注意を払っていたらよかった,また,聖書やモルモン書,教義と聖約の書にもう少し精通しておくべきだったと思うのです。lO

福音のメッセージを携えて行く人として,わたしたちが求めるのは,神への信仰を持ち,自分の宗教を信じ,神権を尊び,信仰を同じくする人々から知られ,神から信頼される人です。……また,聖霊と神の力に満たされた人です。……国々に命の言葉を携えて行く人は,信義を重んじ,高潔で,徳高く,清い人です。これは神から命じられたことであり,実行するよう努力すべきことです。11

伝道の義務を果たす信仰と勇気を持たなければならない

地上の国々に恐るべき時代が迫っています。……人の心に思い浮こうはい えきびょうかぶ出来事を超越した戦争や流血,荒廃,嘆き,悲しみ,疫病,飢饅,地震,そのほか預言者たちによって語られてきたあらゆる災難がほとんど確実に成就します。……わたしたち末日聖徒はわたしたちが置かれた立場を理解する必要があります。……

……人にとって過去には果たせた使命を果たすのが非常に難しいということが時々あります。年齢や体力,その他の状況によって困難になるのです。しかし,わたしがしばしば恥ずかしいと思うのは,今話題にしている定員会の人々が伝道に召されたときに取る行動を見るときです。この人にはこういう口実,別の人には別の口実があります。200人から300人を募るのに,現在数千人いるイスラエルの民の中からよりも20年くらい前の方が容易にできました。皆さんはこれをどう説明しますか。今の社会に見られる無関心が原因の一つになっているかもしれません。12

健康な人で,神に対してもう少し信仰を持ち,地上を襲う災害と,神が授けてくださった神権にかかわる責任について自覚できるならば,あらゆる障害を乗り越えて,こう言える人々が大勢いるはずです。「わたしはここにいます。わたしをお遣わしください○人類家族のために働きたいのですOイエスはこの地上に来られて,失われた者を尋ね出して救う業を行われました。わたしも同じ精神をもつて働きたいのです。」13

わたし自身遠い道のりを旅して福音を宣べ伝えました。財布も袋も持たず,主を信頼しての旅です。主はわたしをお見捨てになったでしょうか。決して,決してお見捨てにはなりませんでした。いつも必要なものを与えられていました。このことを思うとき,天の父なる神をほめたたえたい気持ちになります。主の業に携わっていたわたしに対して主は,わたしを支えると言ってくださいました。主はわたしの信頼にこたえてくださいました。そして,もしもわたしが主の信頼に足りないのであれば,わたしを赦して,改善できるように助けてくださることを願っています。しかし主はこれまでその言葉を忠実に守ってくださったので,食べ物や飲み物,着る物に事欠いたことはなく,行きたいと思う場所に行くための手段も必ず備えられました。l4

わたしは,教育を受けてどのようなことでも教えられると感じている人々よりも,弱さと能力のなさを感じながら召されてこの場を出て行く人々の方に大きな信頼を寄せています。なぜでしょう。入が自分に頼るとき,それは折れた葦に頼るのと同じだからです。しかし,主に頼るならば,失敗することは決してありません。……主はすべてを支配し,主の民を見守ってくださっています。これらの兄弟たちがいつまでも主に頼り続けるなら,……主の御霊が彼らに宿り,思いを照らし,その能力を増し加え,必要なときに英知と知恵を授けてくださるでしょう。彼らはこの世の知恵について憂慮するには及びません。なぜなら,この世において主がその聖徒たちに授けてくださる知恵に勝るものはないからです。これらの兄弟たちが悪より離れ,信仰に生き,戒めを守ることにより主にすがるならば,結果を恐れる必要はありません。これは,これらの兄弟だけではなくすべての聖徒たちに当てはまることなのです。l5

あわ〔宣教師は,〕本人がどう感じていようと,貴い福音の種を携えた憐れみの天使として出て行きます。そして,人々を暗闇から光へ,過ちと迷信から命と光と真理と英知へ,そしてついには神の日の栄うつわえの王国の昇栄へと導く器となるのです。

これらの兄弟たちが伝道の業に赴くとき,それは彼らにとって初めての経験となることでしょう。彼らは時代を超えて存在してきている過ちと闘わなければなりません。また,彼ら自身大きな影響を受けたと言うであろう偏見に対抗する必要があります。さらに,真理を気に留めない人やわたしたちが奉じている宗教にあまり関心を抱いていない人に福音を説き,論証しなければならないのです。しかしこれらの長老たちは,主イエス・キリストから遣わされた使いとして出て行くのです。彼らが宣言するのは,神が地上にその業を確立されたこと,神が天から語りかけられたこと,全能者の示現がわたしたちの前に開かれ,永遠の光がいと高き御方の僕に現れ,時代を通して世界を覆っていた暗闇が追い払われたことです。選ばれのたこれらのイスラエルの長老たちはこの救いの喜びのおとずれを宣べ伝えるために地上の暗い闇の国々に遣わされます。……彼らは出て行き,そして喜びながら,改宗者という貴重な束を手に戻って来いちよくることでしょう。そして,この世代の人々に警告を与える業の一翼を担えた特権に対して,イスラエルの神の名をあがめるのです。16

l. The Gospel Kingdom, G・ホーマー・グラム選(1943),238

2.BH・ロバーツ,The Life of John Taylor (1963),69-71参照

3.Deseret News: Semi-Weekly 187659日付,1,段落変更

4.Deseret News: Semi-Weekly 1881104日付,1

5.Deseret News: Semi-Weekly 187659日付,1

6.Deseret News: Semi-Weekly 1882418日付,1,段落変更

7.The Gospel Kingdom,234-235,段落変更

8.Deseret News: Semi-Weekly 1867615日付,2

9.Deseret News(週刊)1867619日付,194

10.Deseret News:Semi-Weekly"1867615日付,2.注意一この声明が出された時点で高価な真珠はまだ標準聖典に指定されていなかった。標準聖典になったのは1880年のことである。

ll. Deseret News: Semi-Weekly 1881315日付,1

12.The Gospel Kingdom,237

13.Deseret News: Semi-Weekly 1878924日付,1

14.The Gospel Kingdom,234

15.Deseret News: Semi-Weekly 1867615日付,2,段落変更

16 The Gospel Kingdom,238-239