モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

喜びを分かち合う

人生の目的について

 

戻る

 

池田まさみ兄弟のファイルの事ですが、私は、宣教師に、一冊コピーして、渡しました。渡す時「これは、教会のウェーブサイトの載っているものです。私の両親は、これを見て、『これなら、神様がどんな人か分ります。モルモン書を読めといわれても、難しい・・。でも、これなら、分りやすい。』と、言いました。「求道者の方で、これを見せたらいいと感じたら、これを見せてあげてください。」と、言って、一人の宣教師に渡しました。彼も、見ていましたが「分りやすいですね!」と、言ってくれました。

 

竹内姉妹とご両親

 9/16日、北九州の小倉に友人を訪問しました。彼女は、伊都子姉妹といって、私が東京の足立Wに集っていた時、苦しい病気の中にあっても、教会に集い、姉妹たちの集会に、来ていた姉妹です。 

彼女が、お盆で、実家に帰省したとき、ついに倒れてしまい、東京に帰れなくなりました。私は、彼女が大好きでした。彼女は、末期がんです。心臓のところに癌ができて、手術が出来ませんでした。東京大学の大学病院で、最新の治療を受けていました。 

私は、福岡神殿に行く時、必ず彼女を訪問、お見舞いに行こうと思いました。教会員がモルモン書を読むことは大切な事です。でも、彼女には、もう、読めないと思いました。・・・何が出来る? フィルモア長老から頂いた、池田兄弟のファイルの事を思い出しました。 

『これなら、簡単に、神様といっしょにいられる。彼女は、きっといつも、神様といっしょにいられる』そう思いました。忘れないように、何日も前に、カバンにファイルを入れておきました。 

9/16日、福岡Wに集った後、小倉の彼女のところに行きました。彼女は、ファイルを見て「ありがとう。本当、神様を感じる!」と、言って下さいました。 

そして、「私は、家族の改宗の事・永遠の家族になりたい、と、思っています。それだけが、今の私の願いです。これを、家族に見せます。」と、伊都子姉妹は言われました。 

彼女は、モルモン書を、何冊かに、切り分けて、その内の2冊を持ってきて、読んでいました。彼女は、やはり、どんな苦しい時でも、決して、神様を忘れない、素晴らしい姉妹でした。 

彼女は言いました。「これから、きこう治療でがんの治療をして頂きます。でも、これが、上手く行かなかった時は、末期がんの治療をする事に成ります。」 

彼女が気丈(きじょう)にも、そう言われることが、哀れでした。彼女も、私も、神様の所に帰ることを知っています。 

素晴らしい事だと、楽に成る事だと知っています。でも、悲しいのは何故でしょうね。素直に喜べないのはなぜせしょうね。 

宣教師が、このファイルを持つことはいい事ではないかと思います。一番最初に教会に来た人にこれを見てもらうのです。誰もが、自分の霊が喜ぶのを感じるはずです。 

私は仏教徒でした。初めて、宣教師に「神様は、貴女を愛しています。」と言われた時、笑みがこぼれました。凄く嬉しかった。仏教徒だから、神様は関係ないはずなのに、嬉しかった。今はわかります。その時の笑みは、私の霊が喜んだのだと・・。 

また、教会の入り口に、吊るして置くのもいいと思います。簡単に手にとって、見る事ができます。そして、神様を感じるのです。 

ファイルにある一つ一つの言葉に、意味が、あって、本当にわかりやすい言葉です。本当に、神様が、話しかけて下さっているように、感じます。大切な霊の子供であるなら、きっと、気がつくはずです。神様が引き寄せたい人であるなら、きっと、神様を感じるはずです。 

そして、パートメンバーに渡すのも、いいと思います。パート会員自信が鼓舞されるでしょうし、家族に、また、幼い子供に、話しやすいのではないでしょうか。 

夜寝る前に、子供に、絵本を見せるように神様のことを話すのです。人生の目的を話すのです。試練がなぜあるのか、親子で話せるのです。 

アイリング伝道部長からお聞きした事です。父のアイリング長老の家庭の夕べは、凄く簡単でした。題材は何でもいいのです。本を読んだり、お話しをさせたりします。そして、最後に、「神様は、(本の中で・お話の中で)どこに居られますか?神様は、どう思っていると思いますか?」と、質問されるそうです。

同じ事をあのファイルからは感じることができます。

竹内利子姉妹