モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

喜びを分かち合う

Sharing the Gospel

 

戻る

 

THE PURPOSE OF LIFE PRESENTATION

While serving our mission in Japan from July of 2005 until December 2006, our assignment was to expand and improve the Church’s official Japan Country website. www.ldschurch.jp In early 2006, we invited Brother Masami Ikeda to prepare a introductory presentation of the gospel for those first-time visitors to the website. I drafted an outline of things that could be included. I translated it into Japanese and then obtained help to make the Japanese more accurate and understandable. Our intention was that it be visually intensive with a minimum of words.  

I showed the outline to about 20 Japanese members of the Church including one of the Area Seventies. I received feedback and suggestions from most of them. I gathered these together and stacked them on Brother Ikeda’s desk. Then I began to fast and pray for him. I also put his name on the prayer roll in the temple.   

Inspired by the Lord, Brother Ikeda came up with the presentation entitled, The Purpose of Life, which is now on the Japan Church website. This presentation can be found at  http://www.ldschurch.jp/PurposeofLife.htm. This beautiful presentation exceeded my expectations. Though some of the ideas in the outline were included, I know the Holy Ghost blessed Brother Ikeda beyond measure. Here is the text in both the original Japanese along with my English translation. We pray it will be widely used by members of the Church to introduce and share the Gospel with their friends and relatives. If you wish to do so, please print this out and use it to follow along as you move through the pages of The Purpose of Life presentation.  

Wade W. Fillmore

 

この世に生まれる前に

Before being born into this world

 

「地上に生まれる前に、

わたしはどこにいたのだろう・・・、」

誰もが一度は考えます。

あなたの命は誕生の日から始まったのではなく、

死んだら終わるものでもありません。

Before being born on the earth, where was I? Everyone has wondered about this at least once.

Your life did not begin on the day of your birth, nor will it end when you die.

 

人生の目的

The Purpose of Life

なんだろう

What is it?

いくつかの素敵な目的があります。

まずは、

There are many wonderful purposes,

First,

 

ふんわり

Soft

あったか

Warm

じぶんのほっぺにふれてください。あたたかくてやわらかいですね。指先に感じるあなたの体。

いろいろなことのできる肉体。これはこの世に来ないともらえません。

体をえることは、ひとつの目的なのです。

Touch your cheeks. Warm and soft, right? Your body you can feel with your fingertips, your physical body can do so many things. You can’t get one unless you come to this world.

Getting a body, this is one purpose (of life).

 

学ぶこと

To learn

ふたつめは、そう、学ぶことです。

Second, that΄s right, to learn.

 

経験からまなぶ

To learn from our experiences

 

人生は出来事の連続。

それらの経験から学びます

Life is a succession of happenings. We learn from these experiences.

子供のときのできごとは一生忘れないし、

大人になってからも、いろんな経験をしますね。

What happened to us as children we never forget. As adults too, we have a variety of experiences, don’t we.

 

良いけいけん

Good experiences

出来事が起こるのを待つだけでなく、

よい経験を自分から求めることもできます。

Not just waiting for things to happen, but on our own, we can seek good experiences.

誰かのために何かをしてあげる。それはすてきな勉強ですね。

Doing something for someone else. That is a great experience, isn’t it?

 

家族

Family

また、

家族の中に生まれ、家族の一員となること。

Also,

Being born into a family, becoming a family member.

当たり前のようですが、

これも欠かせない経験です。

Well, of course, but this is an essential experience.

 

家族とともに

With our families

愛し合ったり、うまくいかなかったり、仲直りしたり。

Loving each other, when things go wrong, making them right.

家庭を営むのは人生の大事な経験となります。

Managing a home is one of life’s most important experiences.

 

地上 =  学校

Earth = School

つまり、

One could say,

地上の人生は、学校といえます。

Earth life is a school.

 

天へ

To Heaven

最後に、これはキリスト教的なことですが、

Finally, and this is a Christian idea,

 

天へ、帰る

To Heaven, Returning

天の神様のもとに帰る、という目的があります。

地上での生活を終えて、神様のもとに帰る。

There is the purpose of returning to the presence of God in Heaven.

 

「え、行くんじゃなくて、帰るのですか?」

と思うかもしれませんね。

“What! Not going to heaven, but returning to heaven?” You may be wondering.

 

生まれてくる前

Before we were born on earth

人は、生まれてくる前も、人でした。

あなたは、生まれる前も、あなたでした。

Each of us before being born on earth was a an individual person.

わたしたちは「天」と呼ばれる場所にいました。

We lived in a place called, “Heaven.”

 

神様

God

そこでわたしたちは、

「神様」という方と一緒にいました。

There we lived with the being called “God.”

すごく優しい方です。

He is a very affectionate person.

 

Love

 

神様は、わたしたちを深く愛しています。

God loves us deeply.

 

この地球にさまざま美しいものがあるのは、神様が人を愛しているからです。

The reason why we have so many beautiful things on the earth is because God loves people.

 

人のために

For People

神様は、人の成長のために、計画を作られました。

For the growth of people, God made a plan.

 

それは地上という学校を作り、

人がつかのま天を離れ、肉体を得て、

地上で学ぶことでした。

The plan was to make a school called earth, with a brief separation from heaven, to obtain a body and to learn upon the earth.

 

経験をつんだら

Having had many experiences

人は天から地上に生まれ、

経験をつみ、やがて人生を終えます。

From Heaven, born upon the earth, we have experiences, and finally life ends.

だから、地上を離れるとき、

帰る、と言うのですね。

That is why, when we leave earth, we return.

 

死、それは

Death, it is just

通過点です

a transition point.

人生は、死によって終わるように見えます。

It appears that life ends at death,

ですが、神様の計画では、

死はひとつの通過点にすぎません。

終わりではなく、

一歩前に進むことでさえあります。

However, in God’s plan,

death is nothing more than a transition point.

It is not the end, it is also a step forward.

 

人生が終わったら

When life ends,

死の後も、人は人であり、あなたは、あなたです。変ることはありません。

After death also, people are people, you are yourself. You will not change.

 

終わりません

It is not the end.

たとえば肉体が灰になっても、

命は終わりではありません。

次のステップと、前進します。

Even though our body becomes ashes,

life does not end. We take the next step forward.

死後、わたしたちは自分の人生を振り返り、

自分がどのような人間だったか考えるでしょう。

After death, we will look back on our lives and think about what kind of person we were on earth.

 

神様に伝える

Reporting to God

 

そして自分がどれだけ成長したか、

神様にお伝えすることになります。

We will be reporting to God on how much we have grown from our experience on earth.

 

NOTE: THE NEXT FIVE PAGES IN THE PRESENTATION ARE A VISUAL INTERLUDE WITH NO TEXT.

 

神様

God

 

人の力ではどうすることもできない苦難に遭うとき、

多くの人が

自然に祈りますね。

When people have difficulties they cannot overcome with their own power, many naturally pray, don’t they?

祈りを聴いてくださる神様がいたら、

すばらしいことです。

If there is God to hear those prayers, what a wonderful thing.

 

祈り

Prayer

神様は祈りを聴いてくださるでしょうか。

祈りに答えてくださるでしょうか。

Does God listen to our prayers? Does he answer our prayers?

どうすればわかるでしょう。

How can we know?

 

静かな森の中

In a quiet grove

今から180年ほど前、アメリカの14歳の少年が、ひとり、誰もいない早春の森の中で神に祈りました。

Some 180 years ago, in the early springtime, a 14-year-old American boy, alone, prayed to God in a grove of trees.

 

神様に尋ねたいことがあったのです。

He had something to ask God.

 

きっと

Certainly

少年は、

「神様はきっと祈りに答えてくださる」

と信じました。

The boy believed “God would certainly answer his prayer.”

 

Light

 

少年が祈っていると、

As the boy prayed

天から光の柱が降りてきて、

A pillar of light came down from Heaven

その中に神様とイエス・キリストがおられました。

In the light were God and Jesus Christ.

 

神は祈りを

God responds to prayer

少年は、神とイエス・キリストが

祈りを聴いてくださることを知ったのです。

The boy knew that God and Jesus Christ had heard his prayer.

神様はやさしいので、

心から祈る人にお答えになるのです。

Because he is gracious, God responds to prayers from the heart.

 

たくさんの人が

Many people

心を込めて祈った数多くの人が、神様がおられることを確信しました。

Numerous people who have prayed with all their hearts are convinced that God lives.

惜しみなく、

      すべての人に

Liberally to all men

聖書には、こうあります。

…..惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。」

(新約聖書ヤコブの手紙1章5節)

In the Bible,

“….let him ask of God that giveth to all men liberally.”

New Testament, Epistle of James 1:5

 

万物が語る

All things speak

「モルモン書」という聖典には、

自然界のものすべてが、

神がおられるしるしだと書いてあります。

「まことに万物は

神がましますことを示している。----

The Book of Mormon states that everything in the natural world is evidence there is a God.

“..all things denote there is a God…”

 

神様が創られたもの

Things created by God

----まことに大地も大地にある万物も、大地の運動も、

また各々整然と運行としているすべての惑星も、そのすべてが----創造主がましますことを証している、」(アルマ書30章44節)

“yea, even the earth, and all things that are on the face of it, yea, and its motion, yea, and also all the planets that move in their regular form do witness that there is a Supreme Creator.” (Alma 30:44)

 

神様とは?

What about God?

 

「神様とわたしは、どんなつながりがあるのですか?」と思われるかもしれません。

神様はどんな方で、

わたしたちとどんな関係があるのでしょうか。

Have you wondered, “What is the connection between me and God?”

What kind of a being is God and what is relationship to us?

 

天の父

Heavenly Father

神様は、あなたの霊のお父さんです。

God is the father of your spirit.

人は神の子

People are the children of God

地上に生まれる前、

わたしたちは「天」と呼ぶ場所にいました。

天で神様は、わたしたちを御作りになりました。神様はわたしたちの霊の父親なのです。

Before we were born on this earth, we lived in a place called “Heaven.”

In heaven, God created us. He is the father of our spirits.

 

父親の愛

Father’s Love

ですから、神様は、

わたしたちをだれよりも愛しておられます。

もしあなたが地上で悲しみの涙を流したら、神様はあなたに手を差し伸べたいと強く願うでしょう。

Therefore, God loves us above all else.

If you are shedding tears from sadness, God strongly desires to reach out his hands to you.

 

わたしたちを

God knows

よく知っています。

us well

わたしたち一人一人の名前を、

ご存知です。

He knows each of our names.

 

わたしたちの

Our

夢も

dreams, also

 

一人一人の夢や望み、悩み、悲しんでいることもご存知で、

わたしたちを愛し、助けたいと願っています。

He knows our dreams, our hopes, our difficulties and our sadness,

He loves us and yearns to help us.

 

卒業

Graduation

神様は

わたしたちが立派に地上での勉強を終え、

成長をとげるのを期待しておられます。

God

expects us to finish our earthly studies successfully and to grow significantly (in so doing).

 

帰る

Return

人は正しい人生を歩むとき、

神様のもとに帰るのです。

Those who complete an upright life will return to God’s presence.

 

どうぞおいでください

Please come and join us.

神様がなぜ人のために計画を作られたのか、

人生を終えたらどのようなことが待っているのか

 

Why did God make the plan for us?

After this life, what is waiting for us? 

もっと詳しくお知りになりたい方は、

こちらにお問い合わせください。

お問い合わせによって責務が生じることはありません。

ご安心のうえ、お気軽にご連絡ください。

 If you would like to know more, please contact us below. You will not have any obligation if you contact us. Please don’t worry and contact us with a trusting heart.