モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

喜びを分かち合う

Sharing the Gospel

 

戻る

 

主が支えて下さる The Lord Will Sustain You

何年も前になくなったある友人から次のような話をきいたことがあります。彼が17歳で宣教師をとしていた時の話です。彼は同僚と一軒の小さな家の前で止めました。その日は彼のい伝道生活の初日で、その家は宣教師として訪問する最初の家でした。しらが混じりの夫入が網戸越しに,何の用かと尋ねてきました。同僚がそっとひじでつついて,彼に話をさせようとしました。彼はどぎまぎして,何を言っていいのか見当がうきませんでした。そしてだし抜けに,「神がかつて人のごとくあられたように,人も神のごとくになることができます」と言ったのです。

奇妙なことに,相手の女性は興味を示し,その言葉がどこに書いてあるかと尋ねてきました。彼が「聖書の中です」と答えると,彼女はちょっと戸口を離れ,聖書を持って戻ってきました。彼女は自分はある教会の牧師であると告げ,彼にその聖書を渡して言いました。「それでは,どこにあるのか,場所を教えて下さい。」 

彼はそわそわしながら,あちこちぺ一ジをめくりました。しかし最後にはそれを彼女に戻し,こう言いました。「見つけることができません。聖書の中にあるのかどうかも不確かです。あったとしても,見つけられないと思います。私はユタ州のキャッシュバレーの貧しい農民の子供で,あまり教育も受けていません。でも私の家族は皆,イエス・キリストの福音を実践して夕球す。福音は私たち家族にたくさんの祝福を注いでくれました。2年間自費で伝道し,自分の思っていることを人々に伝えようと決心したのもそのためです。」 

彼女はその後,ドアを開けて,「どうぞお入りなさい。あなたが伝えたいということを聞かせていただくわ」と言いました。その時のことを語った彼は,それから半世紀も経っているというのに,涙を止めることができないほどでした。

このみ業には偉大な力があります。みたまの助けを受けた教会員は,このみ業に働くことができるのです。「主のともしび」ボイド・K・パッカー聖徒の道1983年10月号、35

Years ago a friend, who long since is gone, told this experience. He was seventeen-years-old and with his companion stopped at a cottage in the southern states. It was his first day in the mission field and was his first door. A gray-haired woman stood inside the screen and asked what they wanted. His companion nudged him to proceed. Frightened and somewhat tongue-tied, he finally blurted out, “As man is God once was, and as God is man may become.”

Strangely enough, she was interested and asked where he got that. He answered, “It’s in the Bible.” She left the door for a moment, returned with her Bible. Commenting that she was a minister of a congregation, she handed it to him and said, “Here, show me.”

He took the Bible and nervously thumbed back and forth through it. Finally he handed it back saying, “Here, I can’t find it. I’m not even sure that it’s in there, and even if it is, I couldn’t find it. I’m just a poor farm boy from out in Cache Valley in Utah. I haven’t had much training. But I come from a family where we live the gospel of Jesus Christ. And it’s done so much for our family that I’ve accepted a call to come on a mission for two years, at my own expense, to tell people how I feel about it.”

After half a century, he could not hold back the tears as he told me how she pushed open the door and said, “Come in, my boy, I’d like to hear what you have to say.”

There is great power in this work, and the ordinary member of the Church, sustained by the Spirit, can do the work of the Lord. Boyd K. Packer, “The Candle of the Lord,” Ensign, Jan 1983, 51