モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

びを分かち合う

Sharing the Joy

 

戻る

天の御父の計画 (新しいlds.org ウェブサイトより)

わたしたちの永遠の命

わたしたちの多くは,変わらないもの,永続するものを求めて生きています。年を取らない方法や,有名になる方法,金持ちになる方法を探し求めています。しかし結局,現世の生涯は短く,はかないことを悟ります。友人も家族も年老いて死んでいきます。有名になっても忘れ去られるのは早く,一挙に築いた富は失われるのも早いのです。 

わたしたちの望みと幸せは,自分は何者なのか,どこから来てどこに行くことができるのかを知ることにあります。わたしたちは永遠の存在です。永遠の神の霊の子供なのです。人生は前世(地上に来る前),現世(この地上で過ごす期間),死後の世界(死んでから行くところ)の三幕の劇にたとえることができます。神はこの劇の第一幕の初めから,わたしたちの人生のための計画を持っておられました。この計画に従うことによって人はこの世で慰めと導きを受け,来世では救いと永遠の幸福を得ることができるのです。

これからお伝えする事柄を理解すれば,この世でも永遠の世でもさらに幸せになることができます。

神はわたしたちの御父であられる

神はおられる

夜空を見上げると,果てしない宇宙が見えます。何百万もの星や惑星が,すべて完全な秩序に従って運行しています。これは偶然の産物ではありません。神が作られたものは天にも地にも見られます。美しい植物,様々な動物,山や川,雨や雪を降らせる雲。これらはすべて神がおられることをわたしたちに証しています。昔の預言者はこう書いています。「万物は​神が​まします​こと​を​示して​いる。まことに,大地も,大地の​面に​ある​万物も,大地の​運動も,また​各々整然と運行して​いる​すべて​の​​惑星も,それら​の​すべて​が​至高全権の​創造主が​まします​こと​を​証して​いる。」

現代の預言者は次のように言っています。「わたしたちが住むこの世界が計画されたものならば,計画を立てた方がおられるはずです。この宇宙にある数多くの驚異を目撃しながら,全人類のための計画があることを信じない人がいるでしょうか。計画を立てられた御方の存在を疑うことのできる人がいるでしょうか。」

神は宇宙の統治者であられる

神は宇宙を統治される全能の御方です。神は月や星,太陽をお造りになりました。

世界を組織してそれに形と動き,命をお与えになりました。大気中も水中も生物で満たされました。丘や平野にあらゆる動物を置かれました。昼と夜,夏と冬,蒔き時と刈り入れ時とをお与えになりました。

神はわたしたちが信じ,礼拝する至高の御方です。何でもおできになり,すべてを御存じです。そして,愛と憐れみ,慈愛,思いやりに満ちておられます。神は,わたしたちが幸せになるための計画を立ててくださった御方なのです。

神は天の御父であられる

神は万物の創造主であられながら,わたしたちとは特別な関係にあります。この点で人はほかのあらゆる創造物と異なります。人は神の霊の子供なのです。文字通り神の息子,娘です。神はわたしたちを御自分の形にお造りになりました。

 (わたしたちは神がどのような御方か,どのような姿形をしておられるか,わたしたちとどのような関係にあるのかを知ることができます。)

人は神のみもとにいた

命とともに地図も与えられたらすばらしいとは思いませんか。どこから来てどこに行くことになるかが分かる地図です。

ありがたいことに,人生には地図があるのです。天の御父はわたしたちのための計画を持っていて,人はどこから来たのか,どこに行くべきなのかを知らせようとしておられます。

わたしたちは生まれる前,霊の状態で神とともに天にいました。霊の兄弟姉妹も一緒でした。霊の兄弟姉妹とは,これまで地上に生まれたすべての人,これから生まれるであろうすべての人を指し,イエス・キリストもその中のお一人です。この「前世」で,わたしたちは皆,神の属性と神聖な行く末を持つ個々の存在でした。神はすべての人に選択の自由という賜物,つまり,自分で選択する権利をお与えになりました。神がわたしたちの霊の父なので,わたしたちは神を天の御父と呼びます。

(わたしたちは皆神の霊の子供だということが分かると,自分やほかの人に対する見方が変わります。)

地上での生活は神の計画の一部である

あなたの周りにいる人は皆,天の御父であられる神の息子,娘です。神はわたしたちの霊の父です。地上に来ることは,わたしたちのために神がお立てになった幸福の計画の一部です。わたしたちは地上で神の形に似せて作られた肉体を授かり,知恵と知識をさらに増し加えることができます。

御霊がわたしたちを導く,と神は約束された

わたしたちは生まれたときに前世のことを忘れます。これは,神に関する記憶によってではなく信仰によって生きなければならないことを意味します。人生を立派に生き抜けるよう,神は御霊によってわたしたちを導き,力づけると約束してくださいました。御霊が与えるおだやかな安らぎの気持ちを感じる度に,わたしたちは神が自分を愛し,心にかけておられることを知るのです。

地上にいる間,わたしたちは選び,善悪を区別します。良いことを選べば幸せになり,天の御父に似た者となります。神はわたしたちを愛し,神の計画に従って祝福を受けてほしいと思っておられますから,御自分と交わる方法を与えてくださいました。祈りは,天の御父と交わるための重要な手段です。まごころから神に話しかけるならば,神は御霊によってこたえ,事の大小を問わず,問題を乗り越えられるよう助けてくださいます。

聖文を読むことや,神の計画を教えるために神から選ばれた預言者の言葉に耳を傾けることなど,神と交わる方法はほかにもあります。

神の計画に従う

人生は誕生で始まるのでも,死で終わるのでもありません。神はわたしたちを心にかけておられるので,自分はどこから来たのか,どのような存在なのか,何を目指して努力すればよいのか分からずに人生で迷ってしまうことがないようにしてくださいました。

人生には目的があります。わたしたちが神のみもとに帰ってともに住めるように,天の御父がわたしたちの従うべき計画をお作りになったからです。それは救いの計画または幸福の計画と呼ばれ,進むべき道を示す地図のようなものです。

神の導きに従うならば目的地にたどり着くことができます。この計画に従う人には「不死不滅と永遠の命」,つまり,神と家族とともに天にいつまでも永遠に住めることが約束されています。これは,神がすべての人に望んでおられることです。わたしたちのために神がお立てになった計画は分かりやすいものですが,生涯にわたってそれに従わなければなりません。聖文を読んだり教会に行ったり,祈ったり,人に奉仕したりといった簡単なことをすることによって,幸福の計画に従うことは容易になります。イエス・キリストは,神の計画に従うことにおいて完全な模範でした。キリストのような者となるには信仰と努力が必要ですが,今と永遠にわたる祝福がかかっているのですから,行う価値があります。

    (わたしたちは祈りを通して天の御父と個人的な交わりを持つことができます。)

イエス・キリストは道である

神は何よりも,この現世の生涯を正しく歩めるようわたしたちを導き,来世では永遠の命という祝福を与えたいと望んでおられます。このための助けを与えるべく神は御霊を送ってくださいます。しかし,聖文に記されているように,わたしたちに罪があると御霊はとどまることができません。正しい生き方をしようとどんなに頑張っても,人は皆罪を犯します。その結果,神から離れてしまうのです。

罪によって神から離れてしまうことを霊の死と言います。天の御父であられる神から離れると,深い孤独感に襲われます。不完全なわたしたちが霊の死を克服して,常に神の御霊を受けられるようになるためには,どうすればよいのでしょうか。

神は救い主を与えてくださった

天の御父は前世で御子イエス・キリストを選び,わたしたちの救い主としてこの世に送ることにされました。

(天の御父は御子イエス・キリストを送ってわたしたちの救い主とし,キリストを通して神の計画に従う方法を示されました。)

イエス・キリストを信じてその教えに従い,犯した罪を悔い改めるならば,キリストの贖いの犠牲によって罪は洗い流され,神のみもとに戻るにふさわしい者となることができます。キリストの犠牲と復活によって,肉体の死も克服できるようになりました。すべての人はこの世を去った後にキリストのように復活して完全な肉体を授かり,永遠に生きるようになるのです。

人は自分の分を果たさなければならない

この世での行いにかかわらず,すべての人は肉体の死を克服して復活します。しかし,霊の死を克服するために,人は自分の分を果たさなければなりません。

罪の赦しを受けるためには,生涯にわたって悔い改め,イエス・キリストを信じる信仰を育てていく必要があります。バプテスマを受けたとしても,イエス・キリストを信じると公言したとしても,それだけで救われるわけではありません。行いが伴う必要があります。そして行いによって天に戻る準備ができるだけでなく,この世においても祝福を受けるのです。

イエス・キリストの教えに従って生活するならば,わたしたちの家族はさらに幸せになり,人間関係もさらに良くなり,つらいときでも心に平安が宿るようになります。

イエスはわたしたちの友

イエス・キリストの福音はわたしたちに希望を与えます。キリストを通して,またキリストによってのみ,わたしたちは天の御父が与えようとしておられるすべてのものを授かることができます。キリストはわたしたちの救い主であり,わたしたちの友であられます。わたしたちの教師であり,完全な模範なのです。イエス・キリストに近く生活すればするほど,人生の問題により良く対処できるようになります。

            (イエス・キリストのおかげで,わたしたちは罪の赦しを受けることができます。)

幸せは見つかる

わたしたちはともすると,新しい車や昇進,美しい外見への変身,名声が人を幸せにすると考えてしまいがちです。このようなものは人を一時的に幸せな気持ちにします。しかし,決して長くは続きません。富や権力,美貌,名声はどんなに望んでも永続する幸せをもたらすことはないのです。

真の幸福

真の幸福は,キリストの模範に従い,従順や善良さ,正直,感謝の気持ち,謙遜さ,愛,慈愛,赦しといったキリストのような特性をはぐくむことによって得られます。人に奉仕し,イエス・キリストに従えるよう人を助けることによって得られます。人間の肉体的な欲望を抑え,御霊のささやきに従うことによって得られます。勤勉に働いて健康的な生活を送り,友人や家族を持ち,個人的な成功を収めることによって得られます。

(わたしたちのために神が作られた計画に従うことこそが,幸福を見しだし,人生の苦難に立ち向かうためのいちばん確実な方法です。)

この世で何をするか,何を持っていないかに関係なく,最も深く永続する幸せは,神の計画を知り,それに従うことによって得られます。あるいにしえの預言者はこのことを次のように説明しています。

あなたがたは,神戒め守る祝福された​​幸福状態ついて考えてほしい。見よ,これら物質的霊的も,すべてことついて祝福受ける。そして,もし最後まで​​忠実あり続けるならば,彼ら​​迎えられ,決して終わりない幸福状態ともに住めるある。」

(助けの必要な人に奉仕することによって,幸せを見いだすことができます。)

再び神とともに住めるようになる

成長し,学び,試されるためにわたしたちはこの世にやって来ました。こう言うとものすごくつらいように聞こえるかもしれませんが,この地上でも喜びをたくさん見いだせることを理解するのは難しいことではありません。天の御父の計画の偉大なところは,新しいことを学ぶ喜びと満足感,それに家庭の中ではぐくんだ愛はすべて,来世にまで持って行けるということです。

(人生は死で終りを告げるわけではありません。来世がどのようなものになるかは,現世をどう生きるかによって決まります。)

家族のきずなと同様,この世で得た知識も死後の世界に持って行くことができます。天国とは,絵画などに描かれることがあるような,雲の上に座って神の御顔をいつまでも見ているような場所ではありません。そこでは成長し,自分の可能性を試す機会がさらにたくさん与えられるのです。こうしたすばらしい祝福にあずかれるかどうかは,この現世での忠実さにかかっています。そのためにわたしたちは,生涯にわたって神の戒めを守るよう努力するのです。

人の霊は永遠である

神がわたしたちのための計画をお持ちだということを知ると心が安らぎます。わたしたちは生まれる前から神のみもとにいましたし,自分で選べは,永遠にわたって神のみもとにいることができるのです。地上で生活することは,神の計画に欠かすことができません。死についても同様です。愛する人が亡くなるのはいつでも悲しいことです。しかし,霊は確かに生き続けます。

死後の世界

肉体が死んでも,霊は生き続けます。神の計画を受け入れ,それに従って人生を送った人は,そうでなかった人を訪れて神の計画を教え,それに従うチャンスを与えます。

その後,すべての人の霊は完全な肉体と再び結合し,もう二度と死ぬことがなくなります。わたしたちは自分が行った業に応じて裁かれ,報いを受けます。そして,神の計画に従った人は天で神とともに住むのです。

(愛する人を亡くしても,慰めと平安を見いだすことができます。)