モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

喜びを分かち合う

私が今よりももっと頻繁に、恐れることなく、喜びをもって福音を分かち合わうことができないか考えていたとき

When I asked myself why.....

 

戻る

 

When I asked myself why I don’t share the Gospel more readily, more gladly with less fear, I came across this scripture in Helaman 5 in the Book of Mormon. Verse 30 indicates that a voice of perfect mildness spoke to the frightened Lamanites. Verse 29 tells us the words spoken were, *Repent ye! Repent ye!” How could a voice say these words with perfect mildness?

私が今よりももっと頻繁に、恐れることなく、喜びをもって福音を分かち合わうことができないか考えていたとき、モルモン書のヒラマン第5章の聖句を思い出しました。30節には、 レーマン人が“まったく優しい静かな声”に怯えを抱いたことが書かれています。29節でそのときに使われた言葉が、「悔い改めよ、悔い改めよ」であったことが記されています。これらの言葉は、いったいどのようにすると“まったく優しい静かな声”で語ることができるのでしょうか?

Helaman 5:

28 And it came to pass that they were overshadowed with a cloud of darkness, and an awful solemn fear came upon them.

29 And it came to pass that there came a voice as if it were above the cloud of darkness, saying: Repent ye, repent ye, and seek no more to destroy my servants whom I have sent unto you to declare good tidings.

30 And it came to pass when they heard this voice, and beheld that it was not a voice of thunder, neither was it a voice of a great tumultuous noise, but behold, it was a still voice of perfect mildness, as if it had been a whisper, and it did pierce even to the very soul—

ヒーラマン5章

28 そして彼らは、暗黒の雲に覆われ、非常な恐怖に襲われた。

29 そして、その暗黒の雲の上の方から聞こえるかのように、一つの声があって言った。「悔い改めよ、悔い改めよ。よきおとずれを告げ知らせるためにあなたがたのもとに遣わした僕たちを、二度と滅ぼそうとしてはならない。」

30 さて、彼らはこの声を聞いたが、それは雷のような声ではなく、大きな騒々しい音でもなく、まるでささやきのような、まったく優しい静かな声であり、それでいて心の底までも貫いた。

The answer comes in the tone of voice in which the words are expressed. I think the tone of the words conveyed the great love of the Savior for these people. They were words of pleading instead of condemnation. I realized these words could be spoken only by someone who was full of love for those to whom the words were intended. The Savior could speak these words. It was also clear to me that I couldn’t speak those words with perfect mildness unless I had some of that love. I wondered how I could get that love.

その答えは、言葉を表現する声の音調にありました。私は、その声の音調によって救い主の偉大な愛がその人々に伝わったのだと思います。それは、非難ではなく嘆願の言葉でした。私は、このような言葉は、向けられた人たちに対して愛を持つお方のみにより使われることができたのだと実感しました。救い主だけがそのような言葉を語ることができたのです。またそれほどの愛がない限りは、“まったく優しい静かな声”をもって話すことはできないことが明確になりました。そこで私はどうすればそのような愛を持つことができるかを考えてみました。

I then remembered reading in Moroni 7:48 about “with this love, which he hath bestowed upon all who are true followers of his Son, Jesus Christ.” If this love is a gift to all who are true followers of the God’s son, Jesus Christ, I wondered what it means to be a true follower of Jesus Christ.

そして私はモロナイ748節で「御子イエス・キリストに真に従う者すべてに授けられたこの愛」について読んだことを思い出しました。もしこの愛が真に神の御子キリストに従うすべての人への賜物であるなら、イエス・キリストに真に従う者となるとはどういうことかを考えました。

Moroni 7:

47 But charity is the pure love of Christ, and it endureth forever; and whoso is found possessed of it at the last day, it shall be well with him.

48 Wherefore, my beloved brethren, pray unto the Father with all the energy of heart, that ye may be filled with this love, which he hath bestowed upon all who are true followers of his Son, Jesus Christ; that ye may become the sons of God; that when he shall appear we shall be like him, for we shall see him as he is; that we may have this hope; that we may be purified even as he is pure.  Amen.

モロナイ7章

47 しかし,この慈愛はキリストの純粋な愛であって,とこしえに続く。そして,終わりの日にこの慈愛を持っていると認められる人は,幸いである。

48 したがって,わたしの愛する同胞よ,あなたがたは,御父が御子イエス・キリストに真に従う者すべてに授けられたこの愛で満たされるように,また神の子となれるように,熱意を込めて御父に祈りなさい。また,御子が御自身を現されるときに,わたしたちはありのままの御姿の御子にまみえるので,御子に似た者となれるように,またわたしたちがこの希望を持てるように,さらにわたしたちが清められて清い御子と同じようになれるよう,熱意を込めて御父に祈りなさい。アーメン。」

The thought that then came to me was this, “You must follow Jesus Christ in the same way that He follows, God the Father.” I turned to Moses 4:2 and read the first words we have recorded in the scriptures that were spoken by the Son as quoted by the Father “Father, thy will be done and the glory by thine forever.”  

そのときに頭に浮かんだのは、「あなたは、イエス・キリストが父なる神に従うのと同じように、イエスに従わなければならない」という言葉でした。私はモーセの書42節で聖典で最初に引用された御子が御父について語る「父よ、御心がなされあなた様の栄光が永遠に続きますように」という言葉を読みました。

Moses 4:

1…….That Satan, whom thou hast commanded in the name of mine Only Begotten, is the same which was from the beginning, and he came before me, saying—Behold, here am I, send me, I will be thy son, and I will redeem all mankind, that one soul shall not be lost, and surely I will do it; wherefore give me thine honor.

2 But, behold, my Beloved Son, which was my Beloved and Chosen from the beginning, said unto me—Father, thy will be done, and the glory be thine forever.

……「あなたがわたしの独り子の名によって命じたあのサタンは,初めからいた者である。彼はわたしの前に来て言った。『御覧ください。わたしがここにいます。わたしをお遣わしください。わたしはあなたの子となりましょう。そして,わたしは全人類を贖って,一人も失われないようにしましょう。必ずわたしはそうします。ですから,わたしにあなたの誉れを与えてください。」

2しかし見よ,初めからわたしが愛し選んだ者であるわたしの愛する子は,わたしに,『父よ,あなたの御心が行われ,栄光はとこしえにあなたのものでありますように』と言った。

Next I remembered the words from Matthew 27:50 which give the last recorded words we have from Christ on the cross, Father, it is finished, they will is done.

そして次に私が思い出したのは、マタイ書275節に書かれている「父よ、すべてが終わりました」というキリストが十字架の上で語った最後の言葉です。

Matthew 27:50 Jesus, when he had cried again with a loud voice saying, Father, it is finished, they will is done*, yielded up the ghost.

50イエスはもう一度大声で次のように叫んで、ついに息をひきとられた。「父よ、すべてが終りました。あなたの御心はなされました。」

Christ had no personal agenda except to do the will of the Father. When I am willing to submit my will to Christ in the way He submits His to the Father, I will be filled with that love that will enable me to share the Gospel a voice of perfect mildness, with no fear.

キリストには父の御心をおこなうという望みしかありませんでした。私がキリストが御父に対しておこなったように自分の志しをキリストに向けるとき、心は愛で満たされ、恐れることなく“まったく優しい静かな声”をもって福音を分かち合うことができるのです。

*See JST footnote to Matthew 27:50.

JSTのマタイ書2750節の脚注参照

I am striving to be a true follower of Jesus Christ so that I might receive that gift of love promised. Already this has made a difference in my ability to share the Gospel, but I have much further to go. I feel grateful for the Lord’s patience and encouragement to me.

私は心から真のイエス・キリストの使徒となり、約束された愛の賜物を授かることができるように努力しています。このことは、すでに私が福音を分かち合う力の助けとなっていますが、まだまだ十分ではありません。主の忍耐と励ましに心から感謝していますWWF