モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

喜びを分かち合う

アイリング長老の言葉

 

戻る

 

使徒のアイリング長老は1998年に、日本に来られたとき、宣教師訓練センターで、次のように話されました。


「わたしには、主が日本において、教会を劇的な方法でお建てになり、発展へと導かれるという証があります。日本には長い年月の間、同じような状態にとどまっているかのように見えました。しかし実際には、主は基をお据えになったのです。そして、その基から奇跡は起こるのです。その奇跡は、日本の教会員の心に大きな変化が生じると言う形で起こります。それは今始まったばかりなので目に見えないかもしれません。しかし、日本の教会員が職場の同僚や近所の人たちに教会について話すことを特権だと考える日がやって来ます。皆さんの子供たちはあなたが今見ている日本とは違う日本で生きることになります。なぜなら教会が驚くべき発展を遂げ始めるからです。教会は傑出した存在となり、人々は教会について知りたいと思うようになります。彼らは興味を持ち、やって来ます。皆さんの子供たちはイエス
・キリストについて証することを恥ずかしく感じることのない学校や地域社会で育ちます。彼らは自分たちが末日聖徒であることを、いっしょに学校に行く友達や、また先生にさえ喜んで伝えるでしょう。彼らは恐れません。すべての人が教会に入るわけではありませんが、多くの人々が教会員になるでしょう。あなたたちはその始まりを見ているにすぎません。その奇跡の幾分かを、ここにいるすばらしい宣教師に続く次の世代の人々は見ることになります。しかしそれは今始まります。それはこれまでの日本における教会のイメージを、主が変えてくださることによって果たされます。日本の教会員が教会に属していることを、また宣教師から福音を学ぶように人々に勧めることを喜びとする日が来ます。」


「主が、教会外の人々の心を変え、教会に対して尊敬の念を抱くようにされたとしても、それによって宣教師に友達を紹介したいと思わなければ、また周りの人々が主の教えに耳を傾けるよう、福音が真実であることを行いで示さなければ、主の業は減速してしまいます。
」(教会機関紙「リアホナ」より引用)