モルモン

とは?

What of the

Mormons?

びを分かち合う

Sharing the Joy

毎日の会員伝道がもたらす力より

 

戻る

毎日の会員伝道がもたらす力よりの抜粋、46

科学と学術と宗教

宗教について議論する際に最も偏狭な風潮が見受けられるのは,科学者と学者の中です。わたしの経験では,彼らは,あらゆる人の中で最も公平で偏見のない人物のように自分を装いながら,多くの学者は実際にはとても偏見に満ちていて,真理に対して心を閉ざしています。多くの人々は,次のようなことを信じるように脅されているのです。つまり,わたし達の中の最も博学な人々の中に宗教を過小評価する人がいるため,学問と宗教は相容れない,つまりその二つを同じ会話に持ち込むことができない,と思い込んでいるのです。多くの人々は,科学と学問の研究を並べると,宗教を二番目の継子のように扱います。そのため学者の多くは,公正な会話に宗教の話題を持ち出すとほかの人に軽視されると結論づけるのです。(写真:フェルミのエネルギ、NASAより

わたしは,そのような同僚たちを知的な敵対者として捉えるのではなく,わたし達もしばしばそうであるように,サタンにだまされているのだと見るべきだと考えています。このような考え方をすると,常に同じ側にいる人たちのように同僚と交わることができます。

わたしの考え方はこうです。神は,前世でわたし達にこのようには言いませんでした。「子供たちよ,あなた方はもうすぐ地上に降りてゆくでしょう。よく気をつけなさい。地上では,科学や学問と呼ばれる信条に直面します。あなたたちは,こういった信条をわたしについての真理と比較して,矛盾だらけであることに気付くでしょう。研究すればするほど,わたしに対する信仰を失うことになるのです。ですから,科学と学問にはとても注意しなさい。できる限り,そういったものを学ばないようにしなさい。」神はこうは言っておられないのです。

偉大な科学者であるヘンリー・アイリングは,この原則について繰り返し教えてきました。真理は,その知識の源が何であろうと,わたし達が神のようになることができるのを助けてくれます。若きヘンリーがアリゾナ大学で工学を学ぶために家を離れる前の晩,父のエド・アイリングは,アイリング家の牛牧場の周りを一緒に散歩しないかとヘンリーを誘いました。父はヘンリーに選択的に学ぶようにとは助言しませんでした。むしろ,こう言ったのです。「この教会では,真理ではないものを信じなくてよい。アリゾナ大学へ行って,学べるものをすべて学びなさい。真理はそれが何であれ,福音の一部なんだ。」


福音の回復により,わたしたちは「科学」か「宗教」かではなく,「真理」か「偽り」かによって,物事を分類することができるようになりました。おかげでわたしは恐れを抱くことがありません。また,ビジネスや学問における問題を解決するために,学問的な概念に頼るのと同じくらい容易に,無意識のうちに宗教の概念に頼ることができます。エド・アイリングは,真理の種類に優先順位はないということを理解できるよう助けてくれました。いかなる意味においても,科学者と学者の探究が,わたしたちが宗教から学ぶ真理よりも勝っているということはありませんし,その逆もまたしかりです。正確に定義するのなら,本質的に矛盾は存在しないのです。もし一方の学問および科学と,他方の宗教が矛盾しているならば,どちらかが間違っているか,不完全なのです。あるいは,両方とも不完全または誤りであることもあるでしょう。しかし,真理が真理に対して矛盾することはありません。わたしたちは,謙遜に真理を探究している限り堅固な土台の上に立っているのです。

 Excerpt from The Power of Everyday Missionaries, pages 66-67

SCIENCE, ACADEMIA, AND RELIGION

One of the most intolerant climates for discussion about religion is among scientists and academics. Although they fashion themselves as the most fair and open-minded of all people, in my experience many in academia can actually be very biased and closed-minded against truth. Many people are cowed into believing that because some of the most erudite among us disparage religion, academia and religion are not compatible that they actually cannot be employed in the same conversation. Many treat religion as a second-tier stepchild when juxtaposed with scientific and academic inquiry, and many of us therefore conclude that bringing religion up in po­litically correct conversations will cause others to think less of us.

I have decided that rather than framing such colleagues as intellectual opponents, I should instead view them as having been deceived by Satan, just like the rest of us often are. With this as my mind-set, I can frame my interactions with colleagues as if we are always on the same side of any divide.

Here is my logic. God did not say to us in the premortal existence, "Children, shortly you each are going down to earth, and I want you to be very careful. When you get there you're going to confront bodies of beliefs that they'll call science and academia. You will find these riddled with inconsistencies when compared to the truth about me, and the more you study, the more it will destroy your faith in me. So be very careful with science and academia: learn as little of those things as you can."

God did not say this.

The great scientist Henry Eyring taught this principle over and over: Truth, from whatever source makes it known, helps us to become more like God.

The evening before young Henry was going to leave home to study engineering at the University of Arizona, his father, Ed Eyring, asked Henry to take a walk with him around the family's cattle ranch. He did not counsel Henry to learn selectively. Rather, he said, "In this church you don't have to believe anything that isn't true. You go over to the University of Arizona and learn everything that you can, and whatever is true is part of the gospel.`

The Restoration of the gospel allows us to categorize things by "truth vs. falsehood" instead of "science vs. religion." This has made me unafraid. It helps me to instinctively draw upon concepts from religion to solve problems in business and in academia, as readily as I draw upon academic concepts to solve these problems. Ed Eyring helped me see that there isn't a hierarchy of types of truth. Scientific and academic pursuits are not superior in any way to truth that we learn from religion, and vice versa. Correctly defined, there is inherently not a contradiction. If we observe that academia and science on the one side and religion on the other are inconsistent, then one or the other is wrong or incomplete, or they are both incomplete or both wrong. But truth cannot be inconsistent with truth. We are on solid ground as long as we are humbly searching for the truth.