モルモン

とは?

What of the

Mormons?

びを分かち合う

Sharing the Joy

毎日の会員伝道がもたらす力より

 

戻る

毎日の会員伝道がもたらす力よりの抜粋、44445

愛を持って話す Speaking with Love (English Text Below) 

3つ目の例:何年も前に,ハーバードビジネススクールのわたしのクラスの多くの生徒たちは,わたしにはなぜだかわからなかったが,わたしのクラスを心から楽しむことができていませんでした。わたしのコースは毎年生徒たちに人気だったため,それはわたしにとって新しい経験でした。わたしは,不機嫌な生徒たちと個人的に,またグループとして会い,彼らがよく学んでいると感じることができるように,わたしは何を変える必要があるのかを尋ねました。それぞれの生徒たちは,彼らが気に入らない個々の教授法や個々のカリキュラムを指摘しました。結局,わたしはすべてのやり方を変えなければならなくなりました。事態をさらに複雑にしたのは,ほかのほとんどの生徒たちはこのコースにとても満足しているように見えたことでした。

わたしは,幾人かの経験豊富な教授たちに,わたしの教え方を観察してもらうことにしました。わたしが変えなければならないことを見つけてほしいと思ったのです。ところが,特に大きな改善点は見出せませんでした。わたしは,とてもいらいらしました。生徒たちは,ハーバード大学で学ぶために多額の授業料を支払っています。ですから,わたしはすべての生徒に,どのクラスでも特別に価値ある講義を提供したいと思っていました。

 そんなとき,ミネアポリスへ向かう飛行機でわたしはラコタ インディアン族の年老いた男性と隣り合わせました。彼はとても賢い人でした。わたしの職業を知ると,彼はこう尋ねました。「ハーバードで教えるのは楽しいかい。」

わたしは,いつもならそうだがこの学期に限っては楽しくしようと努めていると答えました。そして,わたしのコースで起きているあのことを説明しました。わたしの話に忍耐強く耳を傾けた後,彼はこう言いました。「このことが起きている理由は,あなたが愛を持って教えていないからだよ。いつも愛を持って教えなければ。」

 この深淵な意見に,わたしは非常に驚きました。というのも,愛を持って教えるという概念と,ハーバードビジネススクールの事例研究法は,おそらくこれまでいかなる自由連想法の場においても組み合わされたことはなかったからです。しかし,確かにわたしは反対意見を言う人々に対し,主が助言されたように赦しと愛の方法で対応していなかったことに気づきました。

翌日講義を再開したとき,あの男性の賢明な言葉を思い出しました。わたしは事務所でひざまずき,愛をもって教えられるように,そしてわたしの教え方を通して神が生徒らに対して抱いておられる愛を彼らが感じることができるように祈り求めました。数日も経たないうちに,敵意はクラスの中から消え去り,温もりと信頼,幸福が取って代わりました。そして,そのグループの生徒の多くはそのときから今に至るまでわたしと親しい関係にあります。多くの生徒が,クラスに何が起きたのかを尋ねました。わたしは,自分が受けた賢い助言について彼らに話しました。毎日クラスの前に,神の御霊がクラスの中にあるように祈っている,と話しました。生徒の一人のロブは,次の夏に教会に加わりました。教会について知ろうと思うようになった大きなきっかけは,彼がクラスで感じた御霊だったと彼は教えてくれました。

その日以来,講義の前に教授する際の助けをひざまずいて神に願い求めるという習慣を欠かしたことはありません。次第に,その日に交わる全ての人たちが,わたしの愛と,神が彼らに対して抱いておられる愛を,わたしを通して感じられるようにと祈るようになりました。わたしはこのことを続けようと努力しており,今のところこの努力は成功を収めていると言えることに感謝しています。これまでだれからも,親切にすることや,他の人が愛されていると感じられるよう助けることをやめるように求められたことはありません。わたしが普段の会話の中で,モルモン用語を使おうと努めているので,クラスで受けるこのような情感はこのすばらしい教会と関係があることをだれもが知っています。
あなたの職場の中で,福音の原則を使って対処することのできる課題を見つけてください。ノートを作り,課題と原則を書き留めましょう。

Excerpt from The Power of Everyday Missionaries, page 64-65

Speaking with Love

My third example: A number of years ago, a number of students in my class at the Harvard Business School, for reasons that I could not figure out, truly did not enjoy the class. This was a new experience for me, as my courses had been quite popular with students year after year. I met with the disgruntled students individually and in groups, asking what I needed to change so that they felt they were learning well. Each person put her or his finger on a different aspect of my teaching or the curriculum that they didn't like. It added up to a mandate that I needed to do everything differently. What made it more complicated was that most of the other students seemed to be quite happy with the course.

I asked several more experienced members of our faculty to observe me teaching, in hopes that they could find something that I needed to change, but they didn't see anything that merited significant overhaul. I was very frustrated. Our students pay a lot to attend Harvard, and I have always wanted to give every student extraordinary value in every class.

In the midst of this, on a flight to Minneapolis I sat next to an elderly man who belonged to the Lakota Indian tribe. He was very wise. When he learned of my profession, he asked, "Is it fun to teach at Harvard?"

I responded that it normally was, but that particular semester was trying. I explained what was going on in this particular section of my course. After patiently listening to me, he said, "The reason this is happening is that you are not teaching with love. You always need to teach with love."

This was a profound comment that took me by complete surprise, as the concepts of teaching with love and the Harvard Business School case method probably had never been put together in any sort of free-association exercise prior to this. But I realized that I, in fact, wasn't dealing with these naysayers in the forgiving, loving way that Jesus had advised.

When I resumed teaching the next day, I remembered the man's wise words. I knelt in my office and prayed that God would help me to teach with love, that the students might be able to feel God's love for them emanating from me through the way that I taught. Within a few days the spirit of animosity just seemed to disappear in that class. It was replaced with a spirit of warmth, trust, and happiness, and many of the students in that group have remained close to me to this day. Many of them asked what happened in the class, and I told them of the wise counsel that I re­ceived. I told them that every day before class, I prayed that the Spirit of God would be in our class. One of them, Rob, joined the Church the next summer. Much of his motivation to seek out the Church, he reported, came from the spirit he felt in our class.

That day, and prior to each class I have taught since that time, I have followed that practice and knelt to ask God to help me in my teaching. I have subsequently expanded what I pray for every morning: that every person that I interact with that day will be able to feel my love for them and to feel God's love for them emanating from me. I continue to try to do this, and I am grateful to say that I am periodically successful in this effort. I have never been asked by any­one to stop being kind or to stop helping others feel loved. Because I try to use Mormon words in my normal conversations, everyone knows that these feelings are associated with our wonderful church.