モルモン

とは?

What of the

Mormons?

びを分かち合う

Sharing the Joy

毎日の会員伝道がもたらす力より

 

戻る

毎日の会員伝道がもたらす力よりの抜粋、96ぺじ

友人,責任,神のみ言葉による養い

 ジョージ・マクローリンおよびカーライン・マクローリンは,新会員には友人と責任と神の良い御言葉による養いが必要であるというゴードン・B・ヒンクレー大管長の勧告に従いました。モロナイも同様の勧告をしています(モロナイ6:4-5参照)。マクローリン夫妻はこの法則を熱心に守りました。支部のすべての人々は友人によって教会に連れてこられ,次はその人たちが友人を連れてきました。彼らはバプテスマを受けた翌日に宣教師としての責任が与えられました。これらの会員たちは,専任宣教師が友人に福音を教えるのを助けているうちに,繰り返し神の良い言葉による養いを受けました。奇跡ではなく予想通り,何百もの人々がバプテスマの勧めを受けいれ,そのほとんどは信仰を持ち続けました。

http://www.morumon.org/gospelsharingmclaughlin.htmを見てください。

Excerpt from The Power of Everyday Missionaries, page 147.

Friends, Responsibility, and Nourishments in the Word of God.

George and Karline McLaughlin followed the counsel of President Gordon B. Hinckley, who reminded us, as did Moroni (see Moroni 6:4-5), that new converts need friends, responsibility, and nourishment in the good word of God. The McLaughlins followed this pattern assiduously. Everyone in the branch was brought by a friend and then they brought friends. They were given responsibility the day after baptism to be proselyting missionaries. As these members recurrently helped the missionaries teach the gospel to their friends, they were repeatedly nourished in the good word of God. Predictably, not miraculously, hundreds of people accepted baptism, and most of these converts stayed committed to the faith.

Please see http://www.morumon.org/gospelsharingmclaughlin.htm