モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

喜びを分かち合う

Maine Story-3

 

戻る

Part 1  Part 2

As more and more people were baptized and called to serve as proselyting families, the branch members had to alter their U-Night format. While the introductory film was being shown in the chapel, each of the missionary discussions was taught in a different classroom in the building – so that if a family had studied the second discussion the prior week in their home, on Wednesday night they went to the room where the third discussion was being taught at the church. That year 451 people were baptized into the Farmingdale Branch; and the next year, 190 people joined.

ますます大勢の人々がバプテスマを受けて,伝道家族として召されたことで,ユー・ナイトのやり方を変更しなければならなくなりました。チャペルで紹介のフィルムを見せている間,集会所の別な部屋では宣教師の各レッスンが行なわれていました。前の週に家でレッスン2を受けた家族は,水曜日に教会に来たときには,レッスン3を受ける部屋へ行くようにしました。その年,451名がファーミングデール支部でバプテスマを受けました。翌年には190名が教会に入りました。

“With so many people coming into what had been such a tiny branch, how did you keep them in the church?” I asked.

「こんなに小さな支部に大勢の人々が入ってきて,どうやってこの人たちを教会に定着させたんですか,」とわたしは尋ねました。

“We had to teach them how to be Mormons,” was Karline’s reply. “You need to understand who these people were,” she continued. “Most of them were poor and had little schooling.” She and George reminisced about one family that literally lived in a log cabin with rags stuffed in cracks to keep the wind out. “They stayed faithful, and eventually all four of their children graduated from college.”

カーリーンは答えました。「どうしたらモルモンになれるのかを教えなければなりませんでした。」彼女はさらに続けて言いました,「この人々がどんな人たちなのかを理解する必要があります。ほとんどの人たちは貧しく,教育程度も低い人々です。」ジョージとカーリーンは文字どおりの丸太小屋に住んでいて,すき間にぼろ切れを詰めて風が入ってくるのを防いでいた家族のことを思い出して,言いました。「あの家族はずっと忠実で,4人の子供たち全員が大学を卒業したんですよ。」

“My job as branch president was to teach them how to give talks and teach lessons in church. I had to teach them how to teach the gospel to their children. My counselors ran the branch. I trained the new members to become strong members,” George added.

ジョージはさらにこう語ったのです。「支部長としてのわたしの仕事は,どのように教会でレッスンを教えたり話をするかを教えることです。子供たちにどのように福音を教えるかも教えなければなりません。支部を運営していたのは副支部長たちでした。わたしは新しい会員たちに強い会員になるように教えていました。」

In the framework of retention that President Hinckley subsequently taught, these hundreds of new members had friends. They were brought to the church by friends, and then they brought friends. They had responsibility. The Sunday after they were baptized they were called as proselyting families – a simple, clear call to bring another family, and then another, to the next U-Night. And they were nourished in the good word of God, as they continued to learn and help teach these concepts again and again while helping their friends study the gospel with the missionaries.

ヒンクレー大管長が後に教えた新会員の保持について言えば,これら何百人もの新しい会員たちには友だちがいました。友だちが教会に連れてきたのであり,彼らも友だちを連れてきました。彼らには責任がありました。バプテスマを受けた次の日曜日には,伝道家族という召しを受けました。これは次のユー・ナイトに別の家族を連れてくるというとてもシンプルで明確な召しです。そして彼らは友だちが宣教師と共に福音を学ぶ助けをすることで,このようなコンセプトを繰りかえして何度も学び,教える助けをして神の御言葉を学んだのです。

Five years later, in 1968, Elder Harold B. Lee of the Quorum of the Twelve organized the Augusta Maine Stake. Ten of the twelve members of that original high council had been baptized into the Farmingdale branch in 1963-64.

それから5年後の1968,十二使徒定員会のハロルド・B・リー長老はメイン州オーガスタ・ステークを組織しました。そのときの12名の高等評議会会員のうち,10名は1963-64年にファーミングデール支部でバプテスマを受けた人々でした。

George McLaughlin, whose vision and faith had launched the church in Maine on this trajectory, was not called to be the stake president or one of his counselors. “Someone came up to us in the congregation and asked if we felt badly not to have been called to lead the stake,” Karline recalled. George broke in, “I told her that I was quite happy to sit with the people we loved and let others take the lead. That’s why we did it – to bring others to Christ, not to bring any honor to us.”

その先見の明と信仰がメイン州で教会を軌道に乗せた本人のジョージ・マクラフリンは,ステーク会長にも,その副会長にも召されませんでした。カーリーンはそのときのことを思い出してこう言いました。「会場にいた誰かがわたしたちのところに来て,ステークのリーダーにならなかったことを遺憾に思うかと尋ねました。」するとジョージが口を挟んで言いました。「わたしは彼女に言ったんです。愛する人々と一緒に座ることができたし,他の人たちにリーダーシップを取ってもらうことはとてもうれしかった,と。わたしたちがこれまでやってきたことは,自分たちが栄誉を受けるためではなく,他の人々をキリスとのもとに連れて来ることでしたから。」

The contributions of many of the great missionaries in the early days of the restored church have been broadly published. I was struck that in contrast, one of the greatest missionaries of this dispensation was living the final portion of his noble life unheralded, in that small home in Gardiner, Maine. As we finished our conversation, however, I could sense that the deep spirit of peace that I felt in that room came from angels who were there – patiently waiting so that, whenever the time came, they could escort Brother George McLaughlin, the milk truck driver, to a hero’s welcome in heaven.

回復された教会の初期の時期に貢献した多くの偉大な宣教師たちについては,広く知れ渡っています。その一方,この神権時代の最もすばらしい宣教師の一人が,メイン州ガーデイナーのつつましい家で誰にも知られずにその高貴な一生の最後の時期を過ごしていることに,わたしは心を打たれました。しかし,会話の最後にその部屋でわたしが感じた深い平安な気持は,そこにいた天使たちからのものだと感じました。彼らはその時が来たならば,英雄待遇の歓迎を受ける牛乳配達トラックの運転手ジョージ・マクラフリン兄弟に付き添って,天へと上るのを忍耐強く待っていたのでした

のストーリーからなにが学べますか。

What we can learn from this story

ジョージは自分の地域に神の教会を築き挙げたかった。

George wanted to build the Kingdom of God in his area.

神権指導者からの指示を待ちませんでした。

He didn’t wait for instructions from his priesthood leaders.

自分の地域内に王国の(かぎ)は授けられていることを知っていました。

He knew he had the keys of the Kingdom for the territory of his branch.

神様からの助けと導きが必要だとわかりました。

He knew he needed guidance from God to help him.

謙遜に断食しました。

He humbly fasted. 

人がいないところに行って祈りました。

He found a solitary place and prayed.

自分の地域の状態に適当な導きを受けました。

He received specific guidance suited to his local situation.

その導きに添って進みました。

He acted on this guidance.