モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

びを分かち合う

Sharing the Joy

 

戻る

二人の若い女性

大学に進学する準備をしていたある末日聖徒の若い女性が,食料品店で働き始めました。その店には,生活の糧を得るために働いているカトリックの青年もいました。

しばらくすると,従業員の間で宗教が話題になり,その若い女性の友人である帰還宣教師がその青年にジョセフ・スミスのパンフレットを渡しました。パンフレットを読んだ後で,彼は彼女に面と向かってこう言いました。「そこに書いてあることはすべてうそだ。君の教会が真実の教会であるはずがない。」この若い女性はただ,こう答えました。「そうね,うそか,うそじゃないかのどっちかね。」

この青年が後にわたしに話してくれたのですが,彼はその言葉に大きな衝撃を受け,その言葉が彼の頭から離れなかったそうです。それが何週間も続き,とうとう彼は「教会がうそか,うそではないか」を自分で知ろうと決心しました。「改宗」という名の車輪が動き始めたのです。

 同じころ,数キロ離れた高校では,あるモルモンの女子生徒が友人たちに話している言葉を,男子生徒が耳にしました。その女子生徒はこう言いました。「わたし,神殿以外の場所で結婚するなんて想像もできないわ。」その言葉を聞いた男子生徒は「彼女がそれほどまでに言う建物は,どのように特別なのだろう」と思いました。そこで彼も答えを見つけようと決心しました。今回も,ちょっとした言葉で,「改宗」という名の車輪が動き始めました。

この二人の若い女性は,自分が言った言葉にどれほどの影響力があったのか知るよしもありませんでした。(そして,彼女たちはこの話に出てくる男性たちと結婚したわけでもありません。)この二人の男性は福音を研究し,改宗し,伝道に出ました。現在二人はカリフォルニア州オレンジステークに住んでいます。ダナ・デル・フランシアは高等評議員を務め,ジェームズ・グラハムはステーク会長会の顧問です。すべてはこの二つの言葉がきっかけでした。

どちらの女性にも,説得しよう,納得させよう,改宗させようという意図はありませんでした。どちらの女性にも,キケロやデモステネス,ロナルド・レーガンのような才能もありませんでした。理路整然と議論したわけでも,言葉を重ねたわけでもなかったのです。自分を正式な宣教師だとも思っていませんでした。ちょっとした言葉が,「改宗」という名の車輪を動かしました。そして,わたしたち一人一人にも,同じことができるのです。(ゲーリー・C・ローレンス,How Americans View Mormonism2008 年)Americans View Mormonism, 117

TWO LDS GIRLS-SIMPLE STATEMENTS

An LDS girl, preparing for college, began working at a grocery store where a young Catholic man was earning his way through life. In time, religion came up among their group of workers and a returned missionary friend of the girl gave this young man the Joseph Smith pamphlet.

After reading the tract, he confronted the girl, told her it was all a pack of lies, and that her church could not possibly be the true Church. The girl replied in one simple sentence, “Well, it either is or it isn’t.”

The man later told me that her words had such a profound impact on him that he could not get that sentence out of his mind. It worked on him for weeks until he decided that he had to find out for himself where “it is or it isn’t.” The wheels of conversion were put into motion.

Around the same time, a few miles away, another young man overheard a Mormon girl at his high school tell her friends that she could never imagine herself getting married anywhere but in the temple. He thought, “What’s so special about a building that she would say such a thing? He, too, decided to find out. Again the wheels of conversion were put in motion by a simple statement.

These two girls did not know at the time the impact of their words. (And, no, they did not marry the young men in these stories.) Both men studied the gospel, became converted and served missions. They now reside in the Orange California Stake—Dana Del Francia is on the high council. James Graham is a counselor in the stake presidency. All because of these two statements.

Neither girl attempted to persuade, convince, or convert. Neither had the talents of a Cicero, a Demosthenes, or a Ronald Reagan. They did not marshall fancy arguments; they did not pile on words; they did not see themselves as formal missionaries. Simple statements put the wheels of conversion in motion…and each one of us can do the same.

(Gary C. LawrenceHow Americans View Mormonism 2008 Americans View Mormonism, page 117)