モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

真理を擁護する

Defending the Truth

 

戻る

モルモン教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

モルモン教は、1830年アメリカ合衆国にてジョセフ・スミス・ジュニア1805年 - 1844年)によって創始されたキリスト教系新宗教の俗称・蔑称。正式名称は末日聖徒イエス・キリスト教会

(モルモンという用語の適切な使用法は、末日聖徒イエス・キリスト教会の呼称ガイド[1]及び、アソシエイテッド・プレス呼称ガイド(Associate Press Style Book)の呼称規定を引用しているニュースルーム記事Associated Press[2]を参照。)

なおジョセフ・スミスの妻、エマ・スミスが設立した復元末日聖徒イエス・キリスト教会(現・コミュニティ・オブ・クライスト、日本名「復元イエス・キリスト教会」)やその他、ジョセフ・スミスの死後に分派して組織された教会は、モルモンとは呼ばれない。

末日聖徒イエス・キリスト教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

末日聖徒イエス・キリスト教会(まつじつせいとイエスキリストきょうかい、Church of Jesus Christ of Latter-day Saints; LDS.)は、1830年アメリカ合衆国にてジョセフ・スミス・ジュニアによって創始されたイエス・キリストを信じる教会。本部は、アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティ。一般にはモルモン教会、あるいはモルモン教として知られている。 宗教学上はキリスト教系の新宗教に分類されている。

ジョセフ・スミスの死後、妻エマ・スミスが設立した復元末日聖徒イエス・キリスト教会(現・コミュニティ・オブ・クライスト、日本名「復元イエス・キリスト教会」)も関連項目として挙げられるが、詳細はミュニティ・オブ・クライストの項目を参照。

目次

[非表示]