モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

 

真理を擁護する

Defending the Truth

 

戻る


M E R I D I A N     M A G A Z I N E

Secretive Mormonism?
モルモン教は秘密主義?

By John A. Tvedtnes

ジョン・A・トゥヴェドネス 

With Mitt Romney’s candidacy for the Presidency, much attention has been given to his affiliation with The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, more commonly (though incorrectly) called “the Mormon Church.” In recent months, commentators and journalists have stressed the “secretive” nature of the religion.

ミット・ロムニーが大統領候補として出馬して以来、彼が一般にモルモン教会(非正式名)として知られている末日聖徒イエス・キリスト教会に所属しているという事実に焦点が集まっています。近頃では、実況解説者や報道記者によりこの宗教の「秘密主義」が強調されています。

It seems strange to consider as “secretive” a church that has some 60,000 full-time missionaries teaching its doctrines and converting roughly a million new members every three years. The church’s major doctrines are summarized in its thirteen Articles of Faith, and these and other beliefs are explained in its scriptures, the Bible, the Book of Mormon, the Doctrine and Covenants, and the Pearl of Great Price. These beliefs are discussed openly by church leaders in worldwide television and radio broadcasts of the semiannual general conferences held in Salt Lake City in April and October.

この「秘密主義」の教会が60,000人あまりもの専任宣教師を送り出して教義を教え、3年間に約100万人もの改宗者を得ているということは不思議なことではないでしょうか?この教会の中心となる教義は福音箇条の第13箇条目に要約されており、これらの教義やほかの信条はこの教会の聖典である、聖書、モルモン書、教義と誓約、そして高価なる真珠でも説明されています。教会の指導者はこれらの信条を毎年4月と10月にソルトレークシティーで行われる総大会でオープンに論議し、テレビやラジオ放送を通じて世界中に伝えています。

Hundreds of books describing Mormon beliefs have been published by the church-owned Deseret Book and other church-affiliated organizations, including a number of books that discuss temple rites in detail. The five-volume Encyclopedia of Mormonism, published by Macmillan in 1992, remains the most comprehensive explanation of the church’s history and teachings. A searchable on-line version has been posted on the internet at http://www.lib.byu.edu/Macmillan.

モルモンの教えが書かれた何百もの書物が教会が所有するデゼレトブックやその他の教会関係の機関により発行されており、その中には神殿で行われている儀式の詳細を説明するものもあります。1992年にマクミランにより発行された、5巻から構成されている「モルモン教百科事典」が現在のところ教会の歴史と教えを説明する上で最も包括的な書物とされています。オンラインで検索可能なバージョンはインターネット上のhttp://www.lib.byu.edu/Macmillanに掲載されています。

The church’s own websites (http://www.lds.org and http://www.mormon.org) have much information about the movement, including searchable versions of its monthly publications since 1970. Access to past publications is available on Deseret Book’s GospelLink CD-ROM set. All documents held in church archives have recently been made available on another CD-ROM set, Mormon Studies. Not bad for such a “secretive” organization.

教会のウェブサイト(http://www.lds.org および http://www.mormon.org)でも、1970年から発行されている教会の月刊誌の内容や教会の動きなどを読むことができます。過去に発行された書物はデゾレトブックのゴスペルリンクCD-ROMセットでアクセス可能です。また、先ごろ発行されたCD-ROMセット「モルモン・スタディーズ」では、教会で保管されたきた書物のすべてを見ることができます。「秘密主義」の組織にしてはなかなかのできではないでしょうか。

Commentators frequently refer to Mormon temple rites as the heart of secret goings-on. It is true that some elements of the temple are so sacred that we do not discuss them publicly, but most of what goes on in the temples is well-known. One need not look far to learn that the most important such rite is the solemnization of marriage for time and all eternity and that vicarious ordinances (sacraments in Roman Catholic parlance) are performed for deceased ancestors, beginning with proxy baptism.

実況解説者はしきりにモルモン神殿の儀式について取り上げ、秘密主義の中心であると主張します。たしかに神殿の要素の中には神聖なものがあるため、公共の場で論ずることはしない場合もありますが、神殿で行われていることのほとんどはよく知られていることです。神殿で行われている儀式の中でも重要なのがこの世を去った先祖の身代わりにおこなわれる儀式で、バプテスマ(ローマカトリック風に言う洗礼)から始まり永遠の誓いをする結婚の儀式にいたるまで誰にでも簡単に知ることができます。

Even the endowment ceremony, the one most commonly held in Latter-day Saint temples, is mostly public knowledge. Most of the teachings presented during that time derive from the Book of Moses, published in the Pearl of Great Price. During an endowment session, we are reminded of our responsibility to obey the basic laws given mankind by God, such as the law of chastity (including fidelity after marriage), the law of obedience to God’s commandments, the law of sacrifice (which culminated in the sacrifice of Jesus Christ on the cross), the law of the gospel (salvation through Christ), and the law of consecration of one’s time, talents, and other divine blessings, to building up the Lord’s work on the earth.

また、末日聖徒の神殿で最も慣例的に行われている儀式であるエンダウメントもよく一般に知られていることです。その場で教えられていることのほとんどが、高価なる真珠の中に掲載されているモーセの書から得られたのものです。エンダウメントの儀式の中で、私たちは神が人類に与えた基本的な律法、たとえば純潔の律法(結婚後の忠誠)を守る責任、神の戒めに従順になるための律法、犠牲の律法(イエスキリストが十字架の上で犠牲になることで全うされた律法)、福音の律法(キリストを通じた贖い)、さらには個人の時間や才能およびその他の祝福を地上における主の御業のために捧げるという奉献の律法に従うという責任などについて学びます。

Elements that are not discussed openly include ritual elements of temple prayer and the actual endowment or giving of signs, names, and tokens designed to enable one to pass the angels and ultimately to enter the presence of God. These may seem strange to most modern Christians, but they were common in early Christianity, as I have discussed in some of my published articles on ancient temple rites. [1]

公開されていない要素としては、神殿での祈りの形式と実際の誓約の交わし方、また最終的に神の御前に行くために必要となるしるし、名前、また合図などが含まれます。これらはほとんどの近代キリスト教徒にとって奇妙なものと思えるかもしれませんが、古代のキリスト教ではごく一般的なもので、私が発行した神殿の儀式に関する記事でも述べられています。

Two millennia ago, various pagan writers criticized Christianity for being secretive. In response to one such critic, named Celsus, a prominent Christian theologian named Origen (AD 185-254), wrote:

2千年前、あらゆる異教徒の著者はキリスト教が秘密主義であると非難しました。セルサスと呼ばれた批評家に応えて、キリスト教徒のオリゲン(紀元185 – 254)と呼ばれていた神学者のは次のように書いています:

In these circumstances, to speak of the Christian doctrine as a secret system, is altogether absurd. But that there should be certain doctrines, not made known to the multitude, which are (revealed) after the exoteric ones have been taught, is not a peculiarity of Christianity alone, but also of philosophic systems, in which certain truths are exoteric and others esoteric (Against Celsus, 1:7).

これらの状況において、キリスト教徒の教義が秘密主義であるというのは不条理なことである。大衆に知られていないある特定の教義で、新奇な教えが明かされるならば、それはキリスト教特有のものではなく、哲学に関するものの特長であり、ある真実は新奇とされあるものは難解なものとされるのである(「セルサスに対して」1:7)

St. Cyril of Jerusalem (died AD 386), in his Catechetical Lectures, described early Christian rituals performed following baptism that are readily recognizable to Latter-day Saints who attend modern temples.

エルサレムの聖シリル(紀元前386年故)が「問答講義」で説明している古代のキリスト教徒によって行われていたバプテスマの儀式の様式は、現代の神殿に参入する末日聖徒がいつも目にしていることです。

So how did the idea of “secretive Mormonism” arise? Frankly, it came from some of the many anti-Mormon “ministries,” of which there are roughly 150 in the United States alone. One former Mormon, for example, calling himself a “temple Mormon” (his term), claims that, in the temple, Latter-day Saints worship Satan. The claim is utterly false and laughable to those who know the central role played by Jesus Christ in Mormon theology.

ではモルモン教が「秘密主義」であるという考え方はどこから起こったものなのでしょうか?率直に、それは、アメリカだけでも約150人はいるとされている反モルモンの牧師たちによりもたらされたのです。たとえば、以前にモルモン教徒であった(彼の独自の言葉で)「神殿モルモン」と自称している人は、末日聖徒はサタンを崇拝していると主張しています。この主張はまったくの虚偽で、イエス・キリストがモルモン教の神学上いかに中心的役割を果たしているかを知っている人にとって見ると、まったくばかげていることなのです。

Unfortunately, journalists and non-Mormon commentators seem to rely more on these hostile writers (or others influenced by them) for information than on authoritative sources. It’s like asking a Buddhist monk for information on Southern Baptist beliefs.

ただ不幸にも報道記者や非モルモンの実況解説者は、信頼の置ける出所よりこのような敵意のある著者(または影響を受けた人)による情報に頼る傾向にあります。それは、まるで仏教の僧侶に南部バプテスト教会の情報を求めているかのようです。

Exaggeration? I don’t think so, and I suspect that most of my thirteen million coreligionists would agree with me. Brigham Young once said, “There is no such thing as a mystery but to the ignorant” (Journal of Discourses 2:90).

大げさだと思いますか?そうは思いませんし、私の1300万人もの同宗信徒の皆さんも私に賛成してくれると予想します。ブリガム・ヤングが次のように述べています。「無知でない限りは、不可解なことなどありません。」
 


[1] See especially “Temple Prayer in Ancient Times,” in Donald W. Parry and Stephen D. Ricks, The Temple in Time and Eternity (Provo: FARMS, 1999). Also posted on the Maxwell Institute web site at http://farms.byu.edu/publications/bookschapter.php?chapid=105; “Early Christian and Jewish Rituals Related to Temple Practices,” in First Annual Mormon Apologetics Symposium: Proceedings (Ben Lomond, CA: Foundation for Apologetic Information & Research, 1999), also posted on the FAIR web site at http://www.fairlds.org/FAIR; “Priestly Clothing in Bible Times,” in Donald Parry (ed.), Temples of the Ancient World (Salt Lake City: Deseret and FARMS, 1994).


© 2008 Meridian Magazine.  All Rights Reserved.