モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

 

真理を擁護する

Defending the Truth

 

戻る


「そもそもジョセフ・スミスが神の預言者だなんて,ほんとうに信じているわけでもないんだろう?」

            預言者ジョセフの証は,今も人々の人生に変化をもたらしています。何年も前に,わたしはカナダ伝道部の部長として奉仕しました。ある寒い雪の日の午後,カナダのオンタリオ州で伝道部の二人の宣教師が戸別訪問をしていました。だれも福音を聞いてくれませんでした。一人はかなりの経験があり,もう一人は召されて間もない宣教師でした。

            二人はエルマー・ポラード氏の家を訪ねました。ポラード氏は凍えそうな宣教師を見て哀れに思い,中に招き入れました。二人は福音のメッセージを伝え,一緒に祈ってもらえないかと尋ねました。ポラード氏は,自分が祈るという条件で同意しました。

            ポラード氏の祈りに宣教師たちは愕然がくぜんとしました。こう祈ったのです。「天の父よ,哀れなさまよえる宣教師たちを祝福してください。彼らが故郷に帰るように,そして自分もろくに理解していない,信じられない教えをカナダの国民に伝えて時間を無駄にすることがないように助けてください。」

            祈りを終えて立ち上がると,ポラード氏は二度と家に来ないよう宣教師たちに伝え,二人の帰り際には,あざけるようにこう言いました。「そもそもジョセフ・スミスが神の預言者だなんて,ほんとうに信じているわけでもないんだろう?」そして,勢いよくドアを閉めたのです。

            少し行ったところで,後輩の宣教師がおどおどと言いました。「長老,わたしたちはポラードさんの質問に答えていません。」

            「断られたんだ。別のところへ行こう」と先輩の宣教師は答えました。

            しかし,新任の宣教師は譲りませんでした。結局二人はポラード氏の家に戻りました。ノックをすると,出て来たポラード氏は怒ってこう言いました。「二度と来るなと言ったはずだがね。」

            後輩の宣教師は,ありったけの勇気を振り絞って言いました。「ポラードさん,先

ほど帰り際に,わたしたちはジョセフ・スミスが神の預言者だとほんとうは信じていないとおっしゃいました。ポラードさん,あなたに(あかし)します。わたしはジョセフ・ス

ミスが神の預言者であったことを知っています。彼は霊感を受けてこのモルモン書という神聖な記録を翻訳しました。ジョセフ・スミスは父なる神と御子イエス・キリストに確かにまみえました。」これだけ言うと,二人は家を去りました。

            わたしはある証会で,このポラード氏が,その忘れられない日の体験を語るのを聞きました。彼はこう言いました。「その夜はどうしても寝つけず,ベッドの中で

悶々(もんもん)としていました。『ジョセフ・スミスは神の預言者です。わたしは知っています。

……知っています。……知っています』という言葉が,何度も頭の中に響きました。朝になるのが待ち切れませんでした。宣教師が置いて行った小さな信仰箇条のカードに印刷された番号を見て,彼らに電話しました。二人はもう一度来てくれました。今度は熱心に真理を探究する者として妻や子供と一緒に福音を学びました。その結果,わたしたちは全員,イエス・キリストの福音を受け入れました。この二人の勇敢で謙遜(けんそん)な宣教師が真理の証を伝えてくれたことに,永遠に感謝します。」トーマス・S・モンソン 「預言者ジョセフ・スミス――模範による教師」2005102

 

The testimony of the Prophet Joseph continues to change lives. Some years ago I served as the president of the Canadian Mission. In Ontario, Canada, two of our missionaries were proselyting door-to-door on a cold, snowy afternoon. They had not had any measure of success. One elder was experienced; one was new.

The two called at the home of Mr. Elmer Pollard, and he, feeling sympathy for the almost frozen missionaries, invited them in. They presented their message and asked if he would join in prayer. He agreed, on the provision that he could offer the prayer.

The prayer he offered astonished the missionaries. He said, “Heavenly Father, bless these two unfortunate, misguided missionaries, that they may return to their homes and not waste their time telling the people of Canada about a message which is so fantastic and about which they know so little.”

As they arose from their knees, Mr. Pollard asked the missionaries never to return to his home. As they left, he said mockingly to them, “You can’t tell me you really believe that Joseph Smith was a prophet of God, anyway!” and he slammed the door.

The missionaries had walked but a short distance when the junior companion said timidly, “Elder, we didn’t answer Mr. Pollard.”

The senior companion responded: “We’ve been rejected. Let’s move on.”

The young missionary persisted, however, and the two returned to Mr. Pollard’s door. Mr. Pollard answered the knock and angrily said, “I thought I told you young men never to return!”

The junior companion then said, with all the courage he could muster, “Mr. Pollard, when we left your door, you said that we didn’t really believe Joseph Smith was a prophet of God. I want to testify to you, Mr. Pollard, that I know Joseph Smith was a prophet of God, that by inspiration he translated the sacred record known as the Book of Mormon, that he did see God the Father and Jesus the Son.” The missionaries then departed the doorstep.

I heard this same Mr. Pollard in a testimony meeting state the experiences of that memorable day. He said: “That evening, sleep would not come. I tossed and turned. Over and over in my mind I heard the words, ‘Joseph Smith was a prophet of God. I know it. … I know it. … I know it.’ I could scarcely wait for morning to come. I telephoned the missionaries, using their number which was printed on the small card containing the Articles of Faith. They returned, and this time my wife, my family, and I joined in the discussion as earnest seekers of truth. As a result, we have all embraced the gospel of Jesus Christ. We shall ever be grateful to the testimony of truth brought to us by those two courageous, humble missionaries.” Thomas S. Monson, “The Prophet Joseph Smith: Teacher by Example,” Ensign, Nov 2005, 67