モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

真理を擁護する

Defending the Truth

 

戻る

 

インタネットを用いて福音を分かち合う

M. Russell Ballard, “Sharing the Gospel Using the Internet,” Ensign, Jul 2008, 58–63

Adapted from a commencement address given at Brigham Young University–Hawaii on December 15, 2007.

十二使徒定員会 M・ラッセル・バラード長老の2007年12月15日のBYUハワイの卒業式演説から適用した2008年7月号の記事。6月のリアホナで載せています。
 

I urge all of us to follow the counsel of Elder Ballard given in this article as much as we can.. できる限りこのバラード長老の勧告にし従うように勧めます。

Please see excerpt below. 下記の抜粋をご覧ください。

There are conversations going on about the Church constantly. Those conversations will continue whether or not we choose to participate in them. But we cannot stand on the sidelines while others, including our critics, attempt to define what the Church teaches. While some conversations have audiences in the thousands or even millions, most are much, much smaller. But all conversations have an impact on those who participate in them. Perceptions of the Church are established one conversation at a time.

教会は,常にどこかで話題に上っています。そうした会話は,わたしたちがその輪に加わるか否かに関係なく続いていきます。しかし,教会が何を教えているかについて,教会を批判する人も含めたほかの人々が彼ら自身で結論を出そうとしているときに,わたしたちは傍観しているわけにはいきません。何十万,あるいは何百万という人々の加わる会話から,それよりもはるかに少ない人数で行われている多くの会話まで,インターネットでのやり取りに加わる人々はそこから影響を受けています。一つ一つの会話ややり取りから,末日聖徒イエス・キリスト教会に対する認識が形成されていくのです。