モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

真理を擁護する

Defending the Truth

 

戻る

 

教会に反対する人々に対処するときにも

また,教会に反対する人々に対処するときにも,モルモン経を使わなければなりません。父なる神とその御子イエス・キリストは,驚くべき示現のうちに,ジョセフ・スミスのもとを訪れました。その栄えある出来事の後,ジョセフ・スミスはそのことをひとりの牧師に語りました。ところが驚いたことに,その牧師は,今の時代に示現だの啓示だのというものはない,そのようなものはすべて過去のことだと言って,ジョセフ・スミスをあざけったのでした。(ジョセフ・スミス221参照)

この言葉は,非教会員や異論を唱える会員が教会に対して投げかける反論を象徴するものでした。言い換えれば,彼らは,神が予言者たちを通して今日も教会にそのみこころを示されるという事実を信じていないのです。堕胎,多妻結婚,あるいは安息日の曜日など,どのような事柄であろうと,それらはすべて基本的に,ジョセフ・スミスとその後継者が実際に神から啓示を受ける予言者か否かという点に帰着します。次にモルモン経を使って,多くの反論をどのように処理すればよいか,その手順を示しましょう。 

したがって,反対者が解決しなければならない問題はただひとつ,モルモン経が真実か否かです。もしモルモン経が真実の書物であるならば,イエスはキリストであり,ジョセフ・スミスは予言者であり,また末日聖徒イエス・キリスト教会は真の教会であって,この教会は今日予言者が啓示を受けて導いていることになります。エズラ・タフト・ベンソン「モルモン経,は神のみ書葉である」聖徒の道1988年5月号、2

Answering All Objections Ever Made

"We are to use the Book of Mormon in handling objections to the Church. God the Father and His Son Jesus Christ revealed themselves to Joseph Smith in a marvelous vision. After that glorious event, Joseph Smith told a minister about it. Joseph was surprised to hear the minister say that there were no such things as visions or revelations in these days, that all such things had ceased. (See JS—H 1:21.) 

"This remark symbolizes practically all of the objections that have ever been made against the Church by nonmembers and dissident members alike. Namely, they do not believe that God reveals his will today to the Church through prophets of God. All objections, whether they be on abortion, plural marriage, seventh-day worship, etc., basically hinge on whether Joseph Smith and his successors were and are prophets of God receiving divine revelation. . . . 

"Therefore, the only problem the objector has to resolve for himself is whether the Book of Mormon is true. For if the Book of Mormon is true, then Jesus is the Christ, Joseph Smith was His prophet, The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints is true, and it is being led today by a prophet receiving revelation."

Ezra Taft Benson, The Book of Mormon Is the Word of God, Ensign, Jan. 1988, 4