モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

真理を擁護する

Defending the Truth

 

戻る

 

アメリカでのあるバプティスト教会の看板

 
看板の翻訳は「モルモン書について祈らないでください。彼らはそうやってあなたたちを捕まえます。」

モルモン書を批判する人がいます。中には学識のある人もいます。この批判者たちは信頼できますか。彼らは神より知識がありますか。(2ニーファイ9:28−29)1 そんなことはないのです。学識があることが必ずしも賢いことだとは限りません。モルモン書の場合には、神はいくら学識があっても,批判者を信頼しないよう求められています。その代りモルモン書は真実であるかどうかという問いについて,直接神に尋ねるようにお勧めになられています。神はわたしたちが自分でその書を読み,理解し,結論を出すことができると信頼されています。神はわたしたちが自分で根拠を調べ,疑問を提示し,それについて思いをめぐらせ,よく考え,その上で,一番賢い存在である神に直接,モルモン書について祈るように招いていらっしゃいます。 

The Book of Mormon has its critics, some of whom are learned. Are these critics reliable? Do they know more than God knows? (2 Nephi 9:28-29)1They do not. Much learning does not always make a person wise. In the case of the Book of Mormon, God has asked us not to rely on critics no matter how learned they are, but instead to rely on Him to know if the book is true or not. He trusts us to read and understand the book and to make our own conclusions. He wants us to examine the evidence, to raise questions, to ponder, and consider and then He invites us to pray to Him, the wisest of all.  

読みながら次のような質問について自問することができます。 

Here are some of the questions we can ask ourselves as we read. 

1.         1829年に,24歳で,ほとんど教育を受けていない辺境の地に住むアメリカ人が,約70日でこの書物を書くことができただろうか。

Did a 24 year-old, barely-educated, backwoods American in 1829 write this book within about 70 days time?

2.         この書物に書かれている教えは理にかなっているだろうか。     

        Do the teachings of the book make sense?

3.         この書物に書いてあることには一貫性があるだろうか。

        Is the book internally consistent?

4.         この書物の教えはわたしの心に響きくだろうか。

        Do the teachings touch my heart? 

神はわたしたちに,自分でよく調べ,疑問点を挙げ,思いめぐらし,よく考えた後に,この書物が真実かどうかを神に聞いて見るように勧めていらっしゃいます。(モロナイ10:4)2 もしキリストを信じながら,誠心誠意問うならば,神はわたしたちに(この書物)は真実であることを明らかにすると約束してくださっています。 

Then after we have examined, asked questions, pondered, and considered, God invites us to ask Him in prayer if the book is not true (Moroni 10:4)2. If we ask sincerely, with real intent, having faith in Christ, God promises to manifest the truthfulness to us.

1.         2ニーファイ9:28−29「おお、悪しき者のあの狡猾な策謀よ。おお、人の虚栄と意志の弱さと愚かしさよ。人は学識があると自分は賢いと思い、神の勧告に聞き従わない。そして自分独りで分かると思って神の勧告を無視するので、彼らの知恵は愚かであって役に立たない。……しかし、神の勧告に聞き従うならば、学識のあるのはよいことである。」

2.         2N9:28-29 “O that cunning plan of the evil one!  O the vainness, and the frailties, and the foolishness of men!  When they are learned they think they are wise, and they hearken not unto the counsel of God, for they set it aside, supposing they know of themselves, wherefore, their wisdom is foolishness and it profiteth them not…… . But to be learned is good if they hearken unto the counsels of God.”

3.         モロナイ10:4「また,この記録を受けるとき,これが真実かどうかキリストの名によって永遠の父なる神に問うように,あなたがたに勧めたい。もしキリストを信じながら,誠心誠意問うならば,神はこれが真実であることを,聖霊の力によってあなたがたに明らかにしてくださる。」

4.         Moroni 10:4 “And when ye shall receive these things, I would exhort you that ye would ask God, the Eternal Father, in the name of Christ, if these things are not true; and if ye shall ask with a sincere heart, with real intent, having faith in Christ, he will manifest the truth of it unto you, by the power of the Holy Ghost.”

.