モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

末日聖徒イエス・キリスト教会の歴史と情報

教会の指導者ーChurch Leaders

 

戻る

わたしの王国の娘p.88-91

ほかの宗教を持つ人々に及ぼす影響力

スパッフォード姉妹は教会の価値観を全世界の女性たちと分かち合うことについて,ジョージ・アルバート・スミス大管長から大きな教訓を学びました。中央扶助協会会長に支持されてから間もなく,「全国女性協議会から,ニューヨーク市で年次大会が開かれる旨の通知が届きました。

スパッフォード姉妹はかつてその集会に出席した経験がありました。そこで扶助協会会長会は以前の経験から,招待を受諾するべきかどうかを何週間も慎重に検討しました。

その結果,扶助協会は全国女性協議会からの脱退を大管長に提案することとし,理由を連ねて書類を作成しました。

体が震え,気持ちが定まらないままに,スパッフォード姉妹は,ジョージ・アルバート・スミス大管長の机の上に書類を差し出し,『扶助協会会長会は,この書面にある理由により,扶助協会中央管理会が全国女性協議会と国際婦人連合から脱退することを提案したいと思います』と言いました。

スミス大管長は書面を注意深く読んだ後,次のように尋ねました。『この組織は,半世紀以上前から姉妹たちが所属しているものではないのですか。』

スパッフォード姉妹は,ニューヨークまでの旅費は高く,時間も取られ,侮辱された経験もありますからと説明しました。そして,『協議会からは何も得るものがない』ので脱退したいと言いました。

すると知恵に満ちて円熟した預言者は,いすの背に寄りかかり,困ったような表情をして『何も得るものがないから脱退したいと言われるのですか』と尋ねました。

『そのとおりです』と姉妹は答えました。

管長は,『それでは,皆さんは協議会にどのような貢献をしておられますか』と聞きました。そして,こう続けました。

『スパッフォード姉妹,驚きました。あなたはいつも何を得られるかで物事を考えているのですか。何を提供できるかと考えてもよいのではないでしょうか。』

大管長はその書類を返し,手を差し伸べました。そして確固たる口調でこう言いました。『協議会は続けてください。皆さんの影響力をぜひ発揮してください。』」12

スパッフォード姉妹は確かに自分の影響力を発揮しました。全国女性協議会と国際婦人連合に参加し,長年指導的な地位に就きました。イエス・キリストの福音の原則と扶助協会の目的を強く擁護したのです。

スパッフォード姉妹は国際婦人連合(ICW)へ行く度に,「社会道徳福祉」セッションへ割り当てられます。姉妹はこう述べています。

「一度わたしは社会道徳福祉〔セッション〕へ戻ることに抗議しました。当時はICW会長と懇意にしていました。……それでこう言いました。『わたしはいつもこのセッション担当です。新鮮味がなくなってきていますから,変化が欲しいですね。』すると会長は言いました。『確かにそのとおりですね。検討しましょう。』

それから会長は彼女のところへ来て言いました。『あなたの要望におこたえできません。なぜなら,あなた自身の国の評議会が社会道徳福祉にとどまるよう主張していますので。その理由を聞きたいかもしれないので言いますが,あなたの国の会長の話では,こうした問題であなたはいつもご自分の教会の立場から発言しておられるそうですね。モルモン教会の立場はよく知られているので,あなたに担当していただければ安心だと皆さんが感じておられるのです。』」13

これらの団体の女性たちは,彼女たちの友人であるベル・スパッフォード姉妹が教会の原則をいつも守っていることを知っており,そのような知恵と確固とした強さが必要とされていたのです。1954年,スパッフォード姉妹はフィンランドのヘルシンキで開催された国際婦人連合の合衆国代表団の団長に選ばれました。大会の開会式で華々しく行進する女性たちの先頭に立った姉妹は昔のことを思い出しました。

「多くの国々の人々から成る輝かしい観衆を見ながら,……突然,『世界の女性たちの先頭に立って』……『シオンの女性たち,そしてすべての国々の女性たちの権利を守る』というわたしたちの〔扶助協会〕の開拓者時代の指導者の言葉を思い出しました。……開拓者時代の女性指導者たちは神の導きにより,扶助協会の行く末に関する知識を与えられていたのです。……今や扶助協会の影響力が全世界の女性たちの間に広がる時が来たと確信しています。」14 

1987年,大管長会は扶助協会に全国女性協議会と国際婦人連合から退会するよう勧告しました。中央扶助協会はほかの国内外の団扶助協会の姉妹たち,テキサス州サンアントニオで専任宣教師とともに,1950年ころ90体よりも,世界中で急速に成長する自分たちの組織にもっと多くの力を注ぐ時が来たのです。しかし,教会が成長するにつれて,末日聖徒の女性たちは,地域社会,学校,適切な地元の組織など,世界中でその影響力を及ぼし続けています。スミス大管長とスパッフォード姉妹によって打ち立てられた模範に従い,何を得られるかではなく,何を提供できるかを考えているのです。

Excerpt from Daughters of the Kingdom, pages 88-90

Influence among Those of Other Faiths

Sister Spafford learned a great lesson from President George Albert Smith about sharing the Church’s values with the women of the world. Soon after she was sustained as Relief Society general president, “a letter came from the National Council of Women, announcing their annual meeting to be held in New York City.

“Sister Spafford had attended those meetings before, and in view of her previous experience, she and her counselors carefully considered the invitation for several weeks.

“They decided to recommend to the President of the Church that the Relief Society terminate its membership in those councils. They prepared a statement of recommendation, listing all of the reasons for so doing.

“Trembling and uncertain, Sister Spafford placed the paper on the desk of President George Albert Smith, saying, ‘The Relief Society Presidency wishes to recommend that the General Board terminate its membership in the National Council and in the International Council of Women, for the reasons listed on this paper.’

“President Smith carefully read the paper. Had they not held membership for well over half a century? he inquired.

“Sister Spafford explained how costly it was to go to New York, the time it took, and described the humiliation they occasionally experienced. She recommended that they withdraw because ‘we don’t get a thing from these councils.’

“This wise, old prophet tipped back in his chair and looked at her with a disturbed expression. ‘You want to withdraw because you don’t get anything out of it?’ he questioned.

“‘That is our feeling,’ she replied.

“‘Tell me,’ he said, ‘what is it that you are putting into it?

“‘Sister Spafford,’ he continued, ‘you surprise me. Do you always think in terms of what you get? Don’t you think also in terms of what you have to give?’

“He returned that paper to her and extended his hand. With considerable firmness he said, ‘You continue your membership in these councils and make your influence felt.’”12

She did make her influence felt. She participated in the National Council of Women and the International Council of Women and held leadership positions in those organizations for years. She stood strong for the principles of the gospel of Jesus Christ and for the purposes of Relief Society.

Every time Sister Spafford went to the International Council of Women (ICW), she was assigned to the “social and moral welfare” session. She recounted:

“At one time I protested going back into the social and moral welfare [session], and I was very friendly at that time with the ICW president. … I said, ‘I go all the time to this session, and it’s just getting so sordid that I’d like a change.’ She said, ‘Well, you’re certainly entitled to one, and I’ll see that you get it.’

“Then she came back and said, ‘We can’t grant your request because your own council insists that you remain in the social and moral welfare.’ She said, ‘It may be of interest to you to know the reason. Your national president says you always stand by the position of your Church in these matters and they know the position of the Mormon Church and they feel there is safety in having you there.’”13

Women in these organizations knew that their friend Belle Spafford would stand by the Church’s principles, and they needed that kind of wisdom and strength. In 1954 she was chosen as the leader of the United States delegation at the International Council of Women in Helsinki, Finland. As she led a grand march at the opening of the conference, her thoughts went back in time:

“As I looked out at the glittering audience made up of people of many nations … , my mind suddenly flashed back to the words of our pioneer [Relief Society] leaders … ‘standing as we do at the head of the women of the world,’ … ‘for the rights of the women of Zion and the rights of the women of all nations.’ … I knew that our pioneer women leaders had been given by divine insight a knowledge of the destiny of Relief Society. … It is my conviction that the time had come for Relief Society’s influence to be felt worldwide among womankind.”14

In 1987 the First Presidency counseled the Relief Society to withdraw from the National Council of Women and the International Council of Women. The time had come for the Relief Society general presidency to focus more energy on their rapidly growing worldwide organization rather than on other nationwide and worldwide causes. But as the Church has grown, Latter-day Saint women have continued to make their influence felt all over the world—in their communities, schools, and worthy local organizations. They have followed the pattern established by President Smith and Sister Spafford, thinking in terms of what they can give, not what they might get.