モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

 

分かち合えるもの

Things to Share

 

戻る

モンソン大管長の勇気の話からの抜粋ー4 Excerpts  from President Monson's talks on Courage-4

勇気が求められる、トーマス・S・モンソン 第一副管長,20044月総大会よりの抜粋

わたしは詩人エラ・ウィーラー・ウィルコックスの次の詩が好きです。

人生が歌のように流れているとき

人はだれでも陽気でいられる。

しかし,何一つうまくいかないとき,

ほほえむことのできる人こそ,

価値ある人7

ポール・ティンギーはそのような人でした。ちょうど1か月前,わたしはソルトレーク・シティーで行われた彼の葬儀に参列しました。ポールは立派な末日聖徒の家庭で育ち,ドイツで宣教師として主に仕えました。伝道中の同僚には,七十人第一定員会のブルース・D・ポーター長老がいます。ポーター長老は,ティンギー長老が最も献身的で成功を収めた宣教師の一人であると述べています。

伝道が終わると,ティンギー長老は家に戻って大学を卒業し,すてきな女性と結婚

し,二人で子供たちを育てました。彼は監督として仕え,仕事でも成功しました。

その後,何の前触れもなく,神経組織が恐ろしい病気に侵されました。多発性硬化症でした。この疾病に襲われたポール・ティンギーは,雄々しく闘いましたが,残りの人生を治療施設で過ごすことになります。彼はそこで悲しむ人を元気づけ,すべての人を喜ばせました。8 わたしはそこの教会の集会に出席する度に,ほかの人と同じように,ポールによって霊を鼓舞されました。

2002年にソルトレーク・シティーでオリンピックが開かれたとき,ポールは特定の区間の聖火リレーを行うよう選ばれました。このことが治療施設で発表されると,集まった患者たちから喝采(かっさい)が起こり,心からの拍手がホールにこだましました。わたしがお祝いの言葉をかけると,彼は限られた発声法で言いました。「聖火を落とさなければいいけど。」

兄弟の皆さん,ポール・ティンギーは聖火を落としませんでした。それ以上に,彼は人生において,その最後の日まで自分の聖火を雄々しく運んだのです。

霊性,信仰,決意,勇気,ポール・ティンギーはすべてを備えていました。

ある人が言ったように,勇気とは恐れないことではなく,恐れを克服することです。9 時には,失敗から立ち上がって再び努力するために,勇気が必要になります。

10代の若いころ,教会のバスケットボールの試合に参加しました。形勢は不利で,試合の後半が始まるとすぐに,コーチはわたしをコートに入れました。わたしはパスを受け,ドリブルしてフリースローゾーンに近づき,シュートしました。ボールが

指から離れた瞬間,なぜ相手チームがわたしを止めようとしなかったのか分かりました。味方のリングにシュートしたのです。わたしは心の中で祈りました。「どうか,ボールが入りませんように。」ボールはリングの縁を回って外に落ちました。

観客が大声で叫びました。「モンソンを出せ,モンソンを出せ,モンソンを出せ,コートの外に!」コーチはそうするしかありませんでした。

その後何十年もして,わたしは十二使徒評議会の一員としてほかの中央幹部と一緒に,ある新たに完成した教会堂を訪れました。そこの体育館には,通常よりも固いカーペットを実験的に敷き詰めていました。

数人が床の具合を調べていると,その当時管理監督会にいたJ・リチャード・クラーク監督が,突然バスケットボールをわたしに投げて,こう言いました。「そこからシュートを決めることはできないと思うよ。」

わたしは現在スリーポイントラインと呼ばれる位置より後ろに立っていました。この位置から成功したことは一度もありません。そのとき十二使徒のマーク・E・ピーターセン長老が大声で言いました。「彼にはできる!」

わたしは味方のリングにシュートした昔の恥ずかしい経験を思い出しました。それでもねらいを定めてボールを放つと,ネットを揺らして入りました。

クラーク監督はわたしの方にボールを投げて,もう一度言いました。「2度目はできないだろう。」

ピーターセン長老が声を上げました。「もちろん,できる!」

ある詩人の言葉が心にこだましました。「我らを導け,おお,我らを導け,偉大な創造主,(やみ)より外へ,再び闘うために。」10

わたしはシュートしました。ボールは弧を描いてリングに吸い込まれました。

それで教会堂の視察は終わりました。昼食のとき,ピーターセン長老はこう言いました。「プロバスケットボールの先発メンバーに入れたかもしませんね。」

Excerpt from The Call for Courage, Thomas S. Monson, First Counselor in the First Presidency April 2004 General Conference

I love these words from the poet Ella Wheeler Wilcox:

It is easy enough to be pleasant,

When life flows by like a song,

But the man worth while is one who will smile,

When everything goes dead wrong. 7

Such a man was Paul Tingey. Just a month ago I attended his funeral services here in Salt Lake City. Paul grew up in a fine Latter-day Saint home and served an honorable mission for the Lord in Germany. A companion of his in the mission field was Elder Bruce D. Porter of the First Quorum of the Seventy. Elder Porter described Elder Tingey as one of the most dedicated and successful missionaries he ever knew.

At the conclusion of his mission, Elder Tingey returned home, completed his studies at the university, married his sweetheart, and together with her reared their family. He served as a bishop and was successful in his vocation.

Then, without much warning, the symptoms of a dreaded disease struck his nervous system—even multiple sclerosis. Held captive by this malady, Paul Tingey struggled valiantly but then was confined to a care facility for the remainder of his life. There he cheered up the sad and made everyone feel glad. 8 Whenever I attended Church meetings there, Paul lifted my spirits, as he did all others.

When the World Olympics came to Salt Lake City in 2002, Paul was selected to carry the Olympic torch for a specified distance. When this was announced at the care facility, a cheer erupted from those patients assembled, and a hearty round of applause echoed through the halls. As I congratulated Paul, he said with his limited diction, “I hope I don’t drop the torch!”

Brethren, Paul Tingey didn’t drop the Olympic torch. What’s more, he carried bravely the torch he was handed in life and did so to the day of his passing.

Spirituality, faith, determination, courage—Paul Tingey had them all.

Someone has said that courage is not the absence of fear but the mastery of it. 9 At times, courage is needed to rise from failure, to strive again.

As a young teenager, I participated in a Church basketball game. When the outcome was in doubt, the coach sent me onto the playing floor right after the second half began. I took an inbounds pass, dribbled the ball toward the key, and let the shot fly. Just as the ball left my fingertips, I realized why the opposing guards did not attempt to stop my drive: I was shooting for the wrong basket! I offered a silent prayer: “Please, Father, don’t let that ball go in.” The ball rimmed the hoop and fell out.

From the bleachers came the call: “We want Monson, we want Monson, we want Monson—out!” The coach obliged.

Many years later, as a member of the Council of the Twelve, I joined other General Authorities in visiting a newly completed chapel where, as an experiment, we were trying out a tightly woven carpet on the gymnasium floor.

While several of us were examining the floor, Bishop J. Richard Clarke, who was then in the Presiding Bishopric, suddenly threw the basketball to me with a challenge: “I don’t believe you can hit the basket, standing where you are!”

I was some distance behind what is now the professional three-point line. I had never made such a basket in my entire life. Elder Mark E. Petersen of the Twelve called out to the others, “I think he can!”

My thoughts returned to my embarrassment of years before, shooting toward the wrong basket. Nevertheless, I aimed and let that ball fly. Through the net it went!

Throwing the ball in my direction, Bishop Clarke once more issued the challenge: “I know you can’t do that again!”

Elder Petersen spoke up, “Of course, he can!”

The words of the poet echoed in my heart: “Lead us, O lead us, / Great Molder of men, / Out of the shadow / To strive once again.”10 I shot the ball. It soared toward the basket and went right through.

That ended the inspection visit.

At lunchtime Elder Petersen said to me, “You know, you could have been a starter in the NBA.”