モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

 

分かち合えるもの

Things to Share

 

戻る

モンソン大管長の勇気の話からの抜粋ー2 Excerpts  from President Monson's talks on Courage-2

人生の中で毎日毎時間,皆さんや私に導きを与えてくれるのは,この慰めに満ちた確信なのです。もちろん,恐れを感じ,嘲弄(ちょうろう)され,反発に遭うこともあるでしょう。しかし,多数意見に対抗する勇気,原則を守る勇気を持とうではありませんか。勇気は神の承認の()みをもたらしますが,妥協にはそれがありません。勇気を,男らしく死をいとわぬ態度としてではなく,ふさわしく生きる決意として理解するときに,それは生き生きとした魅力ある徳になります。道徳的な意味での臆病者とは,周囲の人から受け入れられなかったり,ばかにされたりするこどを恐れて,自分が正しいと考えていることを実行しない人のことを指します。恐れを抱いていない人はだれもいません。しかし,毅然(きぜん)としてその恐れに立ち向かう人こそが勇気ある人と言えるのです。このことを忘れてはなりません。

勇気について私の経験からふたつの話をしたいと思います。ひとつは軍隊での経験から,もうひとつは伝道の経験からです。

第二次世界大戦も終わりに近い頃,私は米国海軍に入隊しましたが,それは私にとって自分の力を試す機会となりました。雄々しい行ないや勇敢な行動,勇気の模範について私は学びました。中でもよく覚えているのは,18歳の水兵が示した静かな勇気です。彼は末日聖徒ではありませんでしたが,祈りを恥とすることはありませんでした。250名の隊員の中で,毎晩ベッドの傍らにひざまずいて祈ったのは彼だけでした。時には興味半分の人たちからやじられたり,神を信じない人たちから笑われたりしながらも,この水兵は頭を垂れて,神に祈ったのでした。彼は決してひるまず,ためらうこともありませんでした。彼には勇気があったのです。

さて,伝道活動には絶えず勇気が求められます。この召しに応えたひとりにランドール・エルズワースがいました。彼はグアテマラで末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師として働いていたとき大きな地震に遭い,落ちてきた鉄骨が背中に当たって,足が麻痺状態になり,腎臓にもひどい障害をきたすようになってしまいました。この地震ではほぼ18,000名の死者が出ましたが,彼は米国人として唯一の負傷者でした。

応急手当てを施された後,ランドール・エルズワースはメリーランド州ロックビルの自宅近くにある大きな病院に移されました。入院中,ランドールはあるニュース番組のレポーターから取材を受けまし'た。私はその模様をテレビで見ました。レポーターは次のように質問しました。「歩けますか。」

「まだためです。しかし,必ず歩いてみせます。」

「伝道を終えられると思いますか。」

彼の答えはこうでした。「周りの人は無理だと言っていますが,私はそのつもりです。教会の大管長が私のために祈ってくださっていますし,私の家族や友人,伝道中の同僚たちも祈ってくれています。ですから私は歩けるようになって,もう一度グアテマラに戻るつもりです。主は,そこで2年間福音を宣べ伝えることを,私に望んでおられるのです。初めからその予定でいましたから。」

それから彼を待っていたのは長い治療期問でした。そこには勇敢な,しかし静かな勇気が見られました。ほとんど死にかけていた足にも,少しずっ感覚が戻ってきました。さらに一層の治療が施され,さらに強い勇気が必要とされ,さらに多くの祈りが捧げられたのでした。

ついに,ランドール・エルズワースは歩いて飛行機に乗り,かつて自分が召さ.れた伝道地へ,愛する人々のもとへと戻ったのです。彼は1疑い深い人や信じようとしない人を多数残して旅立ちましたが,同時に,神の力や信仰の奇跡,勇気の模範に驚異の目を見張った人々も大勢いました。

グアテマラに戻ったランドール・エルズワースは,2本の松葉杖を使いました。歩き方は遅く,ゆったりとしたものでした。そんなある日,伝道部長の前に立ったエルズワース長老は信じ難い言葉を耳ロにしました。伝道部長はこう言ったのです。「あなたの上には奇跡が行なわれてきました。信仰が報いられたのです。もしあなたに必要な確信があるなら,もし不動の信仰があるなら,もし強い勇気があるなら,そのふたつの杖を机の上に置いて,歩きなさい。」

長い沈黙がありました。そしてひとつ,またひとつ,杖が机の上に置かれました。エルズワーズ長老は歩きだしたのです。ためらいがちに,苦痛をこらえながら彼は歩いたのです。以来二度と杖を手にすることはありませんでした。

今年の春,私はランドール・エルズワース兄弟の示した勇気について,もう一度考える機会がありました。すでにあの事故は何年も昔のことになっていました。彼は夫となり父親となっていました。私の事務所に,一通の忘れられない手紙が届きました。ジョージタウン医科大学卒業式の招待状でした。ランドール・エルズワース兄弟は医学博士の学位を取得したのです。そのためには,さらに大きな努力,さらに多くの勉強,さらに深い信仰,さらに多くの犠牲,さらに強い勇気が必要だったに違いありません。代価が支払われ,勝利が得られたのです。勇気が必要である第二副管長トーマス・S・モンソン、聖徒の道19871月号-45

It is this sweet assurance that can guide you and me—in our time, in our day, in our lives. Of course we will face fear, experience ridicule, and meet opposition. Let us have the courage to defy the consensus, the courage to stand for principle. Courage, not compromise, brings the smile of God’s approval. Courage becomes a living and an attractive virtue when it is regarded not only as a willingness to die manfully, but as the determination to live decently. A moral coward is one who is afraid to do what he thinks is right because others will disapprove or laugh. Remember that all men have their fears, but those who face their fears with dignity have courage as well.

From my personal chronology of courage, let me share with you two examples: one from military service, one from missionary experience.

Entering the United States Navy in the closing months of World War II was a challenging experience for me. I learned of brave deeds, acts of valor, and examples of courage. One best remembered was the quiet courage of an eighteen-year-old seaman—not of our faith—who was not too proud to pray. Of 250 men in the company, he was the only one who each night knelt down by the side of his bunk, at times amidst the jeers of the curious and the jests of unbelievers, and, with bowed head, prayed to God. He never wavered. He never faltered. He had courage.

Missionary service has ever called for courage. One who responded to this call was Randall Ellsworth. While serving in Guatemala as a missionary for The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, Randall Ellsworth survived a devastating earthquake that hurled a beam down on his back, paralyzing his legs and severely damaging his kidneys. He was the only American injured in the quake, which claimed the lives of some eighteen thousand persons.

After receiving emergency medical treatment, he was flown to a large hospital near his home in Rockville, Maryland. While Randall was confined there, a newscaster conducted with him an interview that I witnessed through the miracle of television. The reporter asked, “Can you walk?”

The answer: “Not yet, but I will.”

“Do you think you will be able to complete your mission?”

Came the reply: “Others think not, but I will. With the president of my church praying for me, and through the prayers of my family, my friends, and my missionary companions, I will walk, and I will return again to Guatemala. The Lord wants me to preach the gospel there for two years, and that’s what I intend to do.”

There followed a lengthy period of therapy, punctuated by heroic yet silent courage. Little by little, feeling began to return to the almost lifeless limbs. More therapy, more courage, more prayer.

At last, Randall Ellsworth walked aboard the plane that carried him back to the mission to which he had been called—back to the people whom he loved. Behind he left a trail of skeptics and a host of doubters, but also hundreds amazed at the power of God, the miracle of faith, and the example of courage.

On his return to Guatemala, Randall Ellsworth supported himself with the help of two canes. His walk was slow and deliberate. Then one day, as he stood before his mission president, Elder Ellsworth heard these almost unbelievable words spoken: “You have been the recipient of a miracle,” said the mission president. “Your faith has been rewarded. If you have the necessary confidence, if you have abiding faith, if you have supreme courage, place those two canes on my desk and walk.”

After a long pause, first one cane and then the other was placed on the desk, and a missionary walked. It was halting, it was painful—but he walked, never again to need the canes.

This spring I thought once more of the courage demonstrated by Randall Ellsworth. Years had passed since his ordeal. He was now a husband and a father. An engraved announcement arrived at my office. It read: “The President and Directors of Georgetown University announce commencement exercises of Georgetown University School of Medicine.” Randall Ellsworth received his Doctor of Medicine degree. More effort, more study, more faith, more sacrifice, more courage had been required. The price was paid, the victory won. Courage Counts, Thomas  S. Monson, Second Counselor in the First Presidency October 1986 General Conference