モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

 

 

分かち合えるもの

Things to Share

 

戻る

 

主の望まれる者となるというチャレンジ,ダリン・H・オークス十二使徒定員会200010月総大会からの抜粋

これらの教えから、最後の裁きとは、善悪の行為ーーつまりわたしたちが何を行ったかを集計して評価するだけにとどまるのでなく、行いと思いがもたらす最終的な結果ーーつまりわたしたちがどのような人物になったかーーを確認することであると結論することができます。

この解釈を説明するために一つのたとえを紹介します。ある金持ちの父親が、自分の子どもは求められるだけの知恵がなく、才覚もないために、このままでは遺産を受け取ってもすべてを失ってしまうだろうと考えていました。そこでこの父親は子どもに言いました。

「わたしはおまえに富だけでなく、地位と名声をも譲りたいと考えている。持っているものをおまえに与えるのは簡単だが、わたしの今ある状態はおまえが自分で手に入れなければならないものだ。わたしが学んだように学び、わたしが生活したように生活することによって相続する資格を得るのだ。わたしが知恵と地位を手に入れた法則と原則を教えよう。わたしの模範に従って、わたしが身に付けたように身に付けるのだ。そうすればおまえはわたしのようになり、わたしのものはすべておまえのものになるだろう。」

Excerpt from “The Challenge to Become,” Dallin H. Oaks, Of the Quorum of the Twelve Apostles, October 2000 General Conference

From such teachings we conclude that the Final Judgment is not just an evaluation of a sum total of good and evil acts—what we have done. It is an acknowledgment of the final effect of our acts and thoughts—what we have become. 

 A parable illustrates this understanding. A wealthy father knew that if he were to bestow his wealth upon a child who had not yet developed the needed wisdom and stature, the inheritance would probably be wasted. The father said to his child:

“All that I have I desire to give you—not only my wealth, but also my position and standing among men. That which I have I can easily give you, but that which I am you must obtain for yourself. You will qualify for your inheritance by learning what I have learned and by living as I have lived. I will give you the laws and principles by which I have acquired my wisdom and stature. Follow my example, mastering as I have mastered, and you will become as I am, and all that I have will be yours.”