モルモン

とは?

What of the

Mormons?

 

真理を愛しているの皆様へ

 

もどる

「対立するものの存在」大祝福師エルドレッド・G・スミス聖徒の道197310月号-105

地が形成される以前、天上において、地上の生活の計画が私たち全員に説明された。そのとき私たちは天の父、母から生まれた霊の子供であった。

私たちは、地上の生活を経ることが天の父、母が経験されたようなことを経験して天の父、母のようになるための機会であることを知った。

記録には、その栄えある知らせを聞いて、みな喜び呼ばわったと書かれてある。

そのとき、その高遠な目標を達するには、あらゆることにおいて忠実、誠実で、サタンによる試練や試みに負けないことを証明しなければならないことも知った。そのようなさまざまな警告を聞きつつも、私たちは地上に生まれる日を首を長くして待ったに違いない。

アダムとイブが、地上に来た最初の人間であった。ふたりは自由意志を与えながら、「善悪を知るの樹」(モーセ3: 17)の実を食べるまで、善と悪を知る能力を持たなかった。

その樹の実を食べる結果は、「……地は汝のために1咀わる……」(モーセ4: 23) ということであると、主はアダムに宣言しておられた。私たちは、アダムは禁断の木の実を食べたせいでのろわれたと言うのをよく聞くが、記録にはアダムではなく、「地」がのろわれたとある。そこへ「汝のために」と主が言い足しておられるのである。これは、アダムによかれということ、つまり私やあなたがたのためにも良いように、ということである。

アダムとイブはそれまで停滞の状態にいた。何の進歩も、何の成長も、何を生み出すこともなく。変化もなしにその状態が永遠に続いたはずであった。しかし、変化は必要であった。その変化とは、アダムと子孫のすべてが働いて、障害を乗り越え、生活の糧を得ることであった。

アダムとイヴがエデンの園を放逐されてから、ひとりの主の天使が現われ、彼らに福音の計画を教えた。生命と救いの計画であった。天使は、やがて救い主が来て全人類を贖い、人間が天父のみもとに帰ることができるようにして下さると語った。

Opposition in Order to Strengthen Us Eldred G. Smith October 2013 general conference

In the heavens before the earth was formed the plan of this earth life was explained to all of us. We were then but spirit offspring of our Father and Mother in heaven.

We all learned then that through this earth life experience we would have the opportunity of going through the same type of experiences they had done and so become as they are.

The records tell us that we all shouted for joy at this glorious news.

We also learned that to attain such lofty goals we would have to be found true and faithful in all things and withstand the trials and tests which would be put upon us by Satan. In spite of all the warnings I’m sure we were still anxious to come to this earth.

Adam and Eve were the first to come. They were given their free agency without the capacity of knowing right from wrong until after they had partaken of the fruit of “the tree of knowledge of good and evil.…” (Moses 3:17.)

In consequence thereof the Lord declared to Adam: “… cursed shall be the ground for thy sake. …” (Moses 4:23; italics added.) We often hear it said that Adam was cursed because he partook of the forbidden fruit. The record says “the ground” was cursed not Adam. Then the Lord added “for thy sake.” This means for his benefit; also for your benefit and mine.

Adam and Eve had been in a state of stagnation: no progress—no growth—no reproduction. Without a change,  they would have remained in that state forever. It was necessary for a change to take place. This change meant that Adam and all his posterity would have to work and overcome obstacles to provide the necessities of life.

After Adam and Eve were driven out of the Garden of Eden an angel of the Lord came and explained to them the gospel plan. He explained the plan of life and salvation. He told them of a Savior who would come and redeem all mankind so that all could return to our Father in heaven.